日々雑感

男が元カノを忘れられないのは、そこに最盛期だった頃のルーツを求めるから

スポンサードリンク

 

「恋愛に関しては、女性よりも男性のほうが未練がましい」とはよく言われることだが、それが本当かどうかは、女性でない僕にはわからない。

「それは性別というよりも人によるのではないか」とも考えたいところだが、なんせ僕自身が元カノを引きずるタイプなので、男性のほうが未練がましいというのは案外真理だろうと思う。

基本僕は人間関係に関してはドライを貫いている。特に女性に関してはビジネスライクに徹しているのだが、それは色々揉めなくて済むからであり、ドライなのはそう演じているにすぎない。

本当の僕はというと、とてもウェットで未練がましい部類の男なのである。

心身ともに疲れ果てた際、僕はストレス緩和のために、無意識にも静かに目を閉じ瞑想するクセがある。

その際よく出てくるのが、20代後半頃の光景だ。知恵も金もなかったが持ち前の能力とパワーだけで、もがくように必死に生きた若かりしあの頃。

極めて雑な生き方ではあったが、最高に楽しかったあの当時。ちょうど10年前のことだ。

 

元カノ

嫁と家族が大切なのは間違いないし、現に心から大切に思っているのだが、僕の瞑想の中にはある決まった人物が必ず出てくる。

元カノだ。

こんなことは口が裂けても家族には言えない。嫁からすれば極めてふざけた話だろう。だが僕の瞑想の中にはずっと、高確率で昔の彼女が現れてくる。

僕には、今の嫁と知り合う前に、大好きだった彼女がいた。

「いずれは結婚する」と頭から信じて疑わなかったほどに、当時の僕は彼女にぞっこんだった。今の投資狂いの姿からは考えられないほど、当時のぼくは情熱的でウブだった。

しかしながら、恋愛というものは燃え上れば燃え上がるほど成就するケースは少ない。男女関係というものは、互いの愛情が同程度であれば問題ないが、片方の愛情が上回っている場合は、その関係は不均衡に蝕まれ確実に破綻する。

僕らの関係も不均衡なものだった。彼女が僕を想うよりも、僕が彼女を想う度合いの方が強かった。その後、僕らの関係は、結婚観についての食い違いを皮切りに徐々に悪化していった。

今思い返せば実に些細ないざこざなのだが、当時の僕らにとっては、それは決して乗り越えることのできない大きな「溝」だったのである。

 

お互い連絡を取り合うのを敢えて避けるかのように、徐々に、僕らは距離をとるようになっていく。「別れ」は、以前の盛り上がりからは信じられないくらい呆気ないものだった。

もう「終わり」なんだと。

身を切る思いで無理やり自分を納得させ、彼女との関係に終止符をうったわけだが、男女関係の終わりに本当の意味での「納得」など存在しない。

納得できないものを無理やり納得するというあの強烈なストレスが、深刻な「未練」と化して、その後の僕の深層心理に深く刻まれることになった。

彼女との関係が終わって3ヶ月後、僕は転勤が決まった。彼女にはメールで一言さよならを告げて終わりだ。その後は10年間、一切連絡をしていない。

 

不思議なことに、たとえどんなに苦い思い出であれ、歳月が流れるごとに、それは「美しい思い出」に変わっていくものである。人は辛いままでは生きていけない。都合の悪い記憶というものは、いずれかの時点で忘れ去るか美化するようにできている。それは人のもつ防衛本能なのかもしれない。

あの当時の苦すぎる思い出は、今では、バーサクモード全開のハードワーカーと化した僕の殺伐とした心を癒す糧となっている。

スポンサードリンク

美化された過去の思い出を精神の拠り所とする。

それは僕だけではないと思う。ある特定の頃の記憶に限って、どういうわけか繰り返し思い出してしまい気がつけばしばし妄想に浸ってることは、誰しもあるはずだ。

繰り返し思い出すということは、その当時こそがまさに、「自分の人生において最も輝いていた時期」として記憶に焼き付いているからである。

最も幸せを感じていた証であるからこそ、当時の思い出が走馬灯のように頭をよぎるのである。

 

10年前に別れた彼女が、当時とほぼ変わらぬ容姿で現れる奇跡

10年前に別れた元カノ。彼女は金沢のとある雑貨屋の店員さんだった。

先日、一人で一泊の小旅行する機会ができたので、約10年ぶりに、思い出深い金沢に足を運んでみることにした。

金沢は美しい街だ。

この街に降り立った瞬間、理屈抜きで心に染みるものがある。3年という短い期間ではあったが、ここ金沢での暮らしが僕の人格形成に大きな影響を与えたのは間違いない。

北陸新幹線の開通で駅周辺は多少様変わりはしたが、基本的な街の景観は変わっておらず、20代後半の素晴らしい思い出で満ち溢れている。

「東茶屋街」や「浅野川」周辺を物思いに耽りながら散策した。地域経済の活性度がどうとか、投資家としてのいつもの不粋な考えなど湧くはずがない。

 

 

金沢はオシャレ意識の高い街なので、ユニークな雑貨屋が点々とある。元カノの働いていた雑貨屋を訪れたのは、極めて自然の成り行きだったと思う。

しんしんと雪が降る中、雑貨屋の向かいのカフェで温かいコーヒーをすすりながら、彼女が仕事を終えるのを待つ。これが当時の僕にとってはなにより幸せなひと時だった。

そのカフェは今は廃業しており、コンビニに変わってしまっている。時の流れを感じ、寂寥の念を禁じ得なかったが、幸運なことにかつて彼女が働いてた雑貨屋は健在だった。

懐かしさに浸りながら雑貨屋に入ったその瞬間、僕は凍りついた。

 

彼女がいる

 

んなアホな!と思った。こんな小さな雑貨屋で10年も働く人がいるのか?再びここで会うなど、あまりに出来過ぎではないか!と。

 

でも現実に元カノがそこにいる。

 

あまりにも予想外で、全く見えない角度から強烈なストレートをくらったような感覚だ。

しかも驚くべきことに、彼女の姿は10年前とあまり変わっていない。髪型は当時と変わらぬボブカット。中肉中背で均整のとれたスタイル。上品な薄化粧。淡いピンクの口紅。

さすがに多少老けはしたのだろうが、雰囲気そのものは当時と何一つ変わっていない。ほぼ当時のままの姿・あの頃と同じ姿勢でカウンター越しに立ってる。

この10年、別れた未練たらたらで常に頭の片隅にあった女が、当時とほぼ変わらぬ容姿で、こうして目の前に現れている。

 

夢か現か幻か

 

思わずこみ上げそうになったのを必死で抑えた。いかに強靭なメンタルをもつ僕でも、この時ばかりは激しく動揺した。これほどの衝撃は、生まれて以来初めてかもしれない。

彼女もすぐ僕に気づいた。彼女は細い目を見開き、口を両手でおさえながら、

 

彼女「お久しぶりです…」

 

 

PS.本記事が削除された場合、嫁にバレて殴られていると考えてください。

 

関連記事

  1. 日々雑感

    世界で最も凶悪なマルウェアを5種類紹介する

    ITの進化により、人は24時間いつでもどこでもネット環境に繋がることが…

  2. 日々雑感

    父に祈りを

    2年前まではFC2ブログで吠えてたんだけど今は完全…

  3. 日々雑感

    舛添要一を批判する前に…

    こんにちわ、伴です。最近、巷を騒がせている男がいま…

  4. 日々雑感

    芸術分野におけるマイノリティの功績

    『LGBTは芸術的才能に恵まれている』&n…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP