投資

今更だけど、米国株に投資すべき理由はこんだけある。

スポンサードリンク

 

こんにちは、ブロガー伴です。

 

私が日々分析し推奨する銘柄は米国株に偏っている。実際に保有する銘柄も米国株オンリー、日本株はおろか他の金融資産は皆無だ。

そもそも、株式に投資するならば、別に米国株に限定する必要なんてどこにもない。日本株に投資したっていいわけだ。日本株の方が決算書も日本語なので読みやすいしな。

にもかかわらず、何故私は米国株にのみ傾倒しているのか。それも、わざわざ小難しい英語の決算書と格闘してまで…。

 

今回は、そのへんの根本的な理由を書いてみたい。

私が米国株に集中投資する理由

私の資産は米国株に偏っている。偏り具合も相当なもんだ。まずは、私の資産内訳を見てくれ。

 

img_1182

 

濃い灰色の部分が現金だ。わかりやすいようにその部分だけ抜き出しておいた。そうだ、私の資産内訳の中で現金の占める割合はたったの2%しかない。

改めてグラフ化してみると、我ながら戦慄すべき状態だと思う。これで、もし、あのリーマンショック級の金融危機に襲われれば、見るも無残な状況になるんだろうな。投資家ならぬ『凍死家』になってしまう。なんせ、現金という緩衝材がたったの2%しかないんだからな。

こんなリスク極まりないポートフォリオを築き上げてるのは、投資家の中でも私くらいかも。賢明なみなさんはマネしないでくれよな。

このように、なんで私はここまで米国株に入れ込んでるのか?

世界中の投資先を見渡してみると、将来有望な投資先はアメリカ経済ないし米国の多国籍企業しかない。そう確信しているからなんだ。

そう確信する理由を、一つ一つ説明しよう。

 

まず、資本主義とは何?世界は今どうなっている?

資本主義の大原則とは『強者総取』だ。そして、現代はその資本主義が世界を席巻している。

より資本=金のある者が、資本規模の劣る者を叩き潰し喰らいながら、より強大化していく。つまり、資本のある企業がM&Aなどを通じて対抗組織を吸収し、どんどんデカくなり続ける。資本主義下で起こっているのはこの繰り返しだ。

最近、個人の所得間にも格差が拡大していると騒がれているが、これも資本主義の原則にあてはめれば当然の話だ。資産のある者はより一層持てる資産を膨らませる。その一方で、資産のない者は持っているものまでも搾取される。

「資本主義こそが正義、資本主義は皆に富と幸福をもたらす」などと昔は信じられていたが、今同じことを言ってたら張り倒されるだろう。資本主義の行き着く先なんて、結局は、強大な富を握る者と貧困層との縮まることのない2極化なんだからな。万人を幸せにするシステムでない。決してね。

良い悪いの問題じゃない。これが残酷な現実であり、人類社会のルールなんだ。このルールに従い、現代は力(資本)をもつ巨大多国籍企業群が世界中の富を収奪する構図となっている。むさぼる巨龍ようにね。

現代の強大化した多国籍企業は、ヘタな国よりも経済力が上回り始めている。当然、その政治的な影響力にも絶大なものがある。つまり、多国籍企業は国よりも力をもち始めているんだ。コレ信じられるか?

私は、金を増やすのであれば、これら多国籍企業の背に乗るのが最も効率が良いと考えている。つまり、これらに投資をするんだ。個人的な好き嫌いは、ひとまず置いといこう。いつの時代においても、投資するならば最強の組織に投資するのが最も報われる。資本主義下の今、最強の組織とは多国籍企業だ。

 

これが、私がアメリカ経済ないしアメリカ企業を有望視する理由の一つなんだ。

 

イノベーションを起こせる国はアメリカ以外に考えられない

アメリカが資本主義の総本山であるのは周知の事実だろうが、ここで、資本主義の総本山という意味をもう少しよく考えてみよう。

 

『金を生み出す者こそが唯一の正義』

 

この価値観がまかり通るのが資本主義の総本山だ。そして、その価値観を体現するアメリカこそ、資本主義の総本山ってわけだ。

スポンサードリンク

金さえ生み出すならば、

他は一切問わぬ。

アメリカ社会にも当然白人至上主義は残っており、白人以外への人種差別も根強く残っている。が、金を生み出すというただ一点においては、人種の垣根はない。金と雇用を生み出し、人・組織・国力に貢献できる人物に対しては分け隔てなく敬意が与えられる。すがすがしいくらいわかりやすい国だよな。

モラル的にはともかく、この懐深さこそが、アメリカと他国との大きな違いだ。例えば日本では、金を生み出す天才がいたとしても、生意気で和を乱すなどという理由で杭を打たれるケースが多い。合理よりも感情が優先されるってわけだ。中国やロシアにしても、日本ほどではないにしろ何がしらかの非合理的な足枷はあるだろう。

しかし、アメリカは違う。アメリカは、天才がほしいままにその才能を如何なく発揮できる国だ。金と雇用を生み出せるのであれば、全てが肯定される。金儲けという一点においては、人種差別などというくだらん感情は入らない。感情は非合理的であり、金儲けには邪魔だからだ。たとえどんなに汚い手を使おうとも、それが国力の増強につながるのであれば全てが肯定される。アメリカとはそんな国だ。

アメリカにイノベーションが起こりやすくなるのも当然だろう。だって、天才が遠慮なくほしいままに振る舞えるんだからな。誰に遠慮することもなく、持てる才能を存分に発揮することが許されるんだから。

アップルのスティーブ・ジョブズや、テスラのイーロン・マスク、Facebookのマーク・ザッカーバーグなどの天才が自由に動き回り、突出した才能を如何なく発揮する。そんな彼らの情熱がふんだんに盛り込んだ製品やサービスが容赦なく世にばら撒かれる。圧倒的なブランドが生まれやすいのも当たり前だ。

少なくとも日本じゃ、こんなことはあり得ない。

 

んで、その結果が、これだ。

 

img_1184

ダウ平均には為替とインフレ率をテキトーに加味してます。信頼性は保証するものではありません。

 

日経平均とNYダウ平均株価を比較したグラフを作ってみた。敢えてこんなもん作ったのはヒマだからじゃないぞ。他のサイトから出来の良いグラフをパクるのが怖かったからだ。

簡易的なグラフで悪いが、どちらが結果を出してきたかがお分かりだろう。そして、日米どちらが将来有望かもね。

 

人口動態という面でも有利なアメリカ

みなさん承知の通り、日本は人口動態が極めて醜悪、世界最悪レベルだ。近い将来は働き盛りの30〜40代一人当たりに対し、老人一人の面倒をみなければならない状況だと言われる。コレ、年金の財源など吹き飛ぶほどの危険な状況だ。このまま政府が無為無策であれば、なんて但し書きをよく見かけるが、心配しなくても政府はこの先も無為無策だ。

すなわち、日本は今後、茹でガエルのように死んでいく。死ぬだなんて言い過ぎかもしれないが、ハンパない国力の減退に見舞われるのは間違いない。(考えただけでも、おっとろしいわ)

しかし、アメリカの人口動態は日本とはまるで違う。もちろん良い意味でね。老齢になればなるほど人口は減少しており、若者世代も減っているようには見られない。移民をある程度受け入れているのが功を奏しているのかもしれない。移民は若い世代が多いし、子供もたくさん産むからね。

それに、他国とは違い、学歴や所得の高い層でも子供をバンバン産んでいる。出生率は途上国ほどではないが、他の先進国と比べてもトップクラス。国力すなわち経済力を維持する上では人口こそが最重要と言われているが、アメリカは人口動態という面では何らハンディキャップを負っていないというわけだ。

私がアメリカ経済に対し強気な理由がお分かりだろうか。

 

以上が、私がアメリカに対し強気な理由であり、他のどの国よりも米国株を推奨する理由だ。

 


外国株式ランキングへ

 

関連記事

  1. 投資

    衰退しゆく『極東の島国』で経済サバイバルを生き抜く方法

    以前から僕は「お金は円資産以外に振り分けろ」と一貫…

  2. 投資

    あなたを成功者へと導く大原則

    こんにちは、ブロガー伴です。&nb…

  3. 投資

    生存バイアスに翻弄されるな。お金を増やすなら黙ってさっさと投資してください。

    最近めっきり株式投資ネタを書かないのは、株を買ってないからです。今年は…

  4. 投資

    死の商人セクターへの参入〜ロッキード・マーチン編〜

    こんにちは、ハイエナ投資家の伴です。…

  5. 投資

    クールな『リシュモン』のスカしたビジネス

    『Financière Richemont (フィナン…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP