投資

【天衣無縫】下落相場でも力強く上がる銘柄の見つけ方

スポンサードリンク

 

どうも、伴です。

保守的な配当再投資から成長株投資に舵を切ったのは年初からですが、これは、様々な局面に対応せんがための「知恵」「力」を身につけるためであります。

これがなかなかにパフォーマンス良いんですよ。しかも「向学心」までも大いにくすぐられるというね。

というように投資方針を変えると、投資界隈では「ブレ」だの何だのと一刀両断されがちですが、否定するだけなら中学生でもできます。

そもそも、いかなる投資法であれ「絶対」なんてものはない、ということは忘れてはいけません。

どんな手法にもメリット・デメリットはあるのであり、(己の手法こそが最高である)とは相場においては危険な思い込みであります。

実に様々な手法があるわけですが、それらが全て、正しく機能する時もあれば逆に裏目に出る時もあるでしょう。

であれば、局面に応じて手法を使い分けられる投資家こそが「最高の投資家」だと僕は考える。

荒々しい相場の声に真摯に耳をかたむけ、出来うる限り正しく対応せんと様々な手法を学び実践していく。

 

究めんと努力する

 

なんら恥ずべきことではないと僕は考えます。

たしかに「初志貫徹」は素晴らしい。そうした「侍じみた価値観」は周囲に大いなる共感を呼びましょうし、僕自身も強いシンパシーを感じる。

が、度の超えた「意固地さ」は時に弊害になるのも事実です。

なにも「考えを変えろ」と言ってるのではありません。「それ以外にもう一つ武器を作らないか?」と僕は提案したいのです。

そうした「思い」を込めて、成長株投資の手法の基礎を丹念に綴りあげたのが、今回紹介するものであります。

 

投資手法を知らないのはリスクである

「資本主義の崩壊」とまでいわれたメガトン級の経済クラッシュ・『リーマンショック』

一時は9割以上の投資銀行・投資家が瀕死にまで追いやられたわけですが、以降の約10年で、米国はじめ世界経済は力強く立ち直ってきました。

経済の復活とともに株式相場も右肩上がりに回復し続け、今や史上最高値を更新するまでに至っています。

スポンサードリンク

しかしながら好調相場が永遠に続くことがないのは、歴史とチャートが示すとおり。いずれは折り返しが来るのは目に見えている。

それが決して遠いものではないことは、投資家でなくとも肌で感じているはずです。

・加速しそうなアメリカの利上げ

・それに呼応するように高水準を保つ「長期金利」

・幾分低下したとはいえ再びジワリと上昇する「VIX指数」

相場への不安要素は数え上げればキリがなく、諸手を上げて楽観視してよい相場環境ではないと感じています。

牧歌的な相場環境が終わりを告げ始めているのであれば、行き当たりばったりの銘柄選択では、「神の見えざる手」による往復ビンタを耐えきることはできない。

俗にいう「ディフェンシブ銘柄」の多く(全てではない)が、ただただ殴られるだけのサンドバッグである、というのは2月初旬の揺さぶりでハッキリしました。

そうした相場の下落にも負けないほどに「強い」銘柄とは何か?

その解をもとめ、ひたすら学習を続けた果てに得た手法がコレ⤵︎ね。

 

 

得られる情報

銘柄推しなんて胡散臭いマネはしません。

これまでは扱いきれなかった、既存のファンダメンタル指標の有効活用方法などを述べながら、

あわせて、必ず来るであろう下落相場にも耐え、それ以降も力強く成長し続ける銘柄を見抜く方法などを述べています。

特に投資初心者の方にはオススメですが、ある程度経験を積んだ中級投資家の方にも、既存の投資法を改めて見直すという意味でもおすすめです。

 

敢えて有料で公開したのは、金額に見合う価値があるからですよ。ありふれた情報に値段はつけません。

儲かる投資コンサルがワンコインで受けれたと思えば安いものです。これで勝負どころや戦い方がわかるとなれば、お買い得以外の何物でもありません。
 

さあ買った買った!

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 投資

    スパムの思い出とホーメルフーズの分析

    前回に引き続き、ホーメルフーズのお話を。&…

  2. 個別銘柄分析

    ゼネラル・ミルズ(GIS)は株価低迷中だがシリアルは最高に美味かった

    牛乳かけるだけでさっとすませられるシリアルって、忙しい朝には最適の食事…

  3. 投資

    遺伝子組み換え(GMO)技術を牛耳る国が、新時代の覇権を握るのか

    このまま続ければ、必ずや自らに災いが降りかかる…

  4. 投資

    「靴磨きの少年」にも「金を差し出す」という重要な役割がある

    たとえば外国人に対し(一般的な)日本人像を説明する…

  5. 投資

    衰退しゆく『極東の島国』で経済サバイバルを生き抜く方法

    以前から僕は「お金は円資産以外に振り分けろ」と一貫…

  6. 投資

    「バフェット太郎」さんが煽り倒しても許される理由

    バフェット太郎さんが煽り倒してます。&nb…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済関連のウンチク・働き方・メンタル系。雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、腕時計、革靴。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP