伴という人間

スポンサードリンク

 

伴(本名非公開)
 

獅子座。B型。奈良県在住。生まれは四国の愛媛県。

瀬戸内海沿いの海辺の町で生まれ育つ。なかなかにガラの悪い町で、小学校時代は日々ケンカを繰り返す問題児だった。

他の子がビビってできないことを、やれるのを見せつけることが何よりの喜びという超悪ガキだった。要はいちびりでも性格は重度のペシミスト(悲観主義者)

小学4年までは先生・親・親戚から出来損ないのボロクソ扱いだったが、小学5年頃からなぜか急激に知的進化を果たした。

好物はマクドナルド。異物混入騒ぎで世間がマクド叩き一色だった頃、Twitterでヘルシー志向の方々を煽りまくりプチ炎上させた経験あり。

嫌いな食べ物はキュウリ。キッカケは、子供の頃見たホラー映画の金字塔「八つ墓村」。その中のワンシーンで、双子の気持ち悪い婆アがキュウリの漬物を皿に盛っていた。そのワンシーンがあまりにも薄気味悪くて頭から離れず、以来キュウリが食えなくなる。

 

神童からカースト最下位へ

勉強は出来たほうで、小学校5年から県下No.1の塾に通うも余裕で上位に食い込む。それ以来、学校や親戚の間では神童へと格上げされた。

小6になるとますます調子に乗り、東大合格者数毎年30名の実績をもつ県下No.1進学校に中学受験を決意する。

見事合格をもぎとるがしかし、その超進学校で落ちこぼれと化すとは当時は夢にも思わなかった。

落ちこぼれた原因は、勉強するモチベーションを失ってしまったからだ。なぜモチベーションを失ったか?

 

男子校だったから。

 

思春期まっただ中を汗臭い男に囲まれるという、あの辛さ。しかも、自分が周囲の連中とは価値観が合わないということにも気づいた。あいつらクソ真面目、おれ超不真面目。年がら年中、イラついてた。

スレ始めたのはこの頃からだ。勉強にも一切手を付けなくなり、当然ながら成績も急降下。神童から一気に「高校カースト最下位」まですべり堕ちていく。

親・親戚・先生はおろか周囲の同級生からも蔑まれる毎日だったが、それで卑屈になるタマではなく、

しつこく嫌がらせしてくる奴は、全力で殴りまくった。教師陣は殴るに至った理由も聞かずに僕を退学にしようとした。

幸い退学までには至らなかったが、その後の教師陣の態度から、自分は切り捨てられているということにハッキリ気づいた。

どうやら彼らは僕にとっては味方などではなくであるということを、この時はじめてハッキリと認識できた。

学校教育に対し強烈な疑問が生じたのもここからだ。当時のあの屈辱と怒りが、僕の人間形成に大きな影響を与えたのは間違いない。

 

最高だった大学時代

しかしながら、高3の頃には意地を見せて国立の2流大学への進学を決める。勉強を決意した理由は、意地でも働きたくなかったから。現場で汗水たらすなど、ふざけるなと。でも推薦は無理。自力でなんとかするしかなかった。

オレは女と○△◇しまくりのキャンパスライフを送る。

が、僕の心の中での合言葉であり、モチベーション維持の方法だった。

公約どおり国立大学へ進学。公約どおり、大学時代は遊びまくりの大フィーバー生活を謳歌する。

経験したバイトは20種にも及ぶ(バイトこそ、女と知り合うには絶好の場所だからね)。出席した合コンは大学通算で軽く50回は超える。

が、そこまで努力したにもかかわらず、できた彼女は1人だけ。

大学時代の思い出は、バイト、合コン、サークル活動、部活、女、ファイナルファンタジー10。以上。

 

人生詰みかけた社会人デビュー

就職氷河期なのを尻目に、むしろ就職活動を一切することなく堂々と大学を卒業し見事フリーターデビューを果たす。

四国の田舎町で埋もれるのは嫌だったので、無謀にも徒手空拳のまま東京に渡る。そしてアッサリ住所不定無職と化す。

一時は本気で生活破綻しかけた。このままホームレス直行かと恐れてたその時、幼い頃の家庭教師のアンちゃんに救われる。

アンちゃんの家に住まわせてもらいながら、なんとか生活を立て直すことができた。風俗店のストリートピンプやパチンコ店のバイトでなんとか生計を持ち直した。

人目を気にしさえしなければ、普通に生きられるやないかと確認できたのはこの時だ。生活は楽ではなかったけど、案外楽しかった。

スポンサードリンク

 

