日々雑感

日本の反核運動はオワコンか

スポンサードリンク

 

1945年8月、広島と長崎へ原爆が投下され多くの方が被曝し犠牲者となった。

これは人類史に残る悲劇であり、決して繰り返してはならない日本の黒歴史です。その悲しみは日本人なら誰もが共感するところでしょう。

もちろん、私も心の中で犠牲者の方々に対し悼んでおります。

 

毎年8月が近づくと核廃絶運動や訴えなどが若干活発になるんですけど、ここ最近は雰囲気が変わってきたように思えます。

今回はその違和感についてツラツラと書いてみました。

 

 

ノスタルジー社会をぶっ壊せ


原爆反対!核の無い平和な世界を!って主張ならば、ネット上に限らず様々な市民団体が声を張り上げてるんでそっち系の方々に任せます。今更わざわざこのサイトで吠えるつもりはありません。

私が書く以上、決して至極まっとうな一般論ではありません。大人な文章なんて書けないのです。

今回のコラム、言っちゃいけないこと言ってしまうかもしれないけど、

 

腹立つからってサイバー攻撃とかはやめてくれよな。

 

※まぁ、んな古い考えの人たちにそんな技術あるとは思えないけど。

 

原爆投下の是非に関しては、日米の主張は見事なほどに食い違ってます。

どういう風に食い違ってるかというと、日本は被害者っぷりをアピールしてるけど、アメリカは原爆投下を反省もしていないし後悔もしてないってこと。

日米ともにその食い違いには目をそらし続けてるんですけど、その姿がかなりキモいんですよ。

アメリカ側からすれば、とりあえず式典に出てそれっぽいこと言っときゃ丸く収まるんだから安いものでしょうけどね。

日本側が掲げる正義の主張とは、原爆投下はアメリカによる日本人のジェノサイド(大量虐殺)以外の何物でもないということ。

「正直、あそこまでしなくても良かったんじゃない?」

日本の本音はこうですよね。

米国「いや、あそこまでしないとアンタら降伏しなかったでしょ?」

アメリカはこうなわけです。

 

日本「いやいや、もっと犠牲者が少なくて済むような人道的な方法なかったの?」

 

米国「いやいや、アンタら、最後の1人まで徹底抗戦なんて怖えーこと言ってなかったっけ?

あのまま続けてたら兵士・民間人ともに犠牲者は増えてたよ。

特に我が軍の兵士の犠牲者をあれ以上出すわけにはいかなかった。」

スポンサードリンク

 

日本「自国の犠牲者を減らすために、我が国を犠牲にしたってこと?」

 

米国「それの一体何が悪いんだよ?」

 

実際は、他にも超政治的な理由があったようですけど、意見の食い違いとしては大体こんなもん。

でも最近はなんか様子が違う気がする。

日本人の悪いクセというべきか、式典自体がただの儀式化してる気がするんです。

それに、この日本発の核廃絶と平和への訴え、ハッキリ言って世界中が飽きてます。あれから一体何年経ってると思ってる?71年だぞ?

「核のない平和な世界を」ってオウム返しに叫んできたけど、すぐ隣の北朝鮮まで核保有する始末。70年以上にわたる活動は全く意味はありませんでした。おとなしく素直に認めて、無駄な活動は止めましょう。

日本の核兵器廃絶運動と世界平和へ向けた訴えは、もはや “オワコン” なんです。

記念式典とかそういった類に儀式化する時点でオワコンです

いい加減自己満足って気づいてください。

 

そもそも世界は平和を望んでいるようには見えない。人種の垣根を乗り越え協力し合う、なんて日本人の妄言ですわ。

現実は、核保有国のほうが平和だったりするし。

綺麗事ばかりでしつこいと、むしろ世界から嫌われますよ?

どうしても核廃絶と平和を世界へ訴えたいのならば、それなりのコンテンツを作って発信したほうがいいんじゃない?

ちゃんと金かけて内容も練りに練りまくれば、日本の力があれば凄いのできると思います。

本気で訴えたいなら、それしか方法ないですよ?世界を振り向かせるような、圧倒的なコンテンツを作って共感させるしか。

 

そんな努力もなしに、如何にもつまらなそうなニッポンのオッサンが壇上で何をしゃべろうが100%誰の心にも響きません。自国民の心にすら響かないものが、世界の人々の心に響くわけがありません。

オバマ大統領が来てくれただけで溜飲下げてる感じするけど、オバマさんは大統領としてレィムダック状態が長く、任期もわずかなヒマ人なのです。今さら政治的影響力はありません。

あの式典自体全てが茶番であり、紙芝居以下の価値しかないのであります。

オワコンならば中止せよ。中止が嫌なら頭を使え。

 

以上、今回はノスタルジー社会をぶっ壊せってな内容でした。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 公務員

    「いい人」論|ホワイト上司がクソ上司に変貌する時

    「いい人」なんてのは架空の存在であって、現実にはい…

  2. 日々雑感

    ことわざや格言の欺瞞を暴く

    こんにちは、伴です。…

  3. 日々雑感

    コンプレックスは克服すれば、そのぶん強くなる。孫正義の生き様みてみろ。

    いつも思うんですけど、世の中コンプレックスに悩んで…

  4. 日々雑感

    郷愁を感じるとき。金沢での濃い思い出。

    郷愁を感じる時ってどんな時だろうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が嫌いな完全社会不適合者。

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済・社畜論。

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 
雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
アップル製品、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢の革靴。

 

【嫌いなもの】
公務員、クソ上司、クソ真面目な人。

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP