公務員

アホなクソ上司の特徴や対処法を分類しといたからあとは健闘を祈るぞ

スポンサードリンク

 

ネット上には、「クソ上司をブッ◯す!」だの「クソ上司への復讐方法」などといった、えらく好戦的なポエムが溢れていますね。

この手の書き込みを見るたびに、社畜の皆様方がいかに日々消耗戦を繰り広げているか、痛いほど伝わります。

 

今回は、「クソ上司にまみれた歴10年」を誇る僕が、クソ上司の生態というものをとことん論じてみようと思います。そう、孫子の兵法とやらの「敵を知らずんば〜」のアレですよ。

ではいきます。

クソ上司と断ずる際の注意点

クソ上司には2種類ありまして、クソはクソでも「有能なクソ上司」と「無能なクソ上司」に分類されます。ここは重要ポイントですので、「都合が悪いのは全部クソ認定!」なんて方は、まずはしっかり認識を改めていただきたい。

 

まず、有能なクソ上司とはなんぞやといいますと、最もわかりやすい代表格はスティーブ・ジョブズでしょうか。そう、「現実歪曲フィールド」で有名なアップルの創業者です。

奴隷の如く部下をこき使い、騙し、裏切り、盗み取り、disり倒すという、まさに典型的なパワハラ上司。これほどわかりやすい例はジョブズをおいて他にありません。

 

ジョブズが人格破綻者であったのは紛れもない事実ですが、結果的に彼の行いによって魅力的なアップル製品が生み出されたのも事実です。みんな使ってるiPhoneやMacとかね。

「お金」というわかりやすい価値をアップルにもたらしたのも事実。彼の功績がアップルを時価総額ランキングトップに導いたのも事実です。

 

それは、ジョブズがクソ野郎であると同時に、極めて有能であったことの証左なのです。

 

もしあなたのクソ上司が、ジョブズほどではないにせよ、お金を生み出せる「有能な」タイプであれば、「クソ上司」などと安易に断じるのは控えたほうがいい。

社会的にみれば、むしろあなたのほうが「クソ」だからね。憎くてしゃあないのはわかるけど。

 

 

本記事で取り上げる「クソ上司」とは、あくまで何の価値も生み出せない「アホで無能なクソ上司」に限定しております。この点は誤解なきようお願いします。

 

クソ上司のパターン別分析

ブラック組織に勤めて10年、小物から大物まで実に様々なタイプのクソ上司を観察してきた中で、気づいたことがあります。クソ上司にもジャンルがある

ここからは、クソ上司というものを分類別に論じていきましょう。

 

頭悪すぎる系

まず多いのがコレ。

そこまで出世したからには、仕事にもさぞかし精通しているのでは。そう信じたい気持ちはわかりますが、オトナを簡単に信用してはいけません。

特に学生のみなさんは耳かっぽじって聞いてほしい。

 

何も知らない。何もできない。理解すらできない。責任なんてとれるわけがない。といった無能な上司は掃いて捨てるほど存在します。むしろ多数派か。

その無能っぷりは人智を超えており、関われば必ずやカルチャーショックを受けるレベルでしょう。それほどに、知能が低い。

 

頭悪すぎる系の中にもさらにジャンルがありまして、そこから「何もできないだけの人畜無害系」「わからなければ逆ギレする系」に枝分かれします。

人畜無害系であれば、仕事を被ればことは済むので対処のしようもあるのですが、「わからなければ逆ギレする系」となれば被害は甚大なものとなります。

論理的思考などかなぐり捨て、感情のおもむくままにブチキレた状態で爆進するわけですから、巻き込まれる側は終わりの見えない消耗戦に叩き落とされます。

かき回した当の本人はといえば、いつの間にか帰ってるという、何ともシュールな場面が日夜繰り広げられるわけですね。

 

みなさんが鬱に追い込まれる原因の多くは、この「頭悪いくせに、わからなければ逆ギレする系」であることは言うまでもないでしょう。

 

クソマジメ系 or クソ細かい系

クソマジメなのとクソ細かいのは非常に親和性が高く、同義と考えて差し支えありません。

 

サラリーマンや公務員の仕事なんて、誰がやろうが似たような結果しか出ない作業なんですよね。そんなコモディティ化したタスクに、そこまでクソ細かくこだわる理由があるのかと、非常に理解に苦しみます。

おそらく、元来のクソマジメな性格が災いしてるんだろうけどね。融通がきかないのは勝手だけど、他人にもクソマジメであれと強要するのはどうなんやと。学校生活の洗脳が解けてないのかな? その情熱は買うけど、方向性間違えてるやろと。

スポンサードリンク

 

このタイプは当初、頭悪すぎる系に分類しようかと考えましたが、あえて「クソマジメ系」としてスピンアウトさせました。

理由は、罪の重さにあります。やる価値のない仕事を増やし強要するというのは、個人の時間=人生を奪う重大な犯罪行為だからです。そう、クソマジメな奴ほど悪い奴はいないとはこのことです。

 

ねちっこい系

驚くほど根に持つのがこのタイプですね。この手のタイプは異性同性問わず、とにかく嫌われまくります。特徴としては臆病。器がちっさい。

小物ゆえに、面と向かって相手に意思表示するのには抵抗があるようです。なので、ところかまわぶ陰口たたきまくるのも特徴というか王道パターンの一つであります。

 

「あなたの今のその姿、第三者から見て美しく見えると思う?」

 

と言って気づかせてあげるのもいいけど、どうせ逆恨みされるだけなのでほっときましょ。

とりあえず、人畜無害系にも認定しときます。

 

一人で抱え込む系

責任感が旺盛なのはいいことなのかもしれないけど、強すぎるのも問題です。

 

一人で抱え込む系は基本的に誰も信用しません。簡単なタスクでもとにかく自分でやらなきゃ気が済まない。要領悪いのが特徴です。

 

まぁ部下からすればタスク量が減るわけですから、一見「良い人」には見えるでしょうが、クソ上司であることに変わりはありません。

なぜかというと、この手のタイプは往々にして自滅するからです。自滅するのは本人の勝手だけど、肝心の部下が育っていないために誰もカバーできないという。正直、あまりリーダーに据えたくないタイプ?

 

自己陶酔しがちなのも、このタイプの特徴ですね。ハタから見れば疲れたように見えるかもしれませんが、心の奥底では忙しい自分に酔いしれてるだけです。それで潰れたって?いや、知らんがなと。

 

まぁ、頭悪すぎる系やクソ細かい系に比べればはるかにマシなのかな。

 

パワハラ系

クソ上司の一般的なイメージといえば、なんといってもこのパワハラ系ではないでしょうか。ここまで広く世間一般に知れ渡るということは、それだけヤバいことの証でもあります。ジョブズがいたのが、おそらくこのステージかと。

 

そう、最も甚大な被害をもたらすのがこの「パワハラ系」なのです。

日本では多くの善良な社畜さんたちが、この「パワハラ系クソ上司」の犠牲となっております。僕の社畜歴を振り返っても、パワハラに耐え兼ねて自ら命を絶った人たちは片手では数え切れないほどだ。

この手のクソ上司は社会人だと考えてはいけません。カテゴリー的には凶悪犯罪者に据えるべきでしょう。

 

パワハラタイプも2つに枝分かれしており、「自覚してる系」「サイコパス系」が存在しています。どちらもロクでもないのは間違いありませんが、違いを少しばかり述べておきます。

 

自覚してる系

パワハラを「自覚してる系」は、とにかく精神論を好む傾向があります。彼らは気合いや根性といったワケのわからない昭和的価値観を引きずっており、尚且つそんな自分に酔うという非常に救い難いメンタルの持ち主です。

 

彼らはやたらと正義を振りかざすのを好みます。自分の正義にそぐわない者を痛めつけるのには何ら抵抗がありません。「えっ!? そこまでやるのか!?」などとドン引きした経験、みなさんもおありでしょうが、痛めつけることに抵抗がなければそこまでやれるのです。

取り扱いにはかなりの注意が必要です。要は猛獣と同じ。

 

猛獣同様彼らは賢くないので、その言動には若干の甘さが目立ちます。実は、彼らは自分が無茶苦茶やってると心の奥底では気づいてるのです。気づいてるがゆえに、人を精神的リンチにかけた後は多少の罪悪感があるようです。

 

おバカな彼らは、その甘さにこそつけいられる隙があるということに気づいていません。なので隙を見せ次第、つけ入ってあげれば逆に彼らを追い込むことも十分可能です。

 

意外にも主導権を握りやすいのがこのタイプの特徴です。僕からすれば、そんな怖くない。

 

サイコパス系

より凶悪なのが「サイコパス系」です。FFでいえば「オメガ」クラスでしょうか。

僕はかなりメンタルが強いのですが、そんな僕ですら彼らには閉口させられます。勝てない。

 

ハッキリいいますが、サイコパス系クソ上司は普通の人では太刀打ちできません。「自覚してる系」と違い、彼らは真の悪だからです。真の悪に勝つのは並大抵のことではありません。

 

 

相手の心を見透かす「プロヴィデンスの眼」をもつ僕ですら彼らの思考が全く読めませんからね。読めるとすれば、彼らは極めて自己中心的で悪意の塊だということ。それくらいでしょうか。

 

サイコパスに勝つには、おそらく、こちらも真の悪になるしか方法はないのかもしれません。それが無理なら、さっさと逃げることをオススメします。

 

まとめ

今回はクソ上司について、ちゃちゃっと分類してみました。

次回はもっと本質的なところを攻めてみますので、お見逃しのないよう。

 

関連記事

  1. 公務員

    現役公務員が作った、公務員に向いてる・向いてないを判断する5つの指標

    公務員志望の方には水を差すようで悪いけど、残念なが…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP