投資

クールな『リシュモン』のスカしたビジネス

スポンサードリンク

 

『Financière Richemont (フィナンシェール・リシュモン)』

とは、宝飾品、高級時計、高級筆記具を扱うスイス国籍の企業だ。

 

日本では『リシュモン・グループ』といえばお馴染みの方もいるだろう。その取り扱い商品は一流ブランドを多数揃えている。

 

ランゲ&ゾーネ

ジャガー・ルクルト

カルティエ

IWC

ラルフ・ローレン

ピアジェ

ヴァンクリーフ&アーペル

モンブラン

アルフレッド・ダンヒル

 

などなど、そうそうたる顔ぶれで、日本でも名の通った高級ブランドばかり。

 

ところで、ブランドビジネスって儲かりそうなイメージあるけど、本当においしいのだろうか?

 

ブランド力があるということは、競合他社に比べ信用力がズバ抜けているということだ。

その圧倒的信用力に対しては、客は喜んでお金を払う。

客にとってはそのブランドを所有すること自体が喜びであり、商品の機能やクオリティの高さなどにはあまり関心がない。

要するにブランド商売とは客の購買意欲を強烈にそそるビジネスであり、たとえ高額の値付けでも正当化されやすい。

非常に儲かりやすいビジネスだといえる。

 

例えば、これはブロガーにも当てはまる話で、頂点に立つ人たちはもはやブロガー自らがブランド化している。

長年にわたり発信してきた魅力ある情報の積み重ねが、圧倒的信用力となっている。

必ず有益な情報が得られるといった安心感から、読み手も迷わずペイしやすくなるというわけだ。

頂点に立つブロガーたちの収益の源泉とは、まさに彼ら自身の圧倒的信用力だと言えるだろう。

 

もう一つ、競合他社と比べて有利な点は、圧倒的ブランド力を有する者は価格決定権を握ることができるということだ。

薄利多売の低価格競争という不毛な死闘に巻き込まれる恐れなど決してない。むしろ、逆に強気の価格を提示したとしても飛ぶように売れることが多い。

メチャクチャ儲かるのだ。

世の中に、自社商品のブランド化を目論む企業がごまんといるのも頷けるだろう。

 

 

『フィナンシェール・リシュモン』への投資判断


ならば、圧倒的ブランドを多数傘下に置く『フィナンシェール・リシュモン』は儲かっているのだろうか?

収益の推移と株価の動向を分析してみよう。

 

まず収益はどうだろうか?

スポンサードリンク

リシュモン1リシュモン3

 

過去6年間の売上高と営業利益は実に順調に推移しているように見える。が、2015年を境に純利益と営業キャッシュフローが急激に落ちている。

営業キャッシュフローマージン率も2015年はガクッと急降下しているが、それでも15%を超えてるのは大したもんだ。

 

売上が急降下した原因は、中国の景気がピークアウトしたからだと言われており、現に高級ブランドビジネスはアジア地域の比重がかなり大きい。

そのためアジア不振の影響をモロに受けたというわけ。

 

ところで、我が国の貢献度も侮ってはいけない。

日本単体での売上はリシュモンの総売上の約8~10%を占めている。

リシュモン売上

 

これは中国・アメリカに次ぐ規模で、日本人がいかにブランド大好きかを物語っている。

まぁ、過去記事(人生を刻む、IWCの時計)にもある通り、私もIWCの腕時計愛用してるわけで他人事じゃないんだけどね…。

 

リシュモンのティッカーシンボルはCFRUY、これはADR銘柄だ。

ADRとは、American Depositary Receiptの略で日本語訳では米国預託証券。

ADR銘柄は、アメリカ以外の外国の株式でニューヨーク証券取引所に上場していない。

しかし銀行が外国で買い付けた株式を担保に、アメリカでもドル建てで買えるようにしてる銘柄、ということだ。

ここで注意が必要なのは、ADR銘柄は余分な手数料がかかるということだ。

保有する限りは管理手数料が定期的に余分にかかる。

要は投資信託みたいなものか。

 

株価は目下暴落中だが、底打ち感があるように見えなくもない。

現在のPERは13.94倍

配当利率2.72%

現時点では、割高な水準ではないと思う。

そして殿様商売という性質上、利益率も総じて高く儲かるビジネス形態である。

 

これらのことを鑑みて、リシュモンには投資する価値があるのだろうか?

 

ボロい商売だろうが、安心して投資できるかといえば、実はそうとも限らないのだ。

 

私は、こ奴らに対してあまり良い印象は持っていない。

 

リシュモンだけではないが、これまでスイス時計業界はかなり横暴な価格設定を繰り返してきた。

 

『殿様商売は結構だが、あまりチョーシこいてんじゃねーぞ…』

 

往年の高級時計ファンを自称する者ならば、誰しもがホロ苦い経験をさせられたはずだ。

 

今回はこの辺で区切ります。

 

次回は、私とリシュモンのホロ苦い思い出を語りたいと思います。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファンダメンタルズ

    ROEの意味を理解するのにややこしい計算式は要らないって話

    投資をはじめる方が増えてきたなと感じるのは、ここ最近のことでしょうか。…

  2. 投資

    投資家がうさんくさく見える理由

    毎年この時期になると、社畜界では「ボーナス査定」を…

  3. 投資

    株式資産の公開

    こんにちは、伴です。&…

  4. 投資

    長期投資の憂鬱とEPS成長率に基づくファンダメンタルズ分析

    『株式投資の未来』はジェレミー・シーゲル教授の名著…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. ライフスタイル

    陰謀論に妙な説得力がある理由。デマを真実と信じ込ませるテクニックを解説。
  2. 日々雑感

    口コミでは語られない|ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの魅力3選
  3. 営業

    クレーム大好き日本人|悪質なクレームで鬱にならないための対処法
  4. オピニオン

    大人になるにつれ友達が減る理由
  5. 働き方

    転職を成功させるために|内定獲得から入社前に起こすべき2つの行動規範
PAGE TOP