日々雑感

突き抜けたスーパースターがもてない理由から見える、もてる男になるための方策

スポンサードリンク

 

昔、矢沢のえーちゃんと長渕剛のライブに行った時、ある共通点に気づいた。それは男率がハンパなく高いことだ。

 

「女性はスーパースターがお嫌いなのか。」初めて気づいた。私の嫁もそうだ。ドライブ中に長渕剛の「とんぼ」を流し始めると顔色がどんどん曇っていく。そんなに長渕が嫌なのか…。嫁曰くアツくるしくて耐えられないらしい。

 

えーちゃんも長渕もスーパースターの割に、女ウケはすこぶる悪い。つまり、もてない。2人の共通点は突き抜けた存在という点だ。女ウケが悪い理由はこれかもしれない。女性は突き抜けた男が本能的に苦手らしい。

突き抜けるとはどういうことか

「モテたければ突き抜けましょう」という記事をたまに見かける。女性目線から書かれた記事で、女性は突き抜けた男性に魅力を感じるとのこと。じゃあ、その「突き抜ける」の定義はなんだろう。

 

女性にもてるための突き抜け方というのは、

  • 能力が高くて仕事ができる割に、独自のスタイルを貫いてる人(奇抜なファッションとか)
  • 周囲のひんしゅくを恐れず主張できる人
  • 群れずに一匹狼な人
  • めちゃくちゃ行動力がある人

こんな感じ。

 

おそらく「突き抜ける」を勘違いしている

確かに、もてるためには、そういった突き抜け方も必要なのだろう。しかし、もてるために突き抜けろと簡単にいうが、本当の意味で「突き抜ける」というのとは違う気がするのだ。

 

どう違うかというと、女性が求める「突き抜ける」は、あくまで表面上のファッション的な突き抜け方だ。「あの人のファッションは個性的」とか「誰も行かないからって、一人旅行行ったの?凄い行動力ね!」とか「堂々と自分の意見言えるのって素敵」とか。それで突き抜けたは少し違うのではないか。一人旅なら私だって散々してきたし、自分の意見も普通に言える。

 

同じ突き抜けるにしても、私が思うのとは少し違う。本当に突き抜けた人ってのは、そんな生ぬるいものではない。ひんしゅく買うにしても、ドン引きするほどのひんしゅくだ。個性的であるにしても、超がつくほどの個性だ。少なくとも女性ウケはしないと思う。

 

本当に突き抜ける、とはどんな感じか

本当に「突き抜けた」人というのは、メンタル面がぶっ飛んでる。ついでに考え方や行動もぶっ飛んでる。外見は関係ない。

 

「それをここで言いますか!?」とか「それを今ここでやりますか!?」という感じで、常識的に生きてる人たちをドン引きさせる。自分に絶対の自信もあるので、どんなに諫められても完全無視。メンタルも強靭だ。本当に「突き抜ける」ってのはこうだと考える。

スポンサードリンク

 

男にはもてる

女性は安心感を求めるが、突き抜けてしまった男は安心感とは無縁だ。ある日突然バックパッカーになると家庭から飛び出る男もいる。女性ウケする時点で、突き抜けてるとは言わないのである。

 

しかし、女にはもてないかわりに男にはもてる傾向がある。わかりやすいのは下ネタ。ソフトな下ネタであれば女性ウケするが男にはウケない。一方、本気の下ネタは男は爆笑するが女は去る。これと全く同じだ。

濃過ぎると女性は去っていく。

 

もてたければ突き抜けてはだめ

 

勘違いしやすい点だから強調しておくが、もてたければ完全に突き抜けたらだめだ。完全にというのがミソで、ほどほどに個性的なほうが女性にはウケやすい。

 

かといって突き抜けてなさすぎもだめ。それはただ単に没個性的なだけで、つまらない人だと判断される。

 

その前に、オトナなタイプであるべきだろう。そのほうが安心感がある。オトナなタイプには女性はついていきやすいのだ。相手が求めていることを上手く与えられる人がモテるのだ。ビジネスと同じだ。

 

突き抜けるということは反社会的であるのと紙一重なので、女性からすれば警戒心が先に立ってしまう。女性は安定を求めるものだ。公務員の既婚率が高い理由は、おそらくコレだろう。

 

優しさも大事なポイントだ。それぞれ性格によるので断言はできないけど、中途半端なほうが優しい気がする。なんとなく。

 

突き抜けてる人は、もてるのは諦めたほうがよさそうだ

突き抜けた人たちは、モテることは諦めたほうがいい。自分を変えるなんてのも、しないほうがいい。無理はだめだ。それに、もう突き抜けてるんだから、今更自分をカスタマイズするなんて到底無理なはず。

 

そんな器用なマネなどできないし、やりたくもないだろう。コロコロ変われるのは中途半端な人だけだ。突き抜けた人には生き方を変えることなんてできない。

 

でも落ち込む必要はない。女にはモテないかわりに、価値観を同じくするコアなファンは一定数いるのだから。必ず。

 

私だって、突き抜けてる人のほうが大好きだ。器用に薄く生きてる奴らなんて面白くない。没個性的過ぎる人なんかに存在価値なんてないと考える。私のソウルを揺さぶるのは、やっぱり、突き抜けてる人しかない。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日々雑感

    リアリストは幸福度が低い(と思う)理由

    最近よく思うのが「夢想家は幸せだな」ということ。…

  2. 日々雑感

    悩み多い方必見。『ひとり会議』のススメ

    こんにちは、ブロガーの伴です。&n…

  3. 日々雑感

    ウェットなアジア人と、ドライな欧米人

    こんにちわ、ファイナンシャルブロガー伴です。…

  4. 日々雑感

    『スルースキル』を手に入れよう

    日本人は世界でも特にストレスが多い。多いどころかス…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. 投資

    疾風怒濤の季節|長期投資の「覚悟」が試される時
  2. 投資

    死の商人セクターへの参入〜ロッキード・マーチン編〜
  3. 日々雑感

    日本が法治国家などとは片腹痛い
  4. 仮想通貨

    バブル真っ盛りか?ダイモン氏の「ビットコイン=クソ」発言から仮想通貨の将来性を考…
  5. 貧困を考える

    童謡『はないちもんめ』から伺える哀しい時代
PAGE TOP