戦争を引き起こすのは、むしろ平和主義者どもだ

スポンサードリンク

soldier-390202_1280

 

2016年11月10日 合衆国大統領選を制したのは共和党のドナルド・トランプだった。

 

なんだかんだいっても最後はヒラリー・クリントンが勝つなどと下馬評で散々言われてきただけに、この結果には少しばかり驚かされた。予想外とまでいかないけど。私自身も、どうせ最後はヒラリー勝つって思い込んでただけにね。

おかげさまで、米国株式相場もどう動くか全くわからず、少々混乱したわ。

でも今日は相場や株の話は置いとこう。トランプさんが大統領になった後の日本の未来予想図。今回はこれだ。もちろん、良い話じゃない。

 

東アジアからの米軍撤退による影響とは?

新大統領ドナルド・トランプが作り出そうとする世界が、日本へ与える影響はいろいろあるけど、その中で最も無視できないのが、『東アジアにおけるパワーバランスの大変換』だろうな。

 

トランプさんの考え方をおさらいしてみよう。就任前の演説ではこんなこと言ってる。

「日米安保条約はクレイジーだ。 なんせ、他国がアメリカを攻撃しても日本はアメリカを助けなくてよい。なのに、他国が日本を攻撃したらアメリカは日本を助けなければならない。こんな欠陥条約は見直すべきだ。」
「日本は自分の身は自分で守れ。核武装してもいいから。」
「とりあえず、日本・韓国・サウジを守るには金がかかり過ぎる。いくら同盟国といえど、他国の防衛のためにアメリが大金を失い続けるのはクレイジーだ。再交渉してやる。」

もしトランプ氏が大統領就任後もこの意向を変えず、アメリカがこの方向に舵を切るなら、日本の防衛計画は根本的に見直さざるを得ないだろう。

 

他国になどこれ以上構ってられない、というアメリカ側の言い分もわからんではない。自国さえ良ければいいというスタンスは、アメリカ以外の国はどこも同じ。アメリカだけがボランティアしなければならん理由はないからね。

 

ここで問題になるのは、これまでアメリカにベッタリ頼り切ってきた国だ。特に、自国の防衛までをも全てアメリカに頼りまくってきた日本は、今後えらいことになると思われる。これまでのイージーモードが今後も続くとは思わないほうがいい。

 

日本の選択肢はぶっちゃけ2つしかない

防衛に関する日本の選択肢は、実際2つしかないと思っている。

 

1.土下座してでも、これまで通り米軍に駐留してもらう。

1つ目はこれ。東アジアの安定ないし日本の国防のために、在日米軍にはこのまま駐留してもらう。

 

しかしながら、これまでの発言を見る限り、トランプ氏は日米安保条約をフェアだとは考えていない。同盟国として相応の、フェアな負担を求めてくる可能性が高い。在日米軍駐留費の日本側の負担割合を増やせ。おそらく、ここんとこ突っ込んでくるんじゃないかな。タダ飯は許さんというわけだ。

 

もちろん、米軍駐留費に関しては日本側もこれまでかなり妥協してきた。が、「そんなもん知るか、こっちは命かけてる。嫌なら撤退する。」と言われれば終いだ。この件に関しては、日本側に主導権はないのだ。ヘタすれば、アメリカ側の負担額約55億ドルを全部日本が払え、なんてことにもなりかねない。

スポンサードリンク

 

まぁ、日本の米軍基地はアジアの中継地点でもあるので、完全撤退までは考えにくいけどね。が、トランプ氏はビジネスマンの顔を持つが故に、金の面を突いてくる可能性は極めて高い。

それでも、全額負担してでも米軍に駐留してもらうか? 国防のためにはやむなしと受け入れるか?日本政府にとっちゃ頭の痛いところだろう。

 

2.米軍にはお引き取り願う。国軍をつくり、ついでに核も保有。

個人的には、これが上策と考えている。長い目で見ればね。ただし、これにはかなりの痛みと苦労を伴うだろう。

 

これまでどおり軍事面はアメリカに外注する。確かに、これが最も手っ取り早い手段だ。金の工面だけなんとかすればいいわけだから。自国民の安全に関しちゃ、日本側の負担は無に等しいからね。もっとも、アメリカにとっちゃこれが気に食わない点なんだけどな。

 

一見、合理的で上策に思えるが、極めて危険な綱渡り状態だ。軍事面を全てアメリカに託すということは、アメリカのさじ加減1つで日本の運命が決まるってことでもある。今回のトランプ氏の件だってそうだ。大統領が変わるたびに慌てふためく。防衛計画も大幅変更しなきゃならん。ハッキリ言うが、その場しのぎの下策だ。薄すぎなんだよ。

 

我が国には自衛隊があるじゃないか、と言う人もいるだろうが、あんなもんは実戦では全く役に立たん。自衛隊とは、『いかに相手に勝つか』よりも『いかに法令に違反しないか』を優先する組織だ。ハッキリ言うが役場と変わらん。そう、公共サービスの無い役場だ。コンプラ遵守に熱心な役場の職員が、手段を選ばぬヤクザ相手に一体どうやって戦うというのか? 

日々国防ごっこして遊んでるこいつらを(真の意味で)国軍化するなど、口で言うほど簡単じゃない。無能な上層部を全てクビにするなど、やる事は山ほどある。途方もない時間がかかるのは想像に難くない。OK?

 

それよりも厄介なのが法改正だ。法改正に関しちゃ日本人はとことん神経質だ。気持ち悪いくらいね。特にややこしいのが、防衛的な要素が絡んだ時。「やめんか!んがー!」とすぐにいきり立ち感情的になりキチガイと化す。合理的思考は吹っ飛ぶ。それが自国の防衛のためであろうが関係ないのである。

別に彼らの脳内思考を理解しようとは思わんが、いざ戦争となれば自分の身に降りかかるんじゃないかと怖がってるだけであることは察しが付く。要するに、自分の事しか考えない超利己的なわけだ。よくいるだろう?義務を果たさず権利のみ主張する弱者ども。これだよこれ。

 

確かに戦争はダルい。自分や家族の身に降りかかるなんて超嫌だ。好きな奴なんているわけがない。だからこそ、そのダルい戦争を回避するためにも、法改正もして軍備も整えなくちゃならんのだ。おわかりか?

 

ガンジーみたく平和を訴え武器を捨てたところで、笑顔で殴り飛ばされ金を奪われるのがオチだ。逆に、武装しまくれば相手も怖がりケンカも売られない。これが現実だ。戦争を引き起こすのは、むしろ平和主義を掲げる薄い奴らなんだ。日本国民ってバカだから、そうは考えられないんだよね。

 

こんなこと言ってると、よく右寄り批判されるんだけど、私には右に寄ってる自覚はない。当たり前の事実を当たり前に言ってるだけ。思いっきり真ん中だ。

 

最後に

結論。日本は間違いなく1を選択するだろう。2を選べば国内がモメにモメまくるからだ。だいたい、それを乗り越える力も胆力も今の日本人には無い。

 

他国からケンカを売られたくなければ、大国になるしかないのである。本当の意味での大国になるには、とっとと国軍化して防衛などは自前で行わなければならない。これは必須だ。

 

でも日本人には無理。もしトランプ氏が否応なしに米軍を引き上げれば、可能性は出てくるだろう。結局は、それでも難しいだろうね。

 

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら