投資

ブログ炎上に潰された株ブロガーまつうらじゅん

スポンサードリンク

2、3年ほど前になりますが、当時愛読してたブログがあります。そのタイトルは、

 

『となりの個人投資家まつうらじゅんの場合』

 

投資ブロガーの間では結構有名だったので、ご存知の方もチラホラいるのではないでしょうか。

 

この「まつうらじゅん」さん、ブログのコメント欄があまりにも炎上しすぎたためにブログ閉鎖にまで追い込まれた非常に稀有な方です。僕の中では伝説の方と言ってもいいくらい。

 

今回は、伝説の炎上ブロガーのお話をしたいと思います。

 

株ブロガー・まつうらじゅん

当時の僕は、毎日のようにまつうらさんのブログに訪問し、過去記事を読み漁っていました。まつうらさんの記事の更新が楽しみで仕方なかったものです。とても、懐かしい。

 

まつうらさんの記事は株式投資が主でした。営業キャッシュフローを重視する点や、長期的視野に立った投資法など、投資スタンスという点では僕とほぼ同じです。

 

スタンスは同じであるも、まつうらさんには他の投資家と大きく違う点がありました。彼の投資は、極端すぎる一極集中型だったのです。リスク管理などと吠えることが虚しくなるほどに、まつうらさんの投資は尖っていました。あまりにも尖りすぎていたために多くの方の注目を集めたのでしょう。

 

まつうらさんの総投資資金は当時で確か4000万くらいで、資金投下先は3つの銘柄のみでした。

 

4000万もの大金の振り分け先が普通株3つというのも驚きですが、さらに驚くべきは彼のポートフォリオです。

 

・アダストリアHD(2685)90%
・ハーモニーゴールド(HMY)7%
・ポスコ(PKX)3%

 

これでは、もはやアダストリアホールディングス一極集中と言えるでしょう。これほどのリスクテイカーは今も昔も見たことがありません。

 

 

アダストリアホールディングスとは何か

アダストリアホールディングスという社名をご存知ない方も多いでしょう。現在では社名を改め(株)アダストリアとなっていますが、そのビジネスはアパレルです。

 

・グローバルワーク

・ローリーズファーム

・nico and…

 

と聞けば、「あぁ、アレか。」と気づく方もいらっしゃると思います。そう、ショッピングモールでよく買い物される方であれば見かけたり、服を買ったりした方も多いはずです。(株)アダストリアは、これらアパレルブランドの統括メーカーなのです。

 

まつうらじゅんはアダストリアへの揺るぎない自信をもっていた

アダストリア一つに、まつうらさんは総資産の9割を投資していました。つまり、3600万もの大金を投資していたわけです。株式投資経験のある方ならお分かりでしょううが、このようなポートフォリオは正気の沙汰ではありません。

 

はっきり言って、分散投資やリスクマネジメントなどクソ食らえともいうべき一極集中投資です。さすがの僕も彼のポートフォリを初めて見た時は引きました。なんちゅうクレイジーさだと。

そして、まつうらさんはただクレイジーなだけではありません。そのクレイジーさを裏付けるほどの鋭い分析力と、説得力を感じさせる文章力がありました。

だからこそ、世の投資家から注目されていたのです。はっきり言って、面白すぎるのです。かくいう僕もまつうらさんの今後の展開がどうなるか楽しみで仕方がありませんでした。

 

まつうらさんの自信の根拠

なぜ、まつらさんはアダストリアへの投資に対しそこまで自信満々だったのか。それは、アダストリアHDのビジネス形態にあったのです。

 

当時のアダストリアは、ビジネスモデルの変革の過渡期にありました。商品の作製を複数社にアウトソーシング依頼するという水平分業型ビジネスから、自社で一貫生産する『垂直統合型』へ変革の舵を切っている最中でした。

 

垂直統合型というビジネスモデルへの変革が、まつうらさんの投資に火をつけたようです。成長できる企業なんてアダストリアをおいて他にはない、と言わんばかり。それほどにアダストリアへの溺愛ぶりは強烈でした。

 

調子に乗ってしまった、まつうらじゅん

まつうらさんがアダストリアを購入した平均単価は、確か3000円前後だったと思います。

当時はアベノミクスが効いていた時期なので、株式相場全体がアホみたいに上り調子でしたからね。その追い風もあったのだと思います、アダストリアの株価も4000円まで上昇していました。

当然ながら、アダストリアに集中投資するまつうらさんの投資パフォーマンスもとんでもないものであったことでしょう。

 

正直、まつうらさんは調子乗ってたと思います。年若い投資家が、ほんのわずかな期間で総資産を1000万近くも増やしたのであります。調子に乗らないほうがむしろおかしい。

スポンサードリンク

 

『金を稼ぐのなんて簡単だ。成長企業に集中投資する。これだけでいいんだから。』

 

当時のまつうらさんが、いかにのぼせ上がっていたかを物語る印象的な言葉です。

 

アダストリアの転落

ところがその後、事態は急転直下してしまいます。

まつうらさんの期待も虚しく、アダストリアは四半期決算をことごとくしくじり始めました。結果、アダストリアの株価は2000円付近まで暴落してしまったのです。

 

このアダストリアの暴落が、まつうらさんにとっての地獄の引き金となりました。大きな含み損抱えたとか、そんな生ぬるい話ではありません。

 

まつうらじゅんのブログは炎上した

まつうらさんのブログは連日炎上しました。

炎上主はどうやら、まつうらさんに釣られてアダストリア(2685)を買っていた連中のようです。彼らはアダストリアで含み損を抱えてしまった腹いせに、怒りの矛先をまつうらさんに向け始めました。

2chを彷彿とさせるような薄汚い罵詈雑言を、まつうらさんのコメント欄に書きなぐり始めたのです。

これにより、まつうらさんのブログは一気に修羅場と化してしまいました。

 

よくいるんですよね、こういう人たち。

いくらまつうらさんに煽られたにしても、自分もアダストリアで甘い汁吸おうと、ロクに分析もせず安易に乗っかったのは事実でしょう。

投資をするのであれば、決して忘れて欲しくないのが、

 

投資はあくまで自己責任だということです。これは大原則です。まつうらさんを恨むなんて筋違いもいいとこではないでしょうか。

 

コメント欄に書き殴られた批判は100や200に留まりませんでした。薄汚い書き込みは連日500件に届こうとしており、ブログのみならず2chにおいても、「まつうらじゅん」は詐欺師だなどと槍玉に挙げられ徹底的に批判されました。

あれほどまでに炎上したブログは、後にも先にも「まつうらじゅん」一人だけです。それは裏を返せば、まつうらさんの影響力がいかに凄まじかったかの証明でもあるのです。

 

あまりの薄汚い炎上っぷりにとうとう、まつうらさんはコメントへの返信を控えるようになります。それでもまつうらさんは、なんとか頑張って記事を更新し続けました。アダストリアのビジネスモデルは過渡期ゆえに業績にバラつきが生じるとか、長期保有してれば株価は必ずや根を戻すであろうとか。クソのような批判にも負けず、健気に更新を続けていました。

 

ところが、まつうらさんがブログを更新すればするほど、コメント欄はますます荒れていきました。ひどい日なんて、まつうらさんを侮辱するコメントだけで、なんと1000件を超えていたという…。

 

一方で、まつうらさんを擁護するようなコメントも少数ながら見られました。

『にゃん』さんは、健気にまつうらさんを応援していた一人です。『にゃん』さんは、まつうらさんのアダストリアの分析を信じ、アダストリア株を決して売らない旨を書き続けていました。嵐のようなまつうら批判の中、必ず値を戻すと信じますと。アダストリアを今後も手放す気は無いと書き続けていました。

 

ところが、批判の矛先は今度は『にゃん』さんにも向かい始めました。コメント欄には、『まつうらじゅん』と『にゃん』さん両方を侮辱する書き込みで、ブログはさらに炎上していきました。

 

ついに、『となりの個人投資家まつうらじゅんの場合』は閉鎖した

ついに、まつうらさんはブログを閉鎖しました。

 

連日連夜の批判の嵐に精神をすり減らしてしまったのか、嫌気がさしたのかはわかりません。あまりに酷い炎上に、書くことそのものに恐怖を覚えたのかもしれない。

いずれにせよ、ネット上から惜しい人物が去ってしまったという、この事実だけは間違いありません。

 

 

ちなみにその後、アダストリア(2685)の株価はどうなったかって?

 

まずは、チャートをご覧くだい。⤵︎

 

 

※アダストリアHDは、28.3.1をもって株価分割を行なっています。上記のグラフは、分割前に補正している。

 

まつうらさんがクソミソに叩かれ始めたのは、2013年10月以降。株価は4000円から2000円まで滑り落ちているのがおわかりいただけると思います。

 

次に、その後の株価の推移をよく見て欲しい。

 

株価は2000円の底値をうった後、そこから反転急上昇しています。そして、2016年6月には株価は、なんと8400円にまで達しています。

その後は再び急落してはいますが、それでも現在のアダストリアHDの株価は5000円を超えているのです。

 

よく聞け! まつうらじゅんを袋叩きにした奴らよ。

 

このアダストリのチャートをよく見ろ。

 

お前たち、あの時と同じことを「まつうらじゅん」に対して言えるのか??

 

関連記事

  1. ファンダメンタルズ

    ROEの意味を理解するのにややこしい計算式は要らないって話

    投資をはじめる方が増えてきたなと感じるのは、ここ最近のことでしょうか。…

  2. 個別銘柄分析

    ゼネラル・ミルズ(GIS)は株価低迷中だがシリアルは最高に美味かった

    牛乳かけるだけでさっとすませられるシリアルって、忙しい朝には最適の食事…

  3. 投資

    エクソンモービルのスーパーパワー

    石油は人類にとってのドラッグに等しい。麻薬常習者は、何度も更生施設…

  4. 投資

    大減配したキンダーモルガンは今が買い時。決算も大コケしたけど気にせず買うべし。

    投資してるとつくづく思うんだけど、世間のみなさんと同じ行動をと…

  5. 投資

    スパムの思い出とホーメルフーズの分析

    前回に引き続き、ホーメルフーズのお話を。&…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP