書評

  1. 人に優しい人ほど、凶暴化しやすいという話

    世の中には「思いやり」に溢れている人がいる。彼らは、悩みや困りごとに苛まれる人がいれば、自然と相手の感情に寄り添うことができる。…

  2. テレビが語らない米朝関係|狡猾な北朝鮮と愚かなアメリカ

    ほとんどの人は、ニュースや新聞こそが第一次情報であると信じて疑わないけど、僕らが日々目にする北朝鮮関連ニュースってのは、基本的にアメリカ政府…

  3. 株式投資の勉強|お金のない投資家がワンランク上のステージに上がるために学ぶべきこと

    僕もビットコインもってはいるが、いかんせん「少量」であるため儲けはたいしたことない。その一方で、「投資家でない」イケダハヤトなどが仮想通…

  4. 平山夢明氏の小説『ダイナー』は文章力の粋が込められた究極の一冊

    これまで書評記事をとおして、多くの書籍を紹介してきました。当ブログで紹介した書籍は全て、僕自身が心の底から「読まなきゃ損!」と感じた良書ばか…

  5. 吐き気を催すほどの「悪」とは|「悪徳の栄え」は思わず破りたくなる一冊だ

    Embed from Getty Images自分の大切にしている人を手にかけたなどと、懇意にしている知人か…

  6. 「エゴを抑える技術」は野心家・成功者・絶望に沈む人、全てに読んでほしい一冊だ

    「謙虚であることを美徳」とする古来からある日本的価値観。この価値観にケチがついたのはここ最近のことでしょうか。ネット化した現代社会で…

  7. 読書量1000冊の僕のオススメ、誰でも文章が上手くなる究極の1冊。

    本を読めば文章もうまく書けるというけど、あれウソです。文章力を上げ流にはまずは書くこと。書かなきゃ話にならない。本読むだけで上手く書けるなら…

  1. 公務員

    現役公務員が作った、公務員に向いてる・向いてないを判断する5つの指標
  2. 日々雑感

    マイルドヤンキーとヤンキー経済学
  3. オピニオン

    「ブログ収入」という甘い夢が、粗悪なブロガーを量産しているのか
  4. お金の話

    政府主導の「官製春闘(賃上げ)」では日本経済が活性化しない理由
  5. 日々雑感

    ウェットなアジア人と、ドライな欧米人
PAGE TOP