スポンサードリンク

 

高配当銘柄で固めた配当再投資戦略をとっていたが、2年ほど前から徐々に成長株へとシフトしてきた。

2年前と今現在の僕のポートフォリオでは全くの別物だ。

なので今回、改めて現在の保有銘柄をここに挙げてみたい。

あわせて僕の銘柄選択基準なども語ってみよう。

 

以前のシーゲル流投資法

以前の保有銘柄は

エクソンモービル【XOM】
フィリップ・モリス【PM】
ジョンソン&ジョンソン【JNJ】
プロクター&ギャンブル【PG】
コカコーラ【KO】
マクドナルド【MCD】
キンダーモーガン【KMI】
ゼネラルミルズ【GIS】
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド【ADM】
アメリカンエクスプレス【AXP】
スターバックス【SBUX】
IBM【IBM】
ウォルト・ディズニー【DIS】
シェイク・シャック【SHAK】

そうそうたる老犬銘柄だ。

これらに定期的に資金を放り込みつつ、配当を4半期ごとに再投資し続ければそれでよし

株価は徐々にでも上がれば尚良し、との安パイ戦略をとっていた。

別にコレが悪いわけじゃなく、10年も続ければ資産額はそれなりに増やせるのは間違いない。
リーマン級のクラッシュがなければ

当初の投資方針がブレないのは、決して悪いことじゃあない。結果として総資産額が増えていれば、それでいいじゃないか

投資なんてのはそういうもんだ。

 

現在の保有銘柄

とはいえ「老犬銘柄の鬼ホールド+配当再投資」やるのであれば、ダウ指数・S&P指数買い=インデックス投資とさして変わらないわけで。

スポンサードリンク

どうせ個別株投資するのなら、リスクとって株価上昇を狙うのが株式投資の本道に思う。配当はあくまでオマケだ。

さて現在の保有銘柄だが、

コカ・コーラ【KO】
HDFC銀行【HDB】
OKTA【OKTA】
マイクロソフト【MSFT】
VISA【V】
セールスフォース【CRM】
サービスナウ【NOW】
グーグル【GOOGL】
アマゾン【AMZN】
10 チポトレメキシカングリル【CMG】
11 エドワーズライフサイエンス【EW】

共通項はコーラのみだ。それ以外は全て入れ替えている。

成長株投資といっても、MSFT・V・AMZN・GOOGLがあるように多少イモ引いてるのは否めない。

小型の成長株で埋めるのもいいが、株価チェックは日頃あまりしないほうなので抵抗がある。

が、株価上昇による資産額向上を狙うにあたり、これくらいが僕にとってはちょうどいいと思っている。

ちなみに、スターバックス【SBUX】とシェイクシャック【SHAK】を売り払ったのは痛恨のミスだった。

 

成長株の銘柄選択基準

僕の銘柄の選択方法は単純だ。

株価が上昇トレンドにある
決算内容がアナリスト予想を上回り続けている
EPSの伸び率が前年同期比30%以上増加

全部満たすような銘柄はなかなか見当たらないが、銘柄を入れ替える際はこれら3点常に見ている。

成長株投資にあたっての参考図書はこの1冊で十分かもしれない。

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)

ウィリアム・J・オニール
4,180円(10/23 13:44時点)
発売日: 2011/04/15
Amazonの情報を掲載しています

当ブログでも何度も紹介しているオニールの名著だ。

決算内容の見方からチャート分析、銘柄のスクリーニング方法まで網羅されている。

スポンサードリンク