自由に生きるのは素晴らしい。

 

という価値観が出来上がったのは、間違いなくこの頃だ。

このままテキトーに生きるのもいんじゃね?と考えてた矢先、「ワシの一生に一度のお願いだ。頼む!まともに生きてくれ!」と親にしつこく泣きつかれた。

あの時のオヤジは、気迫を見る限りでは超本気だった。

一生に一度というオヤジの意をくみ、楽しくて仕方なかったフリーター生活にやむなしに幕を降ろす。

その後は、これまでとは真逆の公務員としての人生をリスタートすることになる。

 

クソ以下の公務員生活

フリーターでは経済的に苦しかったのも事実だ。一応納得した上で26歳から公務員化した。一応ここからが僕の社会人スタートになるのだろうか?

社会人スタートできたのはいいが、それまでの刺激的な生活に比べれば公務員としての生活はあまりにも退屈なものだった。

しかしながら、学びが何一つなかったわけじゃない。世の中には、クソ真面目なだけで非効率的、クソ以下の価値観にすがりつく連中が掃いて捨てるほどいることに気づくことができたからだ。

オトナという存在へのリスペクトが完全に消え去ったのは、この時だ。

そういった無能な連中を尻目に次々と仕事をマスターしていく。

その経験を活かせないものかと残業ゼロに向けたコンサルを組織内で単独で行った結果、社畜系上司から罵倒され断念させられる。

 

投資への目覚め

29歳。くだらない公務員生活の中で、退屈しのぎに株式投資やFXを始める。

この株式投資こそが私の人生の中でライフワークになるとは、この時は想像もしていなかった。

当初はチャートの動きを追うだけの短期売買がメインだったが、それだけでは虚しさを感じ、他の様々な取引方法に徐々にのめり込んでいく。

生来の徹底的にやり込むオタク気質を発揮した。シーゲル書などの投資本などを数十冊読み漁り、株式投資の真髄とは長期保有にあることを突き止め、投資哲学を徐々に固めていく。

簿記の知識なども習得し、決算書の読みかたや各種指標なども分析するなど、ファンダメルタルな分析方法に傾倒していく。

結果、米国株こそが資本主義最強との確信に至った。

金融崩壊とも言われたリーマンショックの荒波にも負けず、手持ちの金500万で米国株を買い漁り、3年後には倍に膨らますことに成功。現在の資産はさらに膨らんでいる。

 

情報発信への目覚め

投資により数百万稼ぐことにより、従来の給与所得のみに頼ることの無力さを知ってしまう。同時に、貧乏人はなるべくして貧乏になるという社会の本質にとうとう気づく。

ゼニ転がしならそのへんのファイナンシャルプランナー顔負けのプレゼン力はある。これをビジネスに結びつけようと考えたが、肩書きがないので誰も耳を貸してくれない。

その後も悶々と孤独に投資活動を続けるが、ある日、その虚しさを解消してくれるツールを発見。それがブログだった。

いくら口で吹聴して回ったところで効果はゼロ。でもブログならより多くの人の目にとまり集客できる可能性がある。ひょっとしたら、今まで経験したことのない『価値観の共有』ってのができる人にも会えるかもしれない。

行動力は人よりも優れているため、さっそくウェブ上での情報発信に本腰を入れ始める。それが2016年5月。

これまでの無料ブログに書いてきた投資系の駄文を全て整理し、サイト運営をWordPress1本に絞る。

 

ブログ界は化け物揃いだ

単なる情報発信のつもりでブログ界に乗り込んだわけだが、決して甘くないことに気づく。ブログは想像以上に奥が深かった。僕など足元にも及ばない化け物が蠢いている。

投資系の情報発信はもとより、新たなチャレンジ分野を見つけた。どうせやるなら、無名のままウェブ上に埋もれるのでは意味がない。

無名の自分が、ブロガーとしてどこまで大きくなれるのか挑戦し続けていきたい。

 

追記(2017年10月現在)

ブログ界はそんないいもんじゃない。

ブロガーとしての力はそこそこ上がってきた。力をつけたが故に見える光景も随分変わってしまったように感じる。

ブロガー同士の馴れ合いが多くて意外にも村社会。リアル社会とあんま変わらないよね。

それがうざいから、みなネットに来てるんじゃないのか??

まあ、僕は一匹狼で行くので関係ないけど。

 

PAGE TOP