スポンサードリンク

 

巷では「恋愛に関しては、女性よりも男性のほうが未練がましい」よく言われている。

それが本当かどうかは男の僕にはわからないし、それは性別というより人によるのではないか。

とはいえ、僕自身が女を引きずるタイプなので、男性のほうが未練がましいというのは、案外真理なのかもしれない。

基本僕は人間関係に関してはドライに努めている。特に女性に対してはなるべく距離を置くよう徹している。

が、それは照れ屋なのと揉めるのが嫌なだけで、本当の僕はといえば、人に対しては結構ウェットな部類だ。

仕事で疲れ果てた時、ストレス緩和のために、僕は静かに目を閉じるクセがある。瞑想だ。

その際によく出てくるのが20代後半頃の光景。頭も金も何もなく、体力と根性だけで必死にもがくだけだった、若かりしあの頃。

テキトーで雑に生きていたが、それが妙に楽しかったあの当時。ちょうど10年前のことだ。

 

元カノ

家族がかけがえのない存在なのは間違いないし、現に今も心の底から大切に思っている。

だが瞑想する際、たまーに、ある決まった人が出てくる。

元カノだ。

10年前に付き合っていた、3つばかり年上の彼女。なぜか最近はとくに、僕の瞑想に彼女がよく現れる。

今の嫁と知り合う前、僕には大好きだった彼女がいた。

結婚するのが当然だと信じて疑わなかった。それくらい当時の僕は彼女にぞっこんだった。彼女もそうだと信じていた。

今振り返ると、今の殺伐とした姿からは考えられないほど、当時のぼくは情熱的でウブだったと思う。

しかしながら、恋愛というものは燃え上れば燃え上がるほど、成就するケースは少ない。

男女の関係は互いの思いが同じ程度である間は問題ないが、釣り合いが崩れた瞬間から、破綻へと向かいはじめる。

僕らの関係も、なかなかに不安定なものだった。彼女の僕への思いよりも、僕の彼女への思いの方が強かったように思う。

その後、僕らの関係は意見の食い違いを皮切りに、徐々に悪化していった。

意見の食い違いといっても、今思い返せば、些細ないざこざだ。だが、当時の僕らにとっては、それが大きな「溝」に感じられた。

連絡を取り合うのを敢えて避けるかのように、徐々に、僕らは距離をとるようになる。

以前の盛り上がりからは信じられないほど、あの子との「別れ」は呆気ないものだった。

終わったな。

経験者はわかると思うが、未練タラタラな中、自分を偽り無理に納得させるのは、なかなかにしんどい作業である。

そうして関係に終止符をうったわけだが、男女関係の終わりに、本当の意味での「納得」はない。

納得してないものを無理やり納得するという、あの強烈なストレスが深刻な「未練」と化したのか、

10年後の今でも、ふと思い出してしまう始末。情けない話である。

関係が終わって3ヶ月後、僕は転勤が決まった。

彼女にはメールで一言さよならを告げた。返事はあったが、よく覚えていない。終わりだ。その後10年間、一切連絡をしていない。

 

どんなに苦い思い出であれ、歳月が流れるごとに、それは「美しい思い出」に変わっていくものである。

都合の悪い記憶は、いずれかの時点で忘れるか妙に美化されるようにできている。人は辛いままでは生きていけないからだ。

それが、人に備わる防衛本能である。

当時の苦い思い出は、皮肉なことに、今では逆境と挫折と挑戦を繰り返すバーサーカーと化した僕の心を癒す糧となっている。

スポンサードリンク

過去の美化された思い出を精神の拠り所とするのは、僕だけではないだろう。

特定の記憶に限り、どういうわけか繰り返し思い出し、気がつけばそれに浸ってる。そうした経験は誰しもにあるはずだ。

繰り返し思い出すということは、その当時が「自分の人生において最も輝いていた時期」として、記憶に焼き付いているからだ。

最も幸せを感じていたからからこそ、当時の思い出が走馬灯のように頭をよぎるのである。

 

当時とほぼ変わらぬ容姿で現れる奇跡

10年前に別れた彼女。

彼女は金沢のとある雑貨屋の店員さんだった。

偶然にも、先日、金沢に行く機会ができたので、約10年ぶりに、あの思い出深い地域に足を運んでみることにした。

金沢はとても文化的で美しい街である。

駅を降りた瞬間、懐かしさがこみ上げてくる。心に染みるものがある。

この街で暮らしたのは、たった3年だ。

短い期間ではあったが、ここ金沢での暮らしが、僕の人格形成にも影響を与えたのは間違いない。

北陸新幹線の開通で駅周辺はすっかり様変わりしている。が、基本的な街の景観は変わっていない。

20代後半の頃の素晴らしい思い出で満ち溢れている。

「東茶屋街」や「浅野川」周辺、野田町近辺など、物思いに耽りながら散策した。

金沢は美意識の高い街なので、ユニークな雑貨屋が点々とある。元カノの働いていた雑貨屋に足を運んだのは、偶然ではない。

雑貨屋は今もちゃんと残っていた。

しんしんと雪が降る中、雑貨屋の向かいのカフェで温かいコーヒーをすすりながら、彼女が仕事を終えるのを待つ。

あれが、当時の僕にとっては最高のひと時だったなぁと。

そのカフェはさすがに廃業していた。今ではコンビニに変わってしまっている。時の流れを感じる。寂しさを禁じ得ない。

懐かしさに浸りながら、隣にある、あの懐かしい雑貨屋に足を踏み入れたその瞬間、凍りついた。

 

彼女らしき女性がおる

 

何の冗談かと。こんな個人の雑貨屋で、10年も働く人がどこにいる?

ここで会うなんて、ちょいと出来過ぎじゃないか?と。

 

でも実際、そこにいるのは彼女

 

いやいや驚いた!間違いない。死角から強烈なアッパーお見舞いされた感覚だ。

しかも驚いたことに、彼女の姿は10年前とそれほど変わっていない。

髪型はボブカット。中肉中背で均整のとれたスタイル。上品な薄化粧。淡いピンクの口紅。

さすがに多少老けはしたのだろうが、雰囲気そのものは当時と何一つ変わっていない。

ほぼ当時のままの姿・あの頃と同じ姿勢でカウンター越しに立ってる。

未練たらたらで頭に浮かんでいたあの女が、当時とほぼ変わらない姿で、こうして僕の目の前にいると。

 

夢か現か幻か

 

こみ上げそうになるのを必死で抑え、一度店を出る。

社会の冷たさ・クソさ・素晴らしさを見続け、大概のことには驚かないと思っていたが、この時ばかりは激しく動揺した。

これまでのとは、まるで質の違う動揺だ。

彼女もすぐ僕に気づいた。彼女も驚いたようだ。

か細い目を見開き、口を両手でおさえながら、

 

彼女「お久しぶりです…」

 

 

 

スポンサードリンク