オピニオン

  1. 「実践なきガリ勉」には馬糞以下の価値しかない理由

    知識を仕入れたなら、それを実践で使わなければ意味がないなと、最近よく痛感する。ほとんどの人は知識を仕入れたら終わりだ。その知識を活か…

  2. 「座して死を待つ」人々

    以前、他部署の主任から言われたことが忘れられない。「君は、会社側の意向というものをキチンと把握しているか?」「会社の向かう先…

  3. 将来への不安と恐怖に押し潰されそうな時に読んでほしい

    得た時の喜びよりも、失った時の悲しみのほうがはるかに大きく働くのが人間心理だ。喪失感は人を病ませる。特に、十分な収入が絶たれ…

  4. コミュニティに属することの弊害

    リアルからオンラインまで、これまで僕はいろんな「コミュニティ」に属してきました。その成果はというと、ゼロ。べつに失くしたものはありま…

  5. 「信じられないもの」を敢えて信じるということ

    人を信じる・何かを信じるには、かなりのパワーが要ります。必ずそうなる絶対やり抜く思うだけなら…

  6. クソリプ対処法とクソリッパーの人間分析

    先日あげたこのツイートを見ていただきたい。⤵︎二十歳過ぎのろくに社会人経験もない無職インフルエンサーもどきに「働き方」…

  7. 大人になるにつれ友達が減る理由

    同窓会を否定するつもりはありません。あってもいいとは思いますよ。久しく会ってない昔の親友たちに再会するのは、たまらなく新鮮で刺激的で…

  8. 「傲慢」を抑え込む必要性|強烈な「エゴ」がクリエイティビティを蝕む

    「Twitterってのは基本ダメ出しメディアなんですよ。こんなイタいことしてる奴いるぞ!とね。」とは宇野常寛氏のセリフであります。…

  9. 去り際に涙できる者は幸福である

    「別れ」というものは、誰しも人生で幾度かは経験するものだ。それは人との別れもあり、場所との別れもあるだろう。たとえば異動や部署の閉鎖…

  10. 日本が外貨を獲得する方法|「過労死級ブラック文化」をコンテンツ化すれば世界で売れる

    前回のエントリー、最強の過労死ギルド|ブラック公務員の実情では、「公務員のブラックな実態」についてとことん述べましたが、これはべつに「世直し…

PAGE TOP