指輪を買うなら『ニーシング』以外あり得ない

スポンサードリンク

img_1137

 

指輪には抗えぬ魅力がある。

 

『ニーシング』の卓越した技術者集団が生み出す指輪には、何か得体の知れない、人を惹きつける力がある。フロド・バギンズも真っ青だろう。

信じられないならば、一度手に取って確かめてみればいい。その質感と作りの良さに、あなたは必ずや虜になるはずだ。

こんにちわ、ブロガーの伴です。

 

前回に引き続き、『ニーシング』というジュエリーブランドがいかに卓越した技術を持っているかを書いてみたい。

まずは、この画像を見て頂きたい。ニーシング社の傑作の1つ、『アイリス』というモデルだ。

http://niessing.jp/item/iris.html?cat=mr

 

うわぁ、何コレ!

なんで、ゴールドとシルバーが

融合してんの!?

 

しかもメッチャ、

自然なグラデーションになっとるし!

 

こんな指輪は、ニーシング以外に見たことない。一体どうやって作ってるんだろうか?そりゃ今まで色の違う貴金属を融合させたモデルはいくつか見てきたけど、この『アイリス』みたく自然なグラデーションを体現しとる指輪はニーシング以外に知らない。

同じようなタイプで『オーラ』というモデルもあるんだが、こちらはピンクゴールドからシルバーゴールドへと、これまた自然なグラデーションを体現している。こりゃ、アラゴルンも真っ青だわ(-_-;)

 

史上最もシンプルかつアートな指輪

ニーシングがヤバいのは貴金属同士の融合技術だけじゃない。それよりももっとヤバい技術がある。それは、今やニーシング指輪のアイコンともなっている技術だ。

まずは、その『ニーシング・リング』の画像を見てくれ。

http://niessing.jp/item/the_niessing_ring_everest.html?cat=er

 

指輪にダイヤをセットするには様々な方法がある。例えば、ティファニーが得意とするティファニー・セッティングでは、石を鉤爪で鷲掴みするようにしっかりと固定する。また、VC&A(ヴァンクリーフ&アーペル)が得意とするミステリー・セッティングでは、 金属枠と宝石の溝を噛み合わせたり引っ掛けたりすることで石を固定している。

ところが、この『ニーシング・リング』のセッティング方法は、一体何??

サイドを挟んでるだけじゃないか。そのおかげか、まるでダイヤが宙に浮いてるような視覚的効果をもたらしている。

すぐにダイヤがポロリと落ちるんじゃないか?

 

心配無用だ。これは、ものすごい圧でダイヤを挟むセッティング方法。ダイヤがとれることなどあり得ない。『テンション・セッティング』と呼ばれている。

スポンサードリンク

このセッティングは口で言うほど簡単じゃない。なぜなら、地金の強度が必要とされるからだ。そして、ニーシングリングの地金は他社を圧倒するほどの強度を誇る。その強度は、たとえ万力機で引っ張ってもビクともしないほどの強度だという。

しかし、そんなハンパない強度の地金に、よくぞダイヤを挟み込めたもんだ。一体どうやって作ったんだろう??

もちろん、何か秘伝の奥義があるんだろう。ユーザーには決してわからない。が、言えること1つ。ここまでのレベルの製品を作るなんて、はっきり言ってキ◯ガイかヘ◯タイだ。

もっとも、ここ10年の間に、このテンション・セッティングをそれなりに模倣するジュエリーメーカーがいくつか現れている。が、所詮は二番煎じの偽物よ。やはり本家本元のニーシングとは地金の強度という面で段違いに劣っているようだ。

このテンション・セッティングはニーシングだけのオリジナル専売特許だ。買うのならばニーシングを強くオススメする。

 

妥協を知らぬ超技術者集団ニーシング

宝飾業界全体に言えることだが、世界的に名の通ったブランドでも、肝心の製作を外注に丸投げするブランドは多い。メチャクチャ多い。

どういうことかっていうと、

例えば指輪やアクセサリーの新作を発表するとしよう。メーカー側は設計図や完成イメージ図などを他社に渡し、その製作を丸ごと外注する。そして、他社が作り出来上がった製品に、自社のブランドロゴを貼り付け、自社製品として売り出す。

こんな感じでブランドを名乗り、さも自社で作ったかのように見せかけているわけ。でも、実質はただの品質管理会社みたいなもんだよな。

残念ながら、こういうメーカーは結構多いんだ。名誉毀損に当たりそうなんで、公表は控えるけどね。

別に丸ごと外注が悪いってワケじゃないし詐欺でもない。完成品が素晴らしければそれはそれでいいのかもしれない。むしろ、経営的には合理的なやり方だと思う。

でも、こんなの、なんか寂しいよね…。

 

ところが、ニーシングに関してはその心配は無用だ。ニーシングは完全自社一貫生産を貫いている。生み出されるジュエリーは全て、卓越した技術者が秘伝の技法をもって作り込んでいるんだ。

指輪やアクセサリー類の1つ1つが、職人の手作りによって生み出されているんだ。

さわり程度の簡単な説明だが、これだけでも、ニーシング社が如何にこだわりまくった技術者集団か、ご理解頂けたかと思う。

 

まとめ

img_1136

別に私はニーシングの回し者じゃあない。

ニーシングの指輪は、本当に素晴らしい指輪だ。心からそう思っている。だから、みんなにも伝えたかったんだ。

もし、今後結婚を考えているカップルの方が、この記事を読んでくれているなら、『ニーシング』を是非とも選択肢の1つに加えて欲しいもんだ。

とっくに結婚してしまったよ、なんて方も買い直すならば『ニーシング』を強くオススメする。

 

買いてたら欲しくなっちまった。そのうち私自身がちゃっかり買ってたりして。

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら