投資

マクド(米国株 MCD)購入と、最近の相場に関する雑感。

img_0097
こんにちわ、ファイナンシャルブロガーの伴だ。

 

以前の記事にも書いたように、マクドナルド(NYSE:MCD)に再度の資金投下を実行した。

大袈裟な話じゃない。たかが10株程度だ。昨日の夜中に買いを入れたよ。

MCDを10株、取得単価は$115.10で約定済み。ほんのジャブ程度の打診買いだ。

ガッツリいかなかった理由は、今後は下がる確率が高いと見てるから。まぁ、半年ほど前の1株$130だったのを考えると、多少は割安感は出たのかな😏

もっとも、PERは未だ22倍を切った程度だから、決して割安ではない水準だ。でも放置してたら、逆に今以上に上昇しちまうリスクもあるわけで、あまりウダウダ考え過ぎてもラチがあかない。

それに、配当利回りは約3.3%もあるわけだし、そこまで的外れなディールじゃない。ってことで、長期投資家の私は、取り敢えずジャブをかましてみたわけだ。

 

ところがだ、朝起きて株価に目を通すと、ダウが200ポイント下落している。MCDは朝の時点で$113.68。

おい!

明け方に買いを入れてたら$15安く買えたってわけだな。そこで買ってれば、手数料分が浮いたじゃないかよ。逆に軽くジャブくらった感じだわ。

まぁ全然気にしてないけどね。

むしろもっと下落して欲しい。$100切るくらいまでドカ下げしてくれたら、迷わず第2弾の本隊が出動するだろう。

 

マクドナルド(NYSE:MCD)に関しちゃ、これまで結構語ってきたので、

マクドナルド(NYSE : MCD)30株購入

ってことで、今回はマクドナルド単体での話は割愛しましょう。

 

つくづく思うんだけど、米国株の良さは1株単位での購入が可能ってところだと思う。いくら買うかの自由度がハンパない。私のような零細投資家にとっては、実にありがたいことだ。日本株だとどうしても100株とか1000株単位での購入になってしまうからね。

例えば、丸紅(8002)なんて100株単位で、最低投資額が現時点で約53万円だ。ファーストリテイリング(9983)なんて現単価33,790円で、100株単位での最低投資額は3,379,000円。買えるわけないダロ。

 

米国株で、個人的に割安かなぁと感じるのが、IBM(NYSE:IBM)かな。現時点での株価は$154.79、PERは約12.5だ。配当利回りはなんと3.6%もある。

ただし、IBMはここ数年、連続で業績悪化に見舞われている。

PCなどの箱モノ事業は手放し、クラウドビジネスや人工知能を活かしたITサービスに力を入れてるたみたいだけど、どうにも上手くいってないみたい。

ちなみにIBMは私の保有銘柄でもありまして、是非とも今後はV字回復を果たしてもらいたいもんです。

 

今回は株に関してツラツラと書いてみました。

今後は私の脳内絵図通りに動いてもらいたいもんだが、いかんせん確信がもてない。

どうなることやら…。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 投資

    世界の流通を支配する『穀物メジャー』

    私たちにとって、生活する上で絶対に欠かせないモノとは何…

  2. 投資

    ウェルズ・ファーゴ(WFC)への投資判断

    こんにちは、伴です。そういえば以前…

  3. 投資

    スターバックスへの投資は報われるか?

    『スターバックス・コーヒー』…

  4. 投資

    衰退しゆく『極東の島国』で経済サバイバルを生き抜く方法

    以前から僕は「お金は円資産以外に振り分けろ」と一貫…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. モノ

    一生モノ|結婚指輪は『ニーシング』一択で間違いはない。
  2. 投資

    投資に向いてる人・向かない人
  3. モノ

    日本企業がブラック化する理由と「ものづくり」へ回帰すべき理由
  4. 投資

    イギリスのEU離脱と『ユニオンジャックの矢』
  5. 投資

    相場観を鍛える|『ダウの老犬』が吠え始めた際の対処法
PAGE TOP