スポンサードリンク

 

とあるカウンセラーさんを1週間ほど経営支援してたのだけど、

残念ながら、

翌週には飛んでたという話。

支援内容ってのは、

・ウェブ屋を介してのHP作成
・チラシ作成とその配布計画
・(必要があれば)営業代行

といった、まぁ基本的な販促活動。

すり合わせもマメにやってて、さあこれからね!って時に音信不通という。心配なので、借店舗に2度行ってみたがもぬけの殻。

ちなみに料金システムは後払い。代金もらい損ねた。

でもまぁ…個人さん相手だと、この手のケースはたまにある。

 

投げ出すタイプとは

いうまでもないことだが、取引が成立してる以上、相手に一言もなく逃げるのはよくない。

(やっぱり無理だ…)

事業を経営するとなれば、心が折れることもあるだろうが、

自分から風呂敷を広げたのであれば、せめてね、逃げる前に一言、取引相手に伝えるべきだろう。

とはいえ、現状上手くいってない彼の経営が、いくら販促かましたところで、今後劇的に変わらないであろうことは最初からわかっていた。

・投資資金が少なく、部屋も素人くさい
・ターゲット層と商圏が値段的に合っていない
・競合分析が皆無(というか興味なし)
・「スピリチュアルを絡めたカウンセリング」→商品がよくわからない
・立地をテキトーに選んでる

これが難しいのは、誰でも秒で気づくはず。

だから事前に「本当にビジネスでやるつもりですか?」「並々ならぬ努力と時間が必要ですよ?」と何度も意思確認した。その上で請け負ったわけで。

一番引っかかったのは、そうした環境的な要素よりも、むしろ彼の「人間的な面」にある。

カウンセラーとして必要な経験が、彼にはすっぽり抜けている。

 

カウンセラー業の資質とは

人となりが悪いわけじゃない。

むしろ彼はカウンセラーらしく物腰柔らか。そして誰に対しても優しい。ボンボン臭いけど、まぁ「良い奴」である。

スピリチュアル方面のことは僕は知らないが、問題に感じたのは、カウンセラー業やるにあたっての彼の動機だ。

悩める人を1人でも多く救いたい!

と高尚な志だが、純粋さと憧れだけでやっていけるほど、カウンセラーの起業は甘くない。

スポンサードリンク

カウンセラーの対象顧客は「悩み」「苦しみ」を抱える人のはず。暇つぶしや気まぐれでカウンセリング来る人なんていやしない。

今がどうしようもなく辛い。
どうしたらいいかわからない。
打ち明ける相手もいない。

辛い気持ちを自分で消化できないから、人はカウンセリングに駆け込み、安くはない代金を支払うのである。

それで救われたと感じるから、「この人なら、自分をなんとかしてくれるかもしれない」と感じてもらえたから、室の評判が上がり、リピートも増えるという仕組み。

つまり、カウンセラー業は、悩める顧客心理にどこまで寄り添えるかがキモということだ。

上っ面のスキルや会話テクニックだけでは、相談者から信用されないし、また来たいとも思われない。

 

自分自身がどん底に落ちて這い上がる経験を踏まなきゃ、本物のカウンセラーにはなれない

彼の人間力では顧客心理に寄り添うことはできない。これが、彼がカウンセラーとして上手くいかない一番の理由だ。

現に、僕が入る以前から経営は上手くいってなかった。

僕からみて彼の人生は、これまで比較的順風満帆のように思えた。悩んだ経験や苦しんだ経験が圧倒的に不足している。

もちろん彼からすればこれまで十分苦労したつもりだし、悩んだ経験などもいろいろ聞かされた。

でも結局は、そのどれもが途中で投げ出したり、どうしようもない時は親親戚に助けてもらっている。

そんなものは苦労とはいわない。

どん底のどん底に叩き落とされ、そこから這い上がるべく、死に物狂いで手探りしながらもがき苦しみ、

死にたくなる気持ちを抑えながら粘り強く継続し、やっとこさ一条の光明を見つけ出す。

そこからさらに努力を重ねて、なんとか這い上がる。

辛いことを自力で乗り越えた経験があってはじめて、人は他人の気持ちに寄り添えるようになる。

経験があるからこそ、言葉の一つ一つに重みができる。その言葉に他人は素直に耳を傾けるのである。

今回廃業したことに対し、彼がどんな気持ちでいるかはわからないけど、

もし今挫折感や敗北感に苛まれているのであれば、その経験を今後の成功に活かしてもらいたいものだ。時間という天才的マジシャンが、きっと全てを解決してくれる。

とはいえ単に海外旅行行ってて、いつのまにか再開してた、みたいなオチかもしれないけど。それはわからない。

 

スポンサードリンク