働き方

人が不安になる理由と、それを克服する方法

スポンサードリンク

 

人が「不安」を感じるのは、環境に何かしらの「変化」があった時だ。

ここでいう「変化」とは、日常ベースでの些末な出来事の変化ではなく、これまで「日常」であり「ごく普通」だと思っていたものが大きく崩れ去り、先が読めなくなるほどの変化である。

それほどの大きな変化に見舞われると、往々にして人は大きな不安に襲われやすくなる。

 

「最悪の未来」とやらは、あくまで想像上の産物である

不安とは、いわば「変わること」に対して抱く「危険予測」だともいえるだろう。

未知の環境に身を置くと、人は楽観よりも危険回避の意識のほうが強く働くものだ。

たとえば自分の全資本を投じて起業したり、経験のない未知の分野で仕事を始めたり、ツテもコネもなしに一人外国に移住するなど、とにかくこれまでの生活が一気に様変わりし不安定化すると、人は強烈な不安に襲われやすい。

これは、性格というよりもDNA上の問題だといえるのではないか。

昔の人類つまり僕らの遠い祖先は、環境や政情の変化でいとも簡単に死んでいった。今のように生命が保証された生活環境ではなかった。

先祖から受け継いだそうした記憶が、僕らのDNA上にはしっかりと刻み込まれている。

だから人は変化を前にすると、楽観よりも危険を過剰に意識し予測しようとする。たとえDNAのしがらみを振り払い変化を受け入れたにしても、その後しばらくは、環境に慣れるまでは、変化したこと自体を恐れてしまう。これは我々にデフォルトで備わる防衛本能からきているのだ。

かといって諦めるべきか?というとそうではない。冷静にならなければならないのはまさにここだ。

不安の正体は過剰な「危険予測」なのである。起こってもいない・起こるかどうかもわからない悪い予感とやらに人は過剰に不安になるのだ。

確かにある程度の用心深さは必要だろう。が、その用心深さも度がすぎると、いざ変化を受け入れた際、心が一気に蝕まれる。肝心要の心が蝕まれてしまうと、やがては気力・能力・健康までが蝕まれ、人生のありとあらゆる全てに影を落とすことに繋がっていく。

 

よく考えて欲しいのはここだ。

 

危険予測はあくまでも予測であり、決して「確実なもの」でも「来るべき未来」とは限らないということだ。

未だ起こりもしていないことに過剰に震え恐れていては、手繰り寄せるべき未来を、逆に遠ざけることになるだろう。

 

不安を解消するには

とはいえ不安を振り払うのは簡単なことではない。それは人に備わるDNA上の問題であり、「気の持ちよう」だとか「メンタル面を鍛える」といった低次元の問題ではないからだ。

(不安を感じるのは情けない)(もっと気を強くもたなければ)なんてことは、誰でも頭ではわかっている。が、心は正直だ。

どんなに自分を鼓舞しようとも、自分を焚きつけるほどにプレッシャーは更に大きくなる。そうして、より大きな不安が心にのしかかっていき、やがては心が破綻する。

 

「あるがまま」を受け入れる

僕も転職したばかりで、大きな変化を日々感じている。転職経験者の方はわかってくれるとは思うが、環境が大きく変わると大きな不安に襲われるものだ。

スポンサードリンク

そんな時に敢えて意識を高く保とうとするのはよろしくない。いくら自分を偽ったところで、不安の原因が取り除かれるわけではないからだ。

むしろ抑え込めば抑え込むほど、不安はより強大となって返ってくる。

そうした時は、不安を感じる今の現状を素直に受け入れることだ。不安を感じれば徹底的に不安に身を委ねるのだ。

情けなく、いたたまれず、たまらなく嫌な気分になることだろう。疲れるだろう。

がしかし、そうした素直な感情をしかと受け止め認めてあげなければ、自分の今の現状を冷静に分析できない。いま感じている「不安」の根本原因を見定めることができなければ、立ち直るキッカケを得ることができない。

自分の心の声に正直に耳を傾けよう。今感じている不安が、いまだ訪れてもいない・現実になるかどうかもわからない単なる危険予測に過ぎないことを早く見抜くことだ。

今までもずっとそうなのだが、僕は不安を制御できないと思ったら、なるべく緑の多い場所を散歩しながら、上記のようなことを考えている。

 

「今」に集中する

上記の行動をとるだけでも不安は幾分緩和されるはずだ。そうして心に幾分平静さを取り戻せば、次にするのは「今」に集中すること。

不安が襲ってくるのは、なんだかんだいって暇だからである。「今」やれることに、とにかく集中する。複雑に考えるのは環境に慣れてからでも遅くはない。環境に適応してもいないのに余計なことまで考えると、メンタルがは確実にやられるだろう。

慣れない間は必要な思考だけに絞っていく。思考をシンプルにすれば過剰な危険予測は緩和され、物事を好転させる契機を掴む可能性も出てくるだろう。

 

素晴らしく良い本を見つけました⤵︎ 人生に迷いや不安を覚えている方には是非とも読んでほしい。この本を読み終える頃には、あなたの心は幾分軽く、平静さを取り戻せるキッカケを与えてくれる一冊です。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. 働き方

    変化を「リスク」と感じる人と「好機」と捉える人の差

    ライフスタイルはおろか「脳内思考」に至るまで、およ…

  2. 働き方

    転職後の人間関係でつまずくタイプは詰んでいる話と、その解決方法

    社内外問わずの「人間関係」。これをきちんと整えるの…

  3. 働き方

    「自分を変える」のに1番手っ取り早い方法は環境を変えること

    『他人は変えることができない。他人を変えたければ「…

  4. 働き方

    「幸せ」になるには、他人との比較をやめ、無用なプライドを消し去ること

    「幸福追求」は当ブログのサブテーマであり、現に僕自…

  5. 働き方

    【永久保存版】公務員から企業(その逆も)に仕事を変える際の注意点

    「仕事を決める」際には「自己分析」が極めて重要なの…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が嫌いな完全社会不適合者。

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済・社畜論。

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 
雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
アップル製品、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢の革靴。

 

【嫌いなもの】
公務員、クソ上司、クソ真面目な人。

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP