働き方

「小さな諦め」を繰り返していくと何がみえてくるのか

スポンサードリンク

 

「諦める」と聞くと、どうしてもネガティブなイメージを抱いてしまう。

(いやいや、諦めず頑張れや)てのが、一般社会における普通の反応だろう。

「諦めない」という言葉(というか思い込み)に美意識をもつ人は多い。というか信仰に近いものがある。

特に真面目で責任感の強い人ほど、これに囚われる傾向があり、結果、一人勝手に必要以上に自分を責めたて、必要以上に思い悩む。

行き着く先は鬱だ。

もちろん「諦めない」のは良いことだ。粘り強く取り組んだ果てにしか見えない景色もあるだろう。簡単に投げ出すのにロクなのはいない。

が、この手の精神論を全ての事象に当てはめるのはバカげている。

ただでさえ生き辛いこの日本。閉塞感溢れるこの社会で健全に生き抜くには、「諦めないポイント」と「諦めるポイント」をきちんと仕分けする必要がある。

そもそも、人の一生には谷底もあれば山の頂もあるのが普通で、

それに一喜一憂するようではビジネスはできない。営業には向いてない。コンサルタントは務まらない。

株価と同じく、浮き沈みは繰り返せど徐々に上向いて進めばいいじゃないか。

特に谷底においては諦められるものは次々諦めることが肝要だ。

潔く・上手く・小さく諦めることで、次の一手に繋がるバイタリティを失わずに済む。

 

とある起業家の話

知り合いにとある起業家がいる。

彼からは営業やビジネスに関して様々な助言をいただくなど、僕にとっては数少ない友人の一人だ。同時にメンターともいえる存在。

彼はかつて優秀な営業マンで、以前の会社では役員の座が見えるところまで上り詰めていた。

が、彼は役員を蹴った。

蹴ったと同時に辞めた。

会社の方向性について、社長サイドと致命的なくらい折り合いがつかなかったらしい。

そして、徒手空拳でほぼ無策のまま起業に踏み切った。現在、彼は前の会社の役員報酬を上回るほどの稼ぎを得ている。

これだけではよくある成功談だが、この彼、もちろん順風満帆で現在に至ったわけではない。

起業して以降、「どん底」ともいえる深刻な状況を2度経験することになる。

「谷が深ければ深いほど、そこからの上昇幅は大きい」とは、世の成功者が口を揃えて語る哲学だが、僕の周りでそれを地で行き体現したのが彼である。

上に行こうとすれば、とりあえずは叩かれること。叩かれないと人は成長しない。ということだろうか。

 

谷底にいる時の過ごし方

人は他人の成功談にあまり興味がない。

それよりも「どん底」から如何に這い上がったか、ココが気になるものである。

逆境時の苦しみ・不安・辛さ・焦り・後悔は相当なもので、それは経験した本人、あるいは経験者にしかわからないものだろう。

 

(詰んだわ…)

 

何度そう思ったかわからないそうだ。

そこで彼が行ったのは、自分に素直になること。

改めて自己を振り返り・仕分けし・分析し、自分自身を深く知ることで自分の「強み」に気づくこと。

その上で、目の前のやるべき取り組みに集中する。

その取り組みを信じ、商品価値を信じ、腕を磨きながら集客に取り組み、ひたすら勉強し、発信し続けたという。

合間を縫っての度重なる自己分析。

自分自身を深く知り、内側の核なるものを理解することで、自分自身に決着をつける。

自分に決着をつけることで、散々苛まれてきた負の感情を、まるで他人事のように見つめる別の自分を作り上げた。

負の感情が溢れ出たとて、それを無理に抑えつけることはなかった。自分の強い一面・弱い一面全てを受け入れた。

受け入れた上で、そんな自分が今から何ができるかを、後ろに控える冷静な自分が考える。

そうすることで徐々に感情の浮き沈みは消えていき、内なる自分と外にいる相手を行ったり来たりする術を身につけた。

そうして、今この瞬間目前にある商売、その導線作り、目の前にいるお客に集中する自分ができ上がり、どん底状態は徐々に改善されていったという。

 

小さく諦めることは自分自身へのケジメ

それは「小さな諦め」だろう。

スポンサードリンク

役員報酬を蹴ったこと、会社を辞めたことを後悔する自分。

過去は元には戻せないことへの諦め
将来の不安への諦め
病気に対する恐れへの諦め
来年の稼ぎへの諦め
半年後の自分への諦め
明日の売上への諦め
現状の苦しさに対する諦め

話を聞くと、無数の「小さな諦め」を、ことあるごとに己に課したと思われる。

人生にイレギュラーが起こると、人は過剰に反応する。将来のリスクを脳内でとことんまで勝手に発展させ、大げさに考えてしまうがちだ。

起こってもいないことまで恐れはじめるわけだが、ここで何より必要なのは「小さな諦め」。

言い換えれば、その場その場での「ケジメ」である。

 

小さな諦めは労働の質を上げてくれる

「小さな諦め」をひたすら自分に課すことで邪念が徐々に消え、気持ちを上手く整理し、切り換えることができるようになる。

今日の失敗は潔く諦める。
今週の失敗、今月の失敗は潔く諦める。
計画が頓挫しても、諦めて受け入れる。
他人に負けて悔しがるのではなく諦める。
嫌われ批判されたら、相手に対して諦める。
リスクを恐れる自分を諦める。

不必要な感情を潔く諦め、切り捨てることで、「諦めてはいけないもの」の輪郭が徐々に見えてくるものである。

 

関連書籍

ただし、ここでいう「諦める」は、根拠のない楽観で生きるとかテキトーに生きるという意味じゃない。

苦しい出来事や不必要な感情を潔く諦め、切り捨てること。

今取り組む事の本質部分・自分の使命に気づき、そこに向けて邁進しやすくなるということ。

それはつまり、「精一杯、今を生きる」ことが出来やすくなるということだ。

 

上記の起業家友人の体験話と、最近読んだこの本⤵︎が妙にリンクしたので、ここに紹介しておきます。

ただ、頑張らない人が読むと、頑張らないことへの正当化に使いそうなので、少々心配ではありますが、「主旨はそうじゃない」ってことは肝に命じて読んでください。

面白い内容です。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 働き方

    変化を「リスク」と感じる人と「好機」と捉える人の差

    ライフスタイルはおろか「脳内思考」に至るまで、およ…

  2. 働き方

    公務員の元同僚から「辞めたいから背中押してくれ」と頼まれた件について

    先日、公務員の元同僚からLINEに奇妙なメッセージ…

  3. 働き方

    経営支援したカウンセラーが、あっさり廃業したという話

    とあるカウンセラーさんを1週間ほど経営支援してたの…

  4. 働き方

    仕事で成功する人は総じてEQが高い|EQが鍛えらえるというのは本当か?

    IQスコアはそれなりに高いのだが、EQが極めて低い…

  5. 働き方

    低いモチベーションを最高潮まで引き上げられるBGM

    僕には、通勤途中や帰宅途中に行き交う人々を観察する…

  6. 働き方

    真っ当なビジネスをするには「営業スキル」は当たり前に要るよ?という話

    勤め人を嫌い独立を志望する人は多いですが、起業する…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. お金の話

    「お金は歴史で儲けなさい」は投資メンタルが身につく初心者むけ良本だ
  2. 投資

    世界の流通を支配する『穀物メジャー』
  3. 投資

    金持ちになりたければ配当再投資による複利効果を利用せよ
  4. オピニオン

    崖っぷちの君に贈りたい。挫折しまくりの僕が実践する、必ず立ち直れる方法3つ。
  5. サイト運営

    Facebookに舞い戻った理由をツラツラと書いてみた
PAGE TOP