お金の話

お金の預け先、本当に大丈夫? その2

スポンサードリンク

前回の引き続きです。

 

・預金の敵 その4 日本国政府

 

日本国の現時点での借金は、約1040兆円です。

 

コレ、返済するの無理ちゃいますか?

 

下の図は日本国の税収推移です。

image

さすがアベノミクスというべきか、近年では税収が増えてきていますね。

しかし、それでも年間60兆円にも満たない額ですし、その税収全てを返済に充てるわけにはいかない。

借金完済するの、ハッキリ言って無理ですよね?

完済どころか増える一方です。

「いやいや、我が国の借金をみれば外国からの借入はほとんどない。借入先は日本国内だけだ。いざとなれば円を刷りまくれば完済できる。」

なんて事を平気で口にする方がいますが、それは暴論です。

外国からの借入分は少ないからといって、国内での借入を増やして良い理由にはなりません。

それに、たとえ円を刷りまくって完済できたとしても、一体どれだけ円の価値が毀損されるというのか。

諸外国からの円に対する信用もなくすことでしょう。

 

「国内における国民全員の預金総額は1600兆円あると言われており、その範囲内でなら国債を発行できる(借金増やせる)からまだ大丈夫。」

 

何が大丈夫なのかわかりません。

 

今現在、この膨大な借金の元本、少しも減らすことができていないんですよ?

1600兆円を越えれば、背水の陣をもって気合いで減らすとでも言うのでしょうか?

どう考えても無理ですよね?

1000兆円超の利払いだけでも相当な額だと思います。

そこからさらに、新たな国債の発行を控えた上で元本返済など現時点でもできていないんです。

 

では、座して財政破綻を待つしかないのか?

 

私は、おそらく財政破綻はないと見ています。

 

過去の例をみれば、財政破綻国家の特徴としては、借金の大部分が外貨建てであること。

外国からの取り立ては容赦がありません。

待った無しの外国への返済により、その国の財政は行き詰まるというわけです。

結果、財政破綻という流れ。

 

日本の財政破綻が考えにくい理由は、その借金の内訳のほとんどが円建てだからです。

いざとなれば、先ほども述べた通り円を刷りまくって借金を完済することも可能です。

しかし、倫理的にそれは無理。

 

そこで、財政健全化に向けて政府や日銀が今現在取り組んでいるのが、インフレ率2%目標。

そのための紙幣の大量発行です。

敢えて円の価値を下落させ、それによりマイルドなインフレを起こし、国の借金の実質額を緩やかに減らしていこうという試みです。

スポンサードリンク

そう、政府は借金返済のため、わざとインフレを創り出そうとしているのです。

残念ながら、私たちの円資産の価値を守る、なんてことには目は向いていないわけです。

 

 

実は、今まで述べたことなんて、まだまだ序の口です。

 

日本政府には、現在の借金をチャラにできる、もっと恐ろしい奥の手を持っています。

 

それは、

 

1.預金封鎖

 

2.財産税

 

3.新円切替

 

この3つの連続コンボ。

 

これは、膨れ上がった借金により、崖っぷちまで追い詰められた日本政府が最期に行う可能性の高い手段です。

 

どういう手段か?

 

まず、預金封鎖とは文字通り、口座からみなさんがお金を下せないように封鎖することです。

一円も下せないとなると困りますので、完全な封鎖ではなく、一日当たり引き出せる金額の上限は設けられます。例えば3万円までとか。

おそらく、ATMの前には長蛇の列ができることでしょう。

 

財産税とは、口座の残高に応じて課税するということ。

政府がこんな暴挙に走るような事態なわけですから、当然、重税でしょう。

引き下ろせない上に重税をかける。

これの措置だけで、ほとんどの国民の口座残高は激減することでしょう。

 

さらに、ここからとどめの一撃。

新円に切り替わります。

口座に残された円は紙くず同然と化すわけです。

ここで初めて、銀行口座は解放されます。

しかし、引き出せる円には何の価値もない。

見事なまでの国民の財産没収というわけです。

 

「こんな無茶苦茶な暴挙があるわけないだろ!」

 

そう仰りたい、認めたくない気持ちはわかります。

 

ですが、ここで申し上げたことは、日本が過去に実際に行ったことです。

 

太平洋戦争敗戦後、戦費のためとはいえ後先考えない放漫財政が生み出した膨大な借金の返済手段として。

 

日本国は、他国に対しての借金を踏み倒したことがない。

 

そう誇らしげに語る方がいらっしゃいます。

 

それは、日本国政府が国民への借金を徹底的に踏み倒し、その浮いた分を他国への返済に充てただけのこと。

 

他国に対し真面目に借金を返済できたのは、当時の国民の多大なる犠牲があったことを忘れてはいけないと思います。

 

日本人って、現金に対して過剰に信頼を置きすぎてるように感じます。

 

円を過剰に信じるということは、日本政府を過剰に信じるということ。

 

しかし、歴史を見る限り、日本政府は決して国民の味方ではない。

 

今一度、冷静に考えてみるのも得にはなれど損にはならないと思います。

関連記事

  1. お金の話

    「持ち家派vs賃貸派」という虚しい比較論争にそろそろケリをつけようか

    住処なんてのは所詮、自己満足に過ぎないと考えます。…

  2. お金の話

    「お金は汚い」などと不労所得を否定するオトナの言い分を代弁してみる

    つくづく思うのが、日本人の現金信仰は強烈だというこ…

  3. お金の話

    セブン銀行を使えば年間1万円は節約できる。理由はATM手数料とnanacoポイント。

    以前まで三井住友銀行をメインバンクにしてたのだが、…

  4. お金の話

    「お金をもらう側」から「自分で稼ぐ側」へのスタイル変換

    「社畜」とは、仕事をこなすだけで固定給が振り込まれ…

  5. お金の話

    家計管理を嫁に丸投げとか、リスキーすぎる話

    こんにちは、ファイナンシャルブロガー伴です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP