自動車税は電子マネーnanacoで払おう。節税対策にはセブンカードプラスが必須な理由。

スポンサードリンク

 

ここ2年ほど僕は自動車税を現金で払っていない。僕の車は1800ccなので毎年39500円の自動車税がかかるのだけど、貯めたnanacoで全額賄えるため、そもそも現金を出す必要がない。税金はnanacoで支払えるのです。

 

nanacoを貯めることが究極の節税だ。しかも誰でもできる超簡単な節税方法。

 

今回は節税という観点から、いかにnanacoポイントを貯めるか、その手法などを書きます。nanacoに関する全てはここに集約しましたので、とりあえず長文です。

nanacoの重要性を解説

今はいろんな電子マネーが溢れていて、代表的なのは、nanacoポイント、Tポイント、楽天Rポイント、dポイント、WAONあたりだろうか。

 

電子マネーを使った囲い込みは今や群雄割拠状態だが、その中でも僕が最強と考えているのが、セブン&アイ・ホールディングスのnanacoポイントだ。その理由を述べます。

 

nanacoとnanacoポイントの違い

nanacoは知ってるけど、nanacoポイントとの違いがよく分からない。こういう方って結構いらっしゃるので、まずは簡単に解説しておこう。電子マネーとポイントの違いだけは押さえてもらいたいので。

 

nanaco

nanacoは電子マネーだ。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブングループ内であれば、現金同様に使える。nanacoカードさえ持ってれば、セブン銀行ATMやレジカウンターで1nanaco=1円で簡単に交換できる。

 

nanacoポイント

nanacoポイントとは、電子マネーnanacoを使うごとに貯まるポイントだ。例えば、セブンのカウンターコーヒーは100円だが、これを現金ではなく100nanacoで支払えば、1ポイント貯まる。これがnanacoポイントだ。貯まってる時点ではあくまでポイントであり電子マネーではない。電子マネーnanacoに変えるにはnanacoサイトで行うか、レジでお願いすれば簡単にできる。

 

nanacoもnanacoポイントもほとんど同じ。貯めるのはnanacoポイント、使う場合はnanaco。違いといえばそれだけだ。難しく考える必要はない。

 

なぜnanacoポイントが最強か

どのポイントが最強かは人によって好みが分かれるところだが、節税という観点ではnanacoが最強だ。これは間違いない。

税金が支払えるのはnanacoしかないからだ。自動車税や固定資産税など税金の納付書は、セブンイレブンのレジで普通にnanacoで支払える。他の電子マネーやポイントではあり得ないことだ。いずれは他社の電子マネーでも税金を支払えるようになっていくのだろう。が、現段階ではnanacoしか対応していない。これが、僕がnanacoを最強の電子マネーと考える根拠だ。

 

nanacoは貯めるべき。買い物はもったいない。

nanacoが貯まったからといって、しょーもない買い物で使うなど言語道断だ。弁当買ってお得に感じるとか論外。ここはじっと我慢し、来るべき税の支払いまで備えなければならない。

 

僕は、nanacoポイントを買い物で使うことはまずない。自動車税の通知が来るまで、1年間ひたすら貯め続けている。その成果が年間40000nanacoポイントだ。

 

nanaco貯めるには2種類のカードから

nanacoポイントを貯めるには当然専用のカードを作らなければならないのだが、カードにも2種類ある。

 

nanacoカードを発行してもらう

nanacoサービスのロゴ nanacoサービス

nanacoカードはセブンやイトーヨーカドーで簡単に発行してもらえる。発行手数料300円かかるが、カード残高に300nanacoがもれなくつくので実質無料だ。

 

このnanacoカードに現金をチャージしセブングループ内で使っていけば、100円あたり1nanacoポイントが貯まっていく。還元率は1%と決して悪くはなく、セブンイレブンやイトーヨーカドーのヘビーユーザーの方であれば、気づけばそこそこ貯まっているはずだ。

 

セブンカードプラスを作る

nanacoサービスのロゴ nanacoサービス

セブンカードプラスというのは、セブン&アイ独自のクレジットカードだ。セブングループ内に限らず、どこで何に使ってもnanacoポイントを貯めることができる。ただし、還元率はショボい。たかだか0.5%しかつかない。セブンカードプラスで1000円使ったとしても、たったの5nanacoポイントしか貯まらない。

 

ところが、セブングループ内でこのクレジットで支払えば、200円ごとに3nanacoポイントと、還元率は3倍に跳ね上がる。1000円使えば15nanacoポイントで、還元率は1.5%というわけだ。nanacoカードの1%よりも還元率は格段に優れている。

 

セブンカードプラスはnanacoカードに勝る

効率よくnanacoポイントを貯めるには、nanacoカードよりもセブンカードプラスだ。その理由を解説する。

 

ポイント貯めるならセブンカードプラス

セブンカードプラスが、nanacoカードよりも還元率が勝る理由はもう一つある。見逃せないポイントだ。

 

例えば、一月間に250円の買い物を8回繰り返したとしよう。

nanacoカードであれば100円につき1ポイント貯まるので、250円の買い物だと1回あたり2ポイント貯まる。一月間に8回繰り返すとなれば、貯まるポイントは計16ポイントだ。

ところが、セブンカードプラスであれば一月間の合計金額がポイント加算の対象となる。一月の合計が250円×8回=2000円であれば、貯まるポイントは2000÷200×3=30ポイント、となる。

 

同じカードにも関わらず、還元率はこうも違うのだ。どう考えても使うのはセプンカードプラスしかない。

 

セブンカードプラスでnanacoをチャージするメリット

クレジットカードであれば、ほとんどのカードでnanacoカードに現金をチャージすることができる。ただし、注意が必要だ。チャージするにも、カードによってはポイントがつかないものもある。

 

例えば、あるクレジットカードで3000円をnanacoカードにチャージしたとしよう。nanacoカードには無事3000円分の電子マネーがチャージされるが、クレジットには3000円の請求がつく。請求はつくが、その3000円にはクレカのポイントはつかない。単なるチャージとみなされるからだろう。

スポンサードリンク

 

ところが、セブンカードプラスであれば、nanacoカードに3000円チャージしたとしても、チャージ代の請求にもしっかりポイントがつく。還元率は0.5%と大したことないが、チャージするだけで15nanacoポイントがつく。微々たる差だが、積み重なれば大きい。他のカードにはないメリットだろう。

 

セブンカードプラスはnanaco一体型を選ぼう

電子マネーnanacoを使うには、nanacoカードが必要になる。いくら還元率が優れるといっても、nanacoカードとセブンカードプラスの両方を財布に入れるのは少々煩わしい。

 

でも心配ない。セブンカードプラスには『nanaco一体型』といってクレジットとnanacoカードの両機能が備わったタイプがある。一体型を選んでおけば、クレジットカードとnanacoカード両方持つ必要はない。

セブンカードプラス

 

他にもnanaco紐付け型というものがあるのだが、これは純粋なクレジット機能しかないタイプだ。nanacoを使おうと思えば別にnanacoカードを持つ必要があるため、特にメリットは見当たらない。ここは迷わず、nanaco一体型を選んでおこう。

 

他のクレジットポイントをnanacoに集約させよう

nanacoと互換性のあるポイントは結構多い。

nanacoポイント交換提携先一覧

TポイントやRポイントなどメジャーどころとの互換性はないが、それでも提携先は多いといえるだろう。

 

僕のオススメはセゾンの永久不滅ポイントだ。

永久不滅ポイントは1ポイント=5円。nanacoとの交換レートは、200永久不滅ポイント=920nanacoポイントとなっている。普通に交換するだけでは8%ほど割が悪い。しかしながら、セゾンはnanacoポイント交換キャンペーンをしょっちゅう行っており、キャンペーン期間中だと交換レートは200永久不滅ポイント=1020nanacoポイントまで跳ね上がる。

 

このキャンペーン期間を狙えば、通常よりもお得に永久不滅ポイントをnanacoに交換できる。

 

年間40000nanacoポイントを貯める、僕のクレカ活用法

僕は毎年、40000nanacoポイント以上貯め続けている。普通の人が普通に使うだけでは、おそらく40000ポイントもは貯められないだろう。ここからは、貯めるためのコツを書いておく。

 

支払はすべてクレカ決済へ

まずは、支払の全てをクレジットカードに切り替えることが重要だ。現金を現金のままで支払っていてはポイントなど貯まらない。どんな細かい支出だろうが支払は全てクレカを使うことだ。

 

僕の愛用クレカは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードだ。

セゾンゴールドのロゴ セゾンゴールド

 

ポイントは永久不滅ポイントで還元率は0.75%。還元率という面では、楽天カード・オリコカード・dカード(還元率1%)に見劣りするが、これらのカードのポイントではnanacoに交換できない。nanacoポイントへの交換を考えるなら、永久不滅ポイントが最善だろう。

 

気になる点は、年間1万円の年会費だろうか。ゴールドカードなので当然なのではあるが。

ただし、年会費に見合うメリットはある。旅行する際には手厚い保証がつくし、空港ラウンジをタダで使えるなどなど、様々な特典がある。フルに活用すれば年会費は気にならない。しかも、アメックス会員限定の特典も使えるので年会費など取り返して余りある優れものだ。

 

まずは、公共料金や携帯料金など固定費の支払を、このカードに集中させることだ。これだけで永久不滅ポイントはガシガシ貯まっていくだろう。

 

食料品の買い出しはイトーヨーカドーか西友に集中

食料品の買い物はなるべくイトーヨーカドーでなければならない。コンビニならセブンイレブンだ。還元率1.5%を鑑みれば、ここは譲れない。

 

西友もアリだ。西友はセゾンカードとの提携を強めているため、お得に永久不滅ポイントを貯めることができる。西友は、セゾンのクレカで支払えば5%OFFの日を定期的に設けているのだが、この日に狙いを絞れば、5%OFFの上に通常通りの還元率もつく。かなりお得だ。

 

ガソリンは必ずエッソ・モービル・ゼネラルを利用する。

給油の際にもnanacoポイントは効率よく貯めることができる。セブンカードプラスで支払えば、どこのガソスタでも0.5%の還元があるが、それでは甘い。給油でも1%を越す方法を示しておく。

 

ガソリン代もnanacoで支払わなければならない。nanacoが使えるガソリンスタンドは、エッソ・モービル・ゼネラルだけだ。ここ以外利用してはならない。

エッソ・モービル・ゼネラル 給油でも洗車でもポイントが貯まる

まず、セブンカードプラスでnanacoにチャージをする。この時点で0.5%のnanacoポイントを受け取ることができる。例えば4000円チャージしたとすると、それだけで20ポイントが手に入る。

その4000円分のnanacoはエッソ・モービル・ゼネラルで使う。給油代をnanacoで支払えるのはエッソ・モービル・ゼネラルだけ。ここで給油すれば、さらに1ℓにつき1nanacoポイントが再び手に入る。ガソリンレギュラー1ℓあたり120円とすれば、4000円の給油量は33ℓなので33ポイントが発生する。

 

チャージした際の20ポイントとの合算で計53ポイントだ。4000円あたり53ポイントとなれば、還元率は1.3%。悪くない数字だ。

 

まとめ

自動車税を全額nanacoで賄うには、年間40000ポイントは必要だ。

ただし、普通にセブンカードプラス使ってるだけではそこまで貯まらない。

40000ポイント貯めるには、日常の支払いすべてをnanacoに結びつけなければいけない。まずはnanacoポイントを貯める。次にnanacoと親和性の良い永久不滅ポイントを貯めることがポイントだ。

 

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら