スポンサードリンク

 

「社内政治」が出来るのも実力のうちなのは認めよう。

政治が出来る・出来ないでは、社内における評価がまるで違うから。「頑張る」や「能力」では埋められないサラリーマンの差が、まさにコレである。

俗人的な要素から能力値まで、全てをひっくるめての総合力が、その人の実力だと僕は考える。

残念ながら、という人間には、この「社内政治」の才能は皆無だ。

いや政治どころか、「社内での人間関係を構築する」センスすら欠けているという、我ながら笑うしかない状況である。

「円滑」にしようと、一応努力はしているが、それ以上はどうにも無理。

とはいえ、サラリーマン社会ではこのへん達者な人が結構いており、彼らは上司や内勤の女性相手に愛想をまくことができる。

クールな話術で、相手の心を自在に掴むことができる。

それに踊らされキャーキャー集まる雌ブタ職員、関係上司と同僚連中。

この手のシーンに立ち会うたび、僕は一人取り残されたような感覚に陥る。

居場所を取り上げられたような、変にソワソワして居心地の悪いあの感覚だ。周囲からは無いもの扱いされてるような、苦々しいアレだよアレ。

 

虫酸が走る

 

書いてる今も吐きそうだ。

 

社内政治できないタイプ

今の会社、仕事面はそれほど悪くはないが人はクソである。

男はカッコつけの気取り屋が多く、女はやたらお高くとまっている。もちろん、全員がそうではないが、とりあえず誰とも話が合わない。

一方、僕は常に誰に対しても真正面から本音でぶつかるタイプで、クールな彼らとは完全に真逆だ。

それが気取り屋連中の目にはクソダサいものと映るようで、最初は快く接してくれた人たちも、徐々にフェードアウトしていった。

僕のほうも、そんな相手さんには興味が消えており、今やどうでもいいと。

 

なんで、いつもこうなる?

 

なぜ、僕は彼らと同じように振舞えないのか。合わせられないのか?

と真剣に考えてみたところ、それはやはり僕の「育ち」「遺伝」に原因があるのではないか、と思うに至った。

僕は四国の片田舎の生まれだ。

スポンサードリンク

高校卒業まで田舎を徘徊しており、おまけに大学も地方のど田舎であると。

 

要はサル

 

素朴で不器用な「山猿」だ。

親父はバリバリ職人気質の技術者で、母親は筋金入りの農家の生まれとくれば、遺伝的にも、どうにも垢抜けようがないわけで。

ちなみに、母方のじいちゃん(故人)はかつて、畑・田んぼ・山2つを所有しており、子供の頃は「しいたけ栽培」に駆り出されたものだ。

都内で育った人や、大阪の商人気質の家庭で育った連中とは、根本的に「人種」が違うのである。

山猿がいくら取り繕うと背伸びしようと、彼ら都会育ちのようには絶対になれない。

クールに振る舞うことはできないし、そこに近づけもしないと思う。

「育った環境」「遺伝的な要素」

この2点を塗り替えるのは、まず不可能だ。

 

与えられた武器で今を戦え

というように、社内における僕の人物評価は低い(と思われる)わけだが、実は、

あまり気にしてない。ネタとして書いてるだけだ。

そもそもここで長く勤めようとは思っていないし、何より、革新性のない今の経営とここまで閉鎖的な社風じゃ、先細り確定だし。

はっきり言うが、僕個人のクライアントが拡がれば、ここに用はない。

だから、社内の人間関係どーでもいいんである。

とはいえ、社内の連中に多少の嫉妬があるのは確かだ。現に胸糞悪い時も多々あるよ。

だからといって、彼らのようになりたいとは思わないし、劣等感なんてカケラもない。

言っておくが、社内での人気投票とクライアントからの評価は全くの別物だ。

そして、彼らに有って僕に無いものよりも、彼らに無く僕に有るものの方が圧倒的に多いのは、僕自身よく知っている。

社会性が高いだけの、つまらん連中だ。

常に物事の表面部分しか見ておらず、裏側にある本質部分には全く気づかない。いや気づかないところか、都合の悪い情報はシャットアウト。

アホだ。

アホだから、自分の無知に気づかない。

それを知ろうと学ばない。勉強しない。

そして、挑まない。

紳士を気取りたきゃ、死ぬまでやればいいと思う。お高くとまった女は、そのまま生きていけ。

行き着く先は、過去のプライドにしがみつくだけの、何の価値もない哀れな年寄りだ。

 

スポンサードリンク