個別銘柄分析

アマゾン(AMZN)の決算が酷すぎたんで、アマゾン株売りました

スポンサードリンク

img_0005

こんにちは、ブロガー伴です。

 

米国だろうが日本だろうが、株式市場に上場する企業は決算発表が義務付けられている。各4/四半期ごとにね。

んで、この決算発表がかなり重要なんだ。その前に、決算発表の見るべきポイントを説明しよう。

まず、アナリスト予想というものがある。次の決算発表の際、EPSはこんなもん、売上高はこんなもん、てな具合にアナリストが予想している。

決算発表の際には、このアナリスト予想が基準とされるんだ。実際に発表される数値がこのアナリスト予想よりも上回るか、それとも下回るのか、投資家はここんところを注意深く見られているわけだ。

 

見るべき点は、

・EPS

・売上高

・今後の見通し

この3つ。

 

3拍子そろってアナリスト予想よりも上回る決算は良い決算。

どれか一つでもアナリスト予想に届かない決算は悪い決算。

ってこと。

 

アマゾンは2016 3Q決算を取りこぼした

私の保有銘柄の一つに、アマゾン(AMZN)がある。そう、みんな使ってるあのAmazonだ。

先日、アマゾン(AMZN)の決算発表があったんだけど、内容が良くなかった。2016年3Qの決算では業績はかなり大コケしてた。

アマゾンの今後の見通しは、あまり良くないように思える。

 

まずはEPS(一株あたりの利益)から。

2016年3/四半期の決算、事前のアナリスト予想は82¢のところ、発表ではたったの52¢だった。

スポンサードリンク

 

img_0004

 

売上高は、予想326.5億ドルに対し、結果327.1億ドル。

失速の原因は、アマゾンウェブサービス(AWS)の成長の鈍化だ。

このAWS、アマゾンの事業の中ではとりわけ利幅が大きい。

そして、クラウドコンピューティングサービスという分野で、これまで並み居る競合他社を制してきた。

アマゾンの業績は、これまでアマゾンウェブサービスが牽引してきたともいえる。

しかし、クラウドコンピューティングサービスという分野はライバルがどんどん力をつけており、今後はレッドオーシャン化すると予想されているんだ。当然、AWSも競合に晒されるわけで、今後もAWSの成長性は鈍化する可能性が高い。

アマゾンの将来的な成長性に暗雲が立ち込めた。と思っている。

今回の酷すぎる決算内容を見る限り、そう思わざるを得ない。

 

アマゾン(AMZN)を売却

私のAMZNの保有数は5株、平均取得単価は$602。

これを全部売却しました。売却単価は$780。

含み益は、(780−602)×5=$890

 

一応、利益確定だ。まぁ悪くはない。

アマゾン株は今後も下落する可能性が高いと思う。

なんせ、PER175、と超高PER銘柄だからね。

決算発表見る限り、今はあまり持っておきたくない。

 


外国株式ランキングへ

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 個別銘柄分析

    株価予想|高配当銘柄からの(一部)撤退とシェイクシャックへの新規投資

    僕は長期投資寄りなので、「買う」に関しては結構テキ…

  2. 個別銘柄分析

    最近の相場雑感とホーメルフーズ(HRL)に追加投資

    トランプ氏が大統領選を制して以来、米国株式相場は堅…

  3. 個別銘柄分析

    ゼネラル・ミルズ(GIS)は株価低迷中だがシリアルは最高に美味かった

    牛乳かけるだけでさっとすませられるシリアルって、忙しい朝には最適の食事…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済関連のウンチク・働き方・メンタル系。雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、腕時計、革靴。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP