スパムの思い出とホーメルフーズの分析

スポンサードリンク

 

前回に引き続き、ホーメルフーズのお話を。

 

ホーメルフーズの業績推移

 

投資家というものは、頭からつま先まで合理の塊のようだと思われがちだが、投資先の選択の際には時におセンチになるものである。

狙った株が、自分が好きな商品を扱う企業ならば、なおさら保有したくなるのだ。
※ただし、業績や株主還元がクソでないことが条件だが。

例えば、コーラを好むならばコカ・コーラ(KO)かペプシ(PEP)の株を買うのであって、間違ってもアサヒやキリンの株は買わない。

MacやiPhone愛用者がデバイスメーカーの株を買うならば、当然アップル(AAPL)を買うのであって、ソニーやシャープの株は買わない。

マクド大好きならば、MCDか日本マクド(2702)を買うのであり、モスバーガーの株は買わないのだ。
※個人的には2702よりも、その元締めのMCDをオススメする。

 

私の食生活に必須とまではいかないが、ないと寂しいSPAM(スパム)。

商品に対する思い入れは、株式を長期保有する上で強いモチベーションとなる。

 

現在、ホーメルフーズ(HRL)は1株あたり36.56ドル。

PERは約25倍。

半年前よりも株価が下がっているとはいえ、決して割安とは言えない。

年間配当額は現在1株あたり58セントなので、現在の配当率は1.58%。

決して高配当ともいえない。

 

業績を見てみよう。

 

過去5年間の売上高⤵︎

HRL3

 

過去5年間の営業利益・純利益・営業キャッシュフロー⤵︎

HRL1

 

売上高・営業利益・純利益・営業キャッシュフロー、全てがキレイな右肩上がりを描いている。

その営業キャッシュフローも、純利益よりも常に上回っている。

スポンサードリンク

 

う~ん これ程キレイな右肩上がりのグラフ、久しぶりに見た気がする。

 

では、利益率はどうだろうか。⤵︎

HRL2

HRL4

 

営業利益率は10%前後、純利益率は6%前後を保っているようだ。

営業キャッシュフローマージン率も伸び続けている。

 

いいのではないだろうか?

 

食料品のパッケージド・グッズ・メーカーの中では平均的な収益率だろうが(ゼネラルミルズも大体似たような利益率だ)、徐々に伸ばしているのは評価できよう。

 

こうした安定した成長を背景にEPSも順調に伸びてきている。

HRL6

 

自己資本比率も60〜70%をキープしており、財務基盤も安定している。

 

気になるのは、流動負債の増加だ。⤵︎

HRL5

 

のれん代も比例して増えていることから買収のための借金だろう。

現に2013年からユニリーバのピーナッツ事業を買収したりと毎年買収を繰り返している。

今後のさらなる成長へ向けた、前向きな買収であることを期待したい。

 

ホーメルは割安ではないが、各種指標は文句のつけようがない。

それに驚くべきことに連続増配記録も50年超えている。

 

多少割高な買い物になるだろうが、ここは黙ってBUYします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら