大減配したキンダーモルガンは今が買い時。決算も大コケしたけど気にせず買うべし。

スポンサードリンク

image

投資してるとつくづく思うんだけど、世間のみなさんと同じ行動をとれば、得られる結果も人並み程度だ。

 

大多数と同じように行動するということは、過当競争にも巻き込まれやすい。そこで勝ち残るには、余程のクオリティと競争力が必要か。何か武器がない限り、確実に埋もれていくだろう。コモディティ化するともいう。

 

人並み以上の利益を得たければ、多数派とは違うことをしなきゃならないのだ。誰もがやらないことにこそ希少性があるのだから。

 

キンダー・モルガン(KMI)

「キンダーモルガン社」なんて、日本ではほとんど知られていない企業だと思う。ビジネス展開は北米のみなので、米国株投資家や業界人以外では馴染みのない企業だ。

 

何してる会社?

キンダー・モルガン社のビジネスは、簡単に言えば、天然ガス・原油・精製石油のパイプラインによる輸送だ。

 

ビジネス規模は巨大で、180を超す貯蔵ターミナル施設を保有する。輸送パイプラインの長さは約84,000マイル(約134,500km)にも及ぶ。そして、そのパイプラインは全米の主要都市を繋いでいるそうだ。

 

業界人じゃないのでイメージ湧かないけど、キンダーモルガン1社で全米のエネルギー供給全体の3割をも担っているというのだから、とにかく凄いらしい。エネルギーインフラの担い手という面では、アメリカ社会においては並ぶ者のないほど重要な企業のようだ。

 

原油暴落により決算大コケ、大幅減配

米国企業はやたらと投資家思いなのか、毎年配当金を増やす企業が多い。キンダー・モルガンも例に漏れず、最近までは配当金増やすのを頑張ってた。連続増配年数も徐々に伸ばしてきていた。

 

だが、残念ながら最近決算を大コケしてしまい、大幅減配してしまった。連続増配記録はあえなくストップ。

 

理由は昨今の原油価格の暴落だ。それによりKMIの株価も急降下。それに伴い配当金も大幅減配ときたので、株価はさらに下落した。

 

配当金は75%もの大減配だった

これまでは高配当すぎたので減配するのもわからんでもないが、75%もの大減配はやりすぎだ。既に投資していた人はドン引き状態だったはず。

 

配当政策にテキトーな日本企業とは違い、米国企業が減配する時は深刻な状況である場合が多い。だから、キンダー・モルガンはオワコンだとみなされ、売りが売りを呼んだ。

 

まぁ大幅減配は無理もないのだ。なんせ、これまでは稼いだ金の大部分を配当で払い出してたんだから。無理を積み重ねるよりは潔いと思う。

 

でも、キンダーモルガンの人気はその還元率の高さにあったのも事実だ。還元率が吹き飛んでしまうと、高配当狙いの投資家にとってはKMIに投資する理由もなくなる。

 

改めて見ると、この下落率はヤバい

このKMI株、どのくらい暴落したのかというと、2015年4月時点で1株あたり44ドルの最高値をつけていたんだが、2016年1月中旬には13ドル。

 

いやぁ、この暴落っぷり。40ドル付近で買ってた人にとってはションベンちびるレベルだったろうな。短期間で、資産価値が3分の1だからな。

スポンサードリンク

 

aJKZu4mnFdvxNqN1472253832_1472253854

 

これは笑えん。 

 

キンダーモルガンは終わったのか?

いいや、そうとは言い切れない。

 

原油価格の暴落にみまわれ収益面が悪化しただけだ。あくまで外部的な要因にすぎない。そもそも、原油価格の暴落なんて、長い目で見れば一時的なものだと思っている。

 

キンダーモルガンのビジネスの重要性と優位性は何ら変わっていないのだ。原油価格が戻れば、必ずや株価は値を戻す。

 

kmi6

 

原油価格の暴落が影響し、2015年はさすがに収益は低下している。2016年も原油価格がパッとしないので、この傾向は当分続きそう。でも、原油価格が上がれば上向くだろう。

 

kmi4

 

1/四半期ごと最近の収益を見ても、売上高・営業利益・純利益全てが低下している。業績的には、今が底なのかもしれないな。買うなら今がチャンスか。

 

しかし、不安材料がないわけではない。長期負債(Long Term Debt)が増加しているんで、これが財務的にどう影響するか少し不安だ。

 

が、あのウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイも少額だが暴落中のKMI株を購入済らしい。ここは思い切って投資するのも良いかも。ちなみに2016年1月に13ドルの最底値をつけた後、現在は21ドルまで戻している。

 

このKMI、私は買いました

2016年初頭あたりに1株当たり約16ドルで200株購入済みだ。

 

減配後の年間配当は1株あたり0.5ドルなので、配当利率は3%を超えている。良い投資ができたと思っている。

 

キンダー・モルガンのビジネスの優位性は何ら揺らいでない。収益が悪化してるのは、原油価格の低迷など外的なものが原因だ。だったら、それは絶好の買い時じゃないのか。もはや確信か。

 

私のバイブルを紹介します。この一冊があれば、米国株の買い方で迷いはなくなります。初心者には特におススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら