伴という人間

 

伴(本名非公開)

獅子座。B型。奈良県在住。

 

生まれは四国の愛媛県松前町。子供時代は少々ガラの悪い海辺の町で生まれ育ち、小学校時代は日々ケンカを繰り返す問題児だった。小学校5年生までは親や親戚から出来損ない扱いされていたのだが、年齢を重ねるごとに賢くなってしまった。

社会をうまく渡り歩くには表面上だけは丸みを帯びていなければならないと悟り、現在では極めて紳士的な大人と化している。そう、表面上だけは。

 

性格はかなりのペシミスト(悲観主義者)。

 

好きな食べ物はマクドナルド。異物混入騒ぎで世間がマクド叩き一色だった頃、Twitterでヘルシー志向の方々を煽りまくりプチ炎上させた経験あり。

嫌いな食べ物はキュウリ。子供の頃見た映画「八つ墓村」があまりにも怖くてトラウマだ。その中のワンシーンで、双子の気持ち悪い白髪のババァがキュウリの漬物を皿に盛っていた。それを見て以来キュウリを食えなくなる。

 

順風満帆の神童時代

勉強は比較的出来たほうで、小学校5年から県下No.1の塾に通うも余裕で上位に食い込んでしまう。それ以来、学校や親戚の間では神童へと格上げされた。

 

小6の頃調子に乗って、東大合格者数毎年30名の実績をもつ県下No.1進学校に中学受験を決意。見事合格をもぎとる。しかしながら、超進学校に入ることが子供としての最盛期を早くも終了させることになろうとは、この頃には夢にも思わなかった。

 

その進学校は男子校であったということは事前知識としてはあったのだが、受験当時は性の芽生えぬ小学校生。

 

やがて、思春期を男に囲まれるしかない辛さを嫌というほど味わうことになる。しかも、周囲のクソマジメな連中とは全く違う自分にも気づき、ここからスレ始め、勉強にも一切手を付けなくなり当然成績も急降下。

 

この時から、学校の先生というものは不真面目な人間や個性的な人間にとって敵だということをハッキリ認識する。

 

最高だった大学時代

高3の頃意地を見せて国立の2流大学への進学を決める。大学時代は遊びまくりの大フィーバー生活を謳歌した。

 

経験したバイトは20種にも及ぶ。出席した合コンは大学通算40回以上にも及ぶが、GETできた彼女は1人のみ。

 

大学時代の思い出は、バイト、合コン、女、ファイナルファンタジー10。これだけ。

 

人生詰みかけた社会人デビュー

就職氷河期を尻目に、むしろ就職活動を一切することなく堂々と大学を卒業し、フリーターデビューを果たす。
 
住所不定無職として単身東京に渡ったため一時は生活破綻しかけた。が、幼い頃の家庭教師のアンちゃんに救われる。

 

風俗店のストリートピンプやパチンコ店のバイトでなんとか生計を持ち直す。この時、周囲の目など気にしなければ一応生きることはできるのを確認した。人生は自由に生きるべき、という価値観が出来上がったのはこの頃かもしれない。

 

 ところがある日、「一生に一度のお願いだから、まともに生きてくれ!」と親にしつこく泣きつかれ、楽しくて仕方なかったフリーター生活にやむなしに幕を降ろす。その後は公務員としての人生をスタートすることになる。

 

クソ以下の公務員生活

フリーターでは経済的に厳しかったのも事実で、一応納得した上で26歳から公務員化する。一応、ここからが社会人としてのスタートになるのだろうか? が、それまでの刺激的な生活に比べると、公務員としての生活はあまりにも退屈なものだ。

 

しかし、何も発見がなかったわけではない。世の中には、クソ真面目なだけで仕事のトロい、非効率極まりない連中が掃いて捨てるほどいることに気づく。そういった無能な連中を尻目に次々と仕事をマスターしていく。その経験を活かせないものかと残業ゼロに向けたコンサルを組織内で単独で行った結果、社畜系上司から罵倒され脅され断念させられる。

 

投資への目覚め

そして29歳。くだらない公務員生活の中で、退屈しのぎに株式投資やFXを始める。株式投資こそが私の人生の中でライフワークになるとは、この時想像もしていなかった。

 

当初はチャートの動きを追うだけの短期売買がメインだったが、それだけでは限界と虚しさを感じ、他の様々な取引方法に徐々にのめり込んでいく。

 

生来の徹底的にやり込むオタク気質を発揮。投資本などを数十冊読み漁り、株式投資の真髄とは長期保有にあることを突き止め投資哲学を固めていく。

 

その後は簿記の知識を習得し決算書の読みかたや各種指標なども分析するなど、ファンダメルタルな分析方法に傾倒していく。

 

その結果、米国株こそが資本主義最強との確信に至る。金融崩壊とも言われたリーマンショックの荒波にも負けず、手持ちの金500万で米国株を買い漁り、3年後には倍に膨らますことに成功。現在の資産はさらに膨らんでいる。

 

情報発信への目覚め

投資により数百万稼ぐことにより、従来の給与所得のみに頼ることの虚しさを知ってしまう。ここで、貧乏人はなるべくして貧乏になるという本質的理由に気づく。

 

ゼニ転がしならば、薄いファイナンシャルプランナー顔負けのプレゼン力はあるのだが、肩書きがないゆえ誰も耳を貸してくれない。その後も悶々と孤独に投資活動を続けるが、ある日、その虚しさを解消してくれるツールを発見。それがブログだった。

 

口で周りに吹聴して回っても効果は皆無だが、ブログならばより多くの人の目にとまる可能性がある。価値観を共にできる仲間にも会えるかもしれない。行動力は人よりも優れているため、さっそくウェブ上での情報発信に本腰を入れ始める。それが2016年5月。

 

これまでの無料ブログに書いてきた投資系の駄文を全て整理し、サイト運営をWordPress1本に絞る。

 

ブログ界は化け物揃いだ

単なる情報発信のつもりでブログ界に乗り込んだわけだが、甘くはないことに気づく。ブログは奥が深い。私など足元にも及ばない、化け物級の収益化の鬼が蠢いていることに気づいた。いや、気付かされた。

 

投資系の情報発信はもとより、新たなチャレンジ分野を見つけた。どうせやるなら、無名のままウェブ上に埋もれるのでは意味がない。

 

無名の自分が、ブロガーとしてどこまで大きくなれるのか、挑戦し続けていきたい。