投資

愚者は経験に学ぶ 〜マクドナルド編〜

スポンサードリンク

image

 

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』

 

オットー・フォン・ビスマルクの有名な言葉だ。

ビスマルクは、世界史の教科書にも出るほど有名な人ですね。19世紀にドイツ(プロイセン)で気を吐いてたコワモテのオッサンです。

んで、この有名な言葉がどういう意味か、超わかりやすく言うと、

 

「アホは痛い目みなきゃ学習しないけど、賢い奴はアホの数々の失敗を見て学習する。」

 

嫌なオッサンだな。

 

 

こんにちは、ファイナンシャルブロガーの伴です。

 

今回は、私の思い出の懺悔銘柄について書きます。

私の株式投資歴も7年になるんですが、7年も株式市場に居続ければ、胸糞悪い思い出も積み重なってくるもの。

今回は、そんな忘れられない私の失敗談の一つを紹介します。

 

 

マクドナルドを手放した愚行

 

マクドナルドほどアンチが多く、disり屋の標的となりやすい企業はありません。

まぁ、世間じゃジャンクフードの代名詞ですからね。

特に健康食にうるさい連中からはまるで毒物みたく扱われてます。

 

いろんなデマも拡散されてますね。

例えば、

ポテトが腐らんのは油がプラスチックだからだとか…

ホルモン剤と抗生物質まみれの肉使ってるだとか…

添加物まみれのバンズ使っとるだとか…

 

うん、気にしなくていい。

 

アンチの連中が、脳内のファンタジーをデマとして拡散してるだけです。そういったサイトをよく読めばわかると思いますが、科学的根拠はメチャクチャですよ。

信じ込まされてるのは情報弱者だけ。

 

わたしはマクドナルドが大好きです。

 

どれくらい好きかっていうと、

確か2014年の夏頃、マクドの中国工場におけるズサンな食品管理が暴露されて、日本中でボロクソ叩かれていた時期がありましたが、

むしろ、私はマクド通いを週2ペースに増やしたくらい好きです。

 

マスゴミが、消費期限切れの鶏肉問題やら異物混入騒動やらを取り上げて、徹底的にマクドを叩きまくってるのをテレビで見ながら、

私はチキンフィレオとチキンマックナゲットをほおばっていた。

 

それくらい、マクドナルドが大好物です。

 

別に天邪鬼を気取って中二病発動してるわけじゃなくて、純粋にマクドが美味いと思ってるだけです。

それに、マスゴミはクズだと思っているので、こいつらが何を煽ろうが全く気にしないのです。

もちろん、今でも週1ペースで通っており、必ずバーガー2個とポテトだけは食ってます。

 

マクドはここ数年来限定商品を連発しまくってるんですけど、たぶん私は全部食ってます。

限定バーガー、限定朝マック、限定シェイク、限定ポテト、限定パイ、限定フィズ、限定マックフルーリーまで、限定モノが出るたびに必ず食ってきました。

 

体に悪いって?

 

果たして、そんなに非難されるほど不健康なの食べ物かな?

 

マクドのHPでは、各種バーガーの原産国や原材料を公表してるんですよね。

 

例えば、こんなの⤵︎

 

image

 

ここまで公表するのは、むしろ誠意の表れとして公平に評価すべきでしょう。

コレ見れば子供にも安心して食わせられるでしょう?

むしろ、コンビニ弁当や冷凍食品のほうがよほどヤバイと思いますよ?

 

一方、マスゴミが報道するのは一方的な批判のみで、こういう改善策は徹底的にガン無視します。

奴らは、人が不幸になるネタにしか飛びつかない、どうしようもないゴミなのです。

誰かマスゴミを地上から消してください。

 

こんな感じで、思い入れの強いマクドナルドなんですけど、マクドナルドには投資していないのです。

いや、投資できていない。

これは私の投資家としてポリシーが許さない。

スポンサードリンク

 

はじめに断っておきますが、

私がいうマクドへの投資とは、決して日本マクドナルドHD(2702)への投資ではありません。

あくまで、米国マクドナルド本社、

McDonald’s Corporation(ティッカー:MCD)

への投資です。

 

なぜMCDが私のポートフォリオに入っていないか?

 

間違って売却してしまい、その後もズルズルと買うタイミングを逃し続けてきたからです。

 

2014年当時、私はMCDを平均取得単価98ドルで50株持っていました。

が、例の中国工場での消費期限切れ鶏肉問題が発生。株価は一時90ドルを割りこみました。

そこで怖くなって狼狽売りしてしまった、というわけです。

シロウト臭い、最も愚かな売り方でしたわ。

 

あれからマクドナルドをよく分析してみたんですけど、収益率は文句なしに高いです。

圧倒的なブランド力で世界中にフランチャイズ展開しており、各国の売上から数パーセントのフィーをとるビジネス形態。

バーガーだけじゃなく、不動産方面のビジネスも強いですね。

儲かるビジネスをしています。

多少ヘタこいたところで、優良銘柄には変わりない。

当時は配当利回りもゆうに3%を超えていた。

 

売るべき理由など全くなかった。

 

現に、鶏肉問題で過剰に騒ぎまくってたのはアホな日本人だけだったし、それもしばらくすれば沈静化するのはわかりきってた。

まぁ、もっと安値まで暴落するからそん時に改めて安値で拾ったろ、などと都合の良いことを考えてました。

 

ところが、いつまでたってもMCDの株価は膠着状態。下がる気配なんてありゃしない。

それどころか徐々に上がっていき、ついに売る直前の平均取得単価の95ドルを突破。

そうやって買い戻す機会を逃し続ける。

その後もMCD株価は膠着状態を続け、非常に買いづらいボックス相場を形成していた。

 

そうして、ウジウジとイモ引く私を尻目に、

 

McDonald’s Corporationは最強の一手を打ってくる。

 

2015年10月 『オールデイブレックファスト』を導入。

オールデイブレックファストとは何かというと、一日中エッグマックマフィンを注文できるってことです。

 

???

 

たかが目玉焼きを一日中注文できるだけで、一体何の斬新か!?

とよくわからないでしょう。

 

が、なんか知らんけど、アメリカ人にはとてつもなくウケたみたい。

 

スマッシュヒットしました。

 

マクドナルドの株価は一気に130ドルへ噴き上がる。

ここまで来れば、MCD株を買い戻すのはもはや不可能。

 

2014年夏、マクドが消費期限切れ鶏肉問題で叩かれていた時、売り場ではなく、むしろ絶好の買い場だったわけです。

ヘビーユーザーを自称し、クォーターパウンダーとチキンフィレオの旨さを信じる私が、株価においてはマクドを全く信じていなかった。

 

 

結局、何が悪かったのか?

 

MCD株を購入した際、長期保有を前提としていたにもかかわらず、マスゴミのネガキャンにつられて早々と売却してしまった。

あのクズどもには煽られまいと日頃心がけていたにもかかわらず、実際は煽りに乗せられてしまった形になる。

 

こんなポリシーもへったくれも無い行動は、投資家としては最も恥ずべき行為だ。

 

大衆なんて一時的な感情で動いてるだけなので、時間が経てば客足が戻るのはわかりきっているし、現に日本マクドナルドHDさえも今では完全復活を遂げている。

 

当時の私は、まさに、

ビスマルクのオッさんが言うところの、

 

「歴史から学ばねえアホは、痛い思いして学びやがれ」

 

を地で行っていたといえるでしょう。

 

 

 

しかし、最近再びMCDの株価は下落トレンド入りしてるように見えます。

現在、1株115ドルまで落ちて来ました。

配当利回りも3%代に入ってきました。

 

あの苦い敗戦のリベンジを果たす時が近づいてるのかもしれない。

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

 


外国株式ランキングへ

関連記事

  1. 投資

    40年連続増配銘柄 アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)

    穀物メジャーの中でもカーギルに次ぐシェアをもつ『アーチャー・ダニエルズ…

  2. 投資

    「靴磨きの少年」にも「金を差し出す」という重要な役割がある

    たとえば外国人に対し(一般的な)日本人像を説明する…

  3. 投資

    投資に向いてる人・向かない人

    「資本主義社会は資本家と労働者の2つで構成されてい…

  4. 投資

    イギリスのEU離脱と『ユニオンジャックの矢』

    2016年6月16日 英国労働党下院の『ジョー・コックス』という女性議…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP