スポンサードリンク

 

僕はメインバンクを三井住友銀行にしている。ローソン・セブンのATMにも対応してるのは、とてもありがたい。取引先も三井住友銀行が多いので、振込手数料フリーなのも嬉しい。何よりアプリが使いやすい。申し分ない銀行だと思っている。

 

ところが先日アプリ自体に不具合があり、アカウント停止処分まで受けた。復活するのに相当ダルい思いをさせられ、今じゃ不信感しかない。

 

メガバンクの融通性の低さには非常に考えさせられるものがある。デカいと快適は別物だ。

 

今回は三井住友銀行アプリは欠陥だってことを書いておく。メインバンクにしてる方は気をつけてもらいたい。

 

 

パスワードカードの欠陥

昨年あたりから、三井住友銀行はセキュリティ強化の一環でパスワードカードアプリを導入した。

三井住友パスワードカード

 

パスワードカードアプリを開くと、6桁のワンタイムパスワードが表示されるのだが、ウェブ上で新規の宛先に振り込むには、このワンタイムパスワードの入力が必要となる。

 

ワンタイムパスワードはユーザー目線では作られていない

とにかく、ワンタイムパスワードは使いにくい。パスワードの有効時間が短すぎる。1分。1分経過すれば暗証番号はランダムに変えられてしまう。振り込むには1分以内に入力を済ませ決定ボタンを押さなければならない。

 

これでは、ユーザー側に負担がかかるのではないか。両アプリを立ち上げるだけなので、僕なら1分もあれば十分だが、トロい人には煩わしく感じるはず。

 

そもそも、なんで振り込むだけで焦らなきゃならない。

 

ワンタイムパスワードの問題点

ただセキュリティ上、暗証番号が強化されるのは悪いことじゃない。ワンタイムパスワード化することで、悪意ある第三者のログインが難しくなるからだ。

 

じゃあ何が問題なのかというと、僕の場合、キャッシュカードアプリとパスワードカードアプリが連携できていなかったことだ。僕自身が振込できなかった。これは重大問題だ。パスワード入力欄にワンタイムパスワードを入力しても認証されない。一体どういうことか?

 

ヘルプデスクに問い合わせたところ、パスワードカードアプリとキャッシュカードアプリの時間にズレが生じてる可能性があるという。この時点で意味がわからない。

 

僕『急いでるんです。早く振り込めるようにしてもらえませんか?』

ヘルプ『一度アプリを削除してください。再度インストールして再起動していただければ、大丈夫ですよ。』

 

その通りやるも上手くいかない。同じ手順でもう一度試してみるが、やはり上手くいかない。

 

しかも、今度はなんとキャッシュカードアプリ自体にログインできなくなってしまった。どうやら、ワンタイムパスワードを一定回数間違えてしまったようだ。

スポンサードリンク

 

大変だったのは、ここからだ

指示通りに従ったにもかかわらず、アカウント無効とはどういうことだ。もう一度ヘルプデスクに問い合わせ、さっきの姉ちゃんに取り次いでもらう。

 

振込期限が迫っている。どうしても急がねばならない。僕は気が長い方だが、この時ばかりはキレかけていた。言いたいことをグッとこらえながら、どうすれば良いかと聞き直す。

 

ヘルプ『お近くのk三井住友銀行窓口に直接お伺いしてください。こうなってしまった以上、お電話では解除できません。本当に申し訳ございません。』

 

やっぱりそうなんだ。最悪だ。

 

最寄りの三井住友銀行に行った結果

その後、時間の都合がついたので最寄りの三井住友銀行に行った。とっととログイン停止を解除してもらおう。

 

受付で事情を話し、言われるがままカードと免許証を渡す。すぐさま解除してもらえると踏んでいたのだが、ここでも甘かった。どうしても印鑑が要るという。

 

受付『こちらの書類に住所とお名前を書いていただきまして、押印していただかないと、アプリの停止解除はできかねます。』

 

これしきのことで印鑑が要るとは思わなかった。

 

駐車違反まで切られる

僕はかなりイラついていた。これ以上時間を無駄にしたくない。

銀行の受付の方にも、『印鑑が要るのはあんたらの都合で、僕には関係ない。今すぐアプリを使えるようにしてくれ。』とえらく噛みついてしまった。受付の姉さんも困り果てていた。

今思えば、もっとマシな対応ができればよかったと思う。

 

銀行相手に僕の身勝手な要求が通るわけもなく、しぶしぶ帰途につく。銀行前に路駐してた車に乗り込んだ。

 

すると、全面の窓に見慣れない黄色いシールが張り付けてある。

 

 

なんてことだ。15,000円の罰金か。

 

メインバンクはネット銀行のほうがいい

三井住友銀行をメインバンクにしてる方は多いだろうが、振込する際にはパスワードカードの扱いに気をつけたほうがいい。ワンタイムパスワードが突然機能しなくなることがある。

 

一定回数間違えれば、僕のようにアプリにログインできなくなる。解除するには、印鑑持ってわざわざ店舗に出向かなければならない。メガバンクは、しょっちゅう振込む方にはリスクが大きい。

 

そこで、僕がおすすめするのがネットバンクだ。僕自身、サブとしていくつかのネットバンク口座を持ってるのだけど、ワンタイムパスワードなんて煩わしいものがないので三井住友銀行よりも使いやすい。手数料だって他のメガバンクに引けを取らないものもある。

 

そのうち、各ネットバンクの特徴、メリット、デメリットなどをまとめてアップしていこう。

 

スポンサードリンク