スポンサードリンク

 

「公務員」から転職する人って、どれくらいいるのだろうか?

安定を捨ててまで向かうのだから、よほどの事情があるのだと思う。

人生を賭けるに足る「目的」があるのか。組織に嫌気がさしたか。あるいは悪さして懲戒免職くらったのか、大バカ野郎か。

いずれにせよ人生の一大転機なわけだが、元公務員から企業勤めに変わると、そのギャップに悩むケースが多いと思われる。

じゃあ、そのギャップとは一体なんだろうか。

今回は、公務員から転職をお考えの方へ少しばかりアドバイスしてみたい。

あまりおらんとは思うが、参考にしていただければ幸いだ。

 

スキルがない

「公務員」という肩書きは最強の身分保障だが、それは現役時までのこと。

いざ組織から出れば、肩書きと経歴は完璧に消え去る。ゼロだ。

リセットされてはじめて、周囲にはある武器が自分にはないことに気づかされる。徒手空拳でのリスタートという現実を、嫌でも突きつけられる。

公務員の仕事は特殊で、社会で横展開できるような代物じゃあない。

基本的には「上級者から与えられることを忠実にこなす」ものばかりで、肝心の「生産性」への意識は元公務員には薄いと思われる。

民間に転職するとなれば、この感覚のままでは正直辛い。やっていけない。状況は官公庁とは180°違うのだ。

 

まず仕事が降ってこない

 

公務員であれば鼻ほじって早退すれば済む話だが、一般社会でそれすると給料が減るだけ。

仕事がなければ、自分でつくり出さなきゃならない。稼ぐには、自ら仕事を取りにいく。

もちろん、与えられた事やれば済む仕事もある。結構ある。だがその手の仕事は大概低収入だ。

年収約250〜350万が相場だろうか。400万あれば御の字だが、この所得水準は公務員時代の半分でしかない。

年収500万より上を目指すとなれば、「自ら取りにいく」類の仕事でなければ難しい。

「サバンナの大草原で餌を取る力」といえばわかりやすいだろうか。動物園生活の長い公務員には、この能力が身についていない。

 

お金を稼ぐ経験が積めない

与えられた仕事を真面目にやるだけで、毎月定額が振り込まれる。やらなくても振り込まれる。

新人のうちは年収200万円代と安いが、10年続ければ年収500万だ。定年時には700万円は下らない。

それはまるで「天からお金が降ってくる」かのような感覚だ。

銀行融資もあっさり通る、将来計画も立てやすいと、特権階級そのものの待遇だが、

公務員を辞めるとなれば、この感覚からは抜け出す必要がある。

 

そんなことはわかってる

 

そう、誰でもわかってる。だが頭で理解するのとマインドで理解するのは違う。長年染み付いた価値観は、そう簡単には消せるものじゃない。

スポンサードリンク

僕も国家公務員を辞めたクチだ。ここだけの話だが、実は辞めてから半年ほど引きずっていた。

「天から金が降ってこない」ことに、強烈な違和感と不安を感じていた。

1年経ち、やっと消せたかな??というのが正直なところだ。

金は天から降ってこない
金は商品と引き換えにいただくもの
商品とは社会に対する価値提供

この(当たり前の)感覚に至るに、「洗礼」を受けることになる。その「洗礼」はなかなかに厳しく、洗礼の前に多くの人は諦める。

挫折するのは、「自力でお金を稼いだ」との成功経験がないからだ。オリジナルの商品をつくり、それを売った経験が無いからだ。

たかが1円でも自力で生み出すような経験、公務員の環境で積むのは難しい。

 

公務員は失敗経験が不足している

得意なことは何か?苦手なことは何か?自分の得手不得手を棚卸しできる人は少ない。

社会に出れば「うまくいく」よりも「失敗する」ほうが多いわけだが、仕事で成功するには、苦手を切り捨て得意を伸ばすことにある。

一方、公務員は「得意・不得意すべてを平準化する」のが求められる。

ある分野に天賦の才があったとしても、(君こっち苦手だろ?克服して。将来のために。)と、あっさり部署異動だ。全方位的にそつなくこなす能力が求められる。

さらに公務員には失敗がない。

「業務上のミス」や「表彰逃して悔しい」なんてのは失敗の範疇ではなく、「受注を失う」「顧客を失う」「商品が売れない」といった、明日の稼ぎに直結するのが失敗だ。

この手の失敗経験は、公務員では経験できない。

 

人間関係面でつまづく

公務員の経歴をもっていると、それだけで周囲からは奇異の目で見られるもの。

僕は、公務員は基本的に「いい奴」が多いと思っている。民間だと、善人から悪人まで様々だ。尊敬できる人からコスい奴までと、まぁ色んな価値観にあふれている。

とくに低レベルな会社に入ると、元公務員というだけで周囲からは勝手な先入観をもって見られる。

となると、普通の人間関係構築は期待できない。

僕はあほらしくなったんで、勝手な先入観で人判断しない別会社(経営コンサルティング会社)に転職した。

 

まとめ

以上4点を挙げたが、これらはあくまで僕の経験上のハナシだ。元公務員であっても、もっとスマートに決めてる人もいることだろう。

だが僕のように不器用なタイプ、不器用なくせに夢・野望に溢れているタイプは、上記と同じような体験されるのではないか?とも思う。

とまぁ散々ネガティブなことを書いてきたが、最後に僕の確信を。

元公僕だろうが、人生リスタートしようが、もがけばなんとかなる。

 

スポンサードリンク