コンサルタント

経営コンサルタントに必要な能力・スキルは何か

スポンサードリンク

 

コンサルタントと聞けば、一般的には「相手の前で講釈垂れて高額な金をとる」みたいな詐欺的なイメージがあるかもしれない。

顧客の課題が解決しようが・しまいが、あまり関係ない。とりあえず講釈垂れるのが仕事であると。

少なくとも僕はそう思っていたし、そう思っている方も少なくないと思うが、

実際のコンサル現場は随分違う。講釈たれて課題が解消するなら全然ありだが、その手のコンサルタントは極少数派だ。

コンサル業の真髄とは、相手の抱える問題を解決するための手段になること。

僕は経営コンサルタントの端くれだが、口を動かすよりも身体や手を動かす方がはるかに多い。

その方がクライアントの利益になるし、ダイレクトな課題解決になるからだ。

今回は、経営コンサルタントになるのに必要な基礎的な資質を3つばかり語ってみたい。

将来コンサルを目指してる方には、役に立つ内容だと思う。

 

論理的思考力(ロジカルシンキング)

冒頭に「相手の抱える問題を解決するための手段になる」のがコンサルタントの真髄と述べた。

これは裏を返せば、「相手に足りない事・必要としている事を代わりに請け負う」ということだ。

たとえば、クライアントに営業力が足りないのが課題なのであれば、実際に営業現場に入って売ってくるのが経営コンサルタントの使命となる。

クライアントの販促面が不十分で、販促やれば集客につながると判断すれば、販促を請け負うのが経営コンサルタントの仕事となる。

オンラインで集客を望むのであれれば、ネット発信を代行するし、SEO対策を施すのもコンサルタントの仕事になる。

経営戦略が不十分であれば、それこそコンサルタントの出番だ。

というように、経営コンサルタントの実態は「何でも屋」に近いものがある。コンサルといえば聞こえはいいが、実際は結構泥臭い。

ただ、何でも屋ではあっても、闇雲に何でもやるわけじゃない。闇雲にやるだけではかえって信用を失う。精神論を信用する経営者はいない。

前の会社は「飛び込み」「テレアポ」「人海戦術」といった3バカ営業戦略が基本方針だったが、根性論はコンサルタントには不要だ。

コンサルタントが仕事を請け負うには、行動の裏付けとして明確な根拠が求められる。これやることでこんなポプジティブな効果が得られる、との明確な根拠が必要だ。

スポンサードリンク

その根拠を見出すには、論理的思考力(ロジカルシンキング)が絶対に必要となる。

 

求められるのは現実に添う具体性

コンサルには論理的思考力が欠かせないわけだが、なぜ論理性が必要かというと、答えのない課題を解決するには具体的な仮説が必要だからだ。

立てた具体的な仮説を検証していくためには、行いに具体性をもたせなければならない。

抽象的でわかりにくいと思う。補足すると、

たとえば、あるクライアントが売上が下がったとの課題を抱えているとして、その課題を解決するには、売上が下がった理由を深掘りしていかなければならない。

なぜ1年前よりも売上が下がったのか。

客数が減ったのはわかったが、客数が減った原因は何か。

商圏内に競合店ができたなら、競合店に客が流れたのはなぜか。こちらが支持されない理由は何か。

価格で押されているのか、商品力で負けているのか、接客で負けているのか、知名度(アピール)で負けているのか。

負けた理由がわかれば、じゃあそれをどう改善するか。優先的に補強すべきは何か。コストをかけずに改善できる点はないか。

といったことをひたすら深掘りしていく。

ポイントは「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」を繰り返していくこと。ぼんやりした問題も、「なぜ?」を3度も繰り返せばかなり具体的になってくる。

要はマインドマップみたいなイメージだ。マインドマップを課題解決に落とし込むことで、問題の本質が徐々に浮き上がってくる。

 

より良いものを提案しようとの美学

客の課題に取り組むには、「より良くしたい」との美学が何よりも重要だと考える。とくにコンサルの仕事は答えがないので、仮説の検証が主な仕事だ。

検証していく上では、「これで課題を解決するんだ!」との熱い思いが必要になる。

繰り返すが、コンサル業務には明確な答えはない。

内勤サラリーマンがパッパと書類回して定時上がり、みたいな仕事ではないということだ。それは仕事ではなく「処理」であって、コンサルの仕事は「処理」とはかけ離れたものだということは肝に命じておくべきである。

うまく成果が出せれば、より成果を出すために他にできることはないのか?と自問自答していく。

これがコンサルタントの仕事だ。

楽な仕事じゃない。

でも、答えが用意されていない難しい仕事だからこそ、やり甲斐もあるのも事実である。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. ライフスタイル

    祭りにヤンキーが多い理由を考えてみた。
  2. 歴史

    マリー・アントワネットとデュ・バリー夫人 part2
  3. 営業

    売らずに売る手法|「テイクアウェイ・セリング」には絶大なる効果がある
  4. サイト運営

    ブログ運営の云々|継続できる人とやめる人の差
  5. 日々雑感

    LINE@ はじめました。
PAGE TOP