書評

人に優しい人ほど、凶暴化しやすいという話

スポンサードリンク

 

世の中には「思いやり」に溢れている人がいる。

彼らは、悩みや困りごとに苛まれる人がいれば、自然と相手の感情に寄り添うことができる。

自分の成功を喜ぶ人がいれば、それをまるで我がごとのように共に喜び合える。とにかく、相手に対し過剰なほどに感情移入してしまうのが彼らの特徴だ。

辛い思いをしてる人がいれば、それに寄り添うことができる
相手に対し、見返りを求めない無償の善意が自然に出る

それが「優しさ」を測るバロメーターではないだろうか。

 

優しすぎる人は純粋だと思う。

 

 

優しさは素晴らしい資質だと思うし、僕も優しい人たちに出会いたい。付き合いたい。

とはいえ「優しすぎる」人というのは、その反動で「怒り」のパワーも大きくなる。

たとえば、自分の愛する人が害されるような場面においては、「そこまでやるか」というほど凶暴になることがある。

Embed from Getty Images
 

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領こそ、その典型例じゃないかと僕は常々思っている。

反社の連中を抹殺しまくるあの凶暴性はたしかにヤバいが、それは、優しさの裏返しなんじゃないかと。

法律では悪党を根絶できない。一般市民を本気で守るには、悪党には暴力で対抗するしかない。と、ドゥテルテさんは、ずっと考えてたんじゃないだろうか。

人に優しいほどに、悪に対する怒りの反発係数も大きくなる、と僕は思っている。

そう、振り子と同様、優しさと悪意は反比例するんじゃないかと。

髑髏は闇夜に動き出す

 

こんなに面白くて、痛快で、悲しくて、考えさせられたマンガは久しぶりだ。

この「髑髏は闇夜に動き出す」は復讐の物語だ。

89歳で余命宣告を受けた老人、藤村銀三。

家族はいない。身内もいない。

孤独死を目前に、これまでの天涯孤独だった人生を後悔する哀れな年寄りだ。

後はゆっくり孤独に野垂れ死ぬだけ。どうしようもない。

ある日のこと、藤村の隣に親子3人家族が越してきた。

塞ぎ込む藤村に、

「ウチで食事でも一緒にどうですか?」

と誘う隣の旦那さん。なぜか妻子供も大歓迎してくれてる。

彼らの暖かさに当初は戸惑っていた藤村だが、徐々に冷え切った心が動かされていく。

(もしワシにも家族がいれば、こんな感じなんだろうか?)

家庭の暖かさとはこういうものか、幸せとはこういうものなのかと、藤村は家庭というものを初めて感じることができた。

彼らとは赤の他人だが、ずっと天涯孤独で生きてきた藤村にとっては、まるで家族ができたかのようなこの暖かさが嬉しかった。

彼ら親子に感謝と愛情を抱くようになり、お隣さん親子は、藤村にとってかけがえのない存在へと変わっていった。

スポンサードリンク

 

怒りと復讐が老人を鬼に変える

そんなある日のこと、お隣さんの家の様子がどうも変である。

ノックをしても反応がない。

しかもドアが開いている。

心配になった藤村が家の中に入ると、そこにはとんでもない惨劇がお隣さん一家を襲っていた。

あまりに突然の悲劇にショックを受ける藤村。

すると、フード姿の男2人が家から出ていく。こちらには気づいていない。

フードからチラッと覗く男の顔が藤村の目に焼きついた。

 

法は善人に厳しく悪人に優しい

この復讐だけは、ワシの手でやらねば意味がない。奴らを警察に渡すわけにはいかん。

という裏側に込められた強烈なメッセージ性が、僕をしびれさせた。

わかる気がする。

どんな重罪人も、捕まれば服役するだけ。半グレの中には、数年経てば出て来られるとか開き直ってる輩もいる。

後悔して更生して出てくるならまだいいが、カケラも反省せずに出てくる悪党がいる。

しかも元凶の大元は捕まらないパターンもある。のうのうと普通に笑って暮らしてるかもしれない。

ありえない。被害者家族は、どういう気持ちだろう。

法治国家とかいうけど、その実、法を無視する悪人が法の庇護下にあるのは納得いかん話である。

被害者は復讐したくてもできない。法の前に泣き寝入りするだけ。

昔は、極悪人が捕まれば、警察にはあえて知らせず、村の中で極秘裏に◯◯◯を加えたらしい。

ハンムラビ法典にある「目には目を 歯には歯を」は、現代では野蛮にみられがちだけど、

被害者の気持ちを汲み、悪人に相応の罰を与えるという意味では、現代の法律よりも遥かに人間的なのかもしれない。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 書評

    「エゴを抑える技術」は野心家・成功者・絶望に沈む人、全てに読んでほしい一冊だ

    「謙虚であることを美徳」とする古来からある日本的価…

  2. 日々雑感

    テレビが語らない米朝関係|狡猾な北朝鮮と愚かなアメリカ

    ほとんどの人は、ニュースや新聞こそが第一次情報であ…

  3. 書評

    平山夢明氏の小説『ダイナー』は文章力の粋が込められた究極の一冊

    これまで書評記事をとおして、多くの書籍を紹介してき…

  4. 書評

    読書量1000冊の僕のオススメ、誰でも文章が上手くなる究極の1冊。

    本を読めば文章もうまく書けるというけど、あれウソで…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. お金の話

    家計管理を嫁に丸投げとか、リスキーすぎる話
  2. オピニオン

    『信用経済へのパラダイムシフト』は妄言か本物かを見極めたい
  3. サイト運営

    弱小ブロガーが最も言われたくないこと
  4. ライフスタイル

    あなたにはメンターはいるか?そもそもメンターとは何?
  5. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働
PAGE TOP