働き方

成果主義が人を狂わせる。プロセス主義が人を豊かにする。

スポンサードリンク

 

今や「成果主義」が当たり前の日本社会。

官公庁においても、やたら「成果主義」が叫ばれ始めたのは10年ほど前からだ。

事あるごとに、「結果を出せ!」と舌をまくしたてる上級幹部にはウンザリさせられたものだが、今となっては懐かしい思い出である。

公務員の業務を一言で言い表すと、「定められた解答に、どこまで正確に辿り着けるか」。

誰がやろうが結果は大して変わらない。差があるとすれば、ミスが多いか少ないかで、そこには「成果」もクソもない。

サバンナで生きる(才覚を頼りに完全自己責任で生きる)タイプの人には、こうした仕事は全然物足りないと思う。というか苦痛以外の何物でもないだろう。

が、檻の中での安心・安全を重視する人には、これほど最適な仕事はない。収入も平均以上だ。

ディスってるわけじゃない。

公務員は成果主義とは程遠い職業だが、社会の根幹を担う重要な仕事なのは間違いない。

それに仕事内容も結構ハードだということも、僕はよく知っている。

その後、僕は公務員を去り企業に入ることで、本当の意味での「成果主義」をこの身に浴びてるわけだけども、

最近わかったことは、日本流の「成果主義」は人をおかしくするということ。

成果だけに目を向けるから、人は道から逸れてしまうのである。

重視すべきは、成果よりも「プロセス」だ。

 

成果主義がダメな理由

基本的に、人がアピールするのは「成果」の部分だけである。

その裏側にある「プロセス」に関しては、語られることはほとんどない。

正直に語れば、みんな引いてしまうからだ。引かれちゃうと商売にならない。

ネットビジネスなんかは特に顕著で、ネット上には稼いだ金額をアピールしまくる輩で溢れている。

それに釣られた連中に対し、(オレ(私)のように稼ぎたければ、この猿でもできる「ノウハウ」を買ってくれ)というのが最終的なクロージングなわけだが、

そのとおり忠実にやっても、結果、成果ゼロなんて人がほとんどだろう。

リアルにおいてもそうで、

たとえば会社でトップセールスマンから「営業手法」を聞き出したとしよう。

その手法は素晴らしいものだろうが、それをどんなに忠実に真似てみても、同じ成果は出せない。

成功した起業家のビジネスモデルを聞き出したとしよう。

それを再現しようと忠実に真似てはみたものの、その結果は、集客ゼロ。

 

なぜか?

 

プロセスを無視しているからだ。

まず、物事や事象には「原因」がある、ということを念頭においてほしい。

成果が得られたのは、そこに至るまでの過程が正しかったから。いくらやっても成果が出ないのは、過程に問題があるからだ。

(そんなこと、言われなくてもわかっとるわ)と言いたいのはわかるが、

じゃあ、その「過程」ってのは一体なんぞや?と、本気で考えてみたことはあるだろうか?

 

プロセス主義に回帰すべき理由

結果や成果にばかり目を向けるから、人はおかしなことになるんである。

そもそも、「結果」なんてものは単なるアウトプットである。ましてや、自分でコントロールできるような代物じゃない。

僕らがコントロールできるのは「過程(プロセス)」だけだ。

たとえば「給与以外に月収20万稼げます」とかの釣り文句をよく目にすると思う。

ゼロからお金を生み出すのは凄まじく大変なことで、給料以外に自力で20万稼いだとなれば、それはもう偉業のレベルだ。

ここで目を向けなければならないのは、「20万円稼ぎました」という結果ではなく、稼げた裏側にある「プロセス」

言っておくが、「ノウハウ」はプロセスじゃない。

スポンサードリンク

プロセスとは、成果に至るまでの裏側にある「取り組み」のことである。

ちなみに、楽しくラクに稼げます!なんて取り組みはこの世のどこにも無い、ということは肝に命じておこう。

ネット上ではよく見かけるが、あれは強欲な情報弱者に「幻」を売りつけてるんであり、それ買ってやったとて稼げはしない。

成功の裏側には、その人にしかわからない様々な失敗、悩み・苦しみ・葛藤・不安を交えた膨大な「取り組み」があるものである。

無い人もたまにいるが、それは極一部で、普通はある。

しんどいながらもそれを乗り越え、アイデアを試し、フィードバックを得て、改善を繰り返し続けた果てに、ようやく、自分に合った手法を見出せる。

そうした「頑張り」こそが「プロセス」だ。

成功者と同等の「成果」を目指すなら、「結果」はひとまず忘れることだ。

その裏側にある「プロセス」にこそ、成功に至る本質があり、僕らが目を向けるべきは、その本質だ。

成功の裏でどれだけ頑張ったか。そこに目を向ければ、成果を出すのが如何に容易でないかが実感できるだろう。

そこすっ飛ばして成果=華やかな部分だけを見ても、同じ成果をあげられるわけがない。

要は、頑張る方向間違えるなってこと。

 

記事内容とは異なるが、中野先生のこの本⤵︎はめちゃくちゃ面白い。

そしていろんな意味で参考になるので、興味のある方は読んでほしい。

 

「サイコパス」といい、中野先生の文章はなんでこうも読みやすいのか。

しかも内容も目からウロコ。

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 働き方

    変化を「リスク」と感じる人と「好機」と捉える人の差

    ライフスタイルはおろか「脳内思考」に至るまで、およ…

  2. 働き方

    職場の人間関係がうまくいかないのは、互いの「思考のスパン」に違いにある

    「思考のスパン」とは、わかりやすくいうと、「どの時…

  3. 働き方

    真っ当なビジネスをするには「営業スキル」は当たり前に要るよ?という話

    勤め人を嫌い独立を志望する人は多いですが、起業する…

  4. 働き方

    人が不安になる理由と、それを克服する方法

    人が「不安」を感じるのは、環境に何かしらの「変化」…

  5. 働き方

    公務員の元同僚から「辞めたいから背中押してくれ」と頼まれた件について

    先日、公務員の元同僚からLINEに奇妙なメッセージ…

  6. 働き方

    「自分を変える」のに1番手っ取り早い方法は環境を変えること

    『他人は変えることができない。他人を変えたければ「…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済関連のウンチク・働き方・メンタル系。雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、腕時計、革靴。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP