モノ

一生モノ|結婚指輪は『ニーシング』一択で間違いはない。

スポンサードリンク

 

ニーシング】の簡素なマリッジリングを持っています。

買ったのは8年前に結婚時。以来、年がら年じゅう身につけており外すことはほぼありません。この指輪は今や僕の身体の一部といっても過言ではないでしょう。

結婚指輪に「ニーシング」を選んだのには明確な理由があります。「品質の良いモノ」という僕の厳しい選定基準と「美しくも飽きのこないシンプルなデザイン」という僕の審美眼をもってしてクリアしたのが、このニーシングだけだったからです。

 

大切なモノは

末長く使いたいんですよ。

 

僕と嫁のぶん2つ、計27万円。簡素なデザインにしては高額だと思います。当時の僕の収入からすれば決して安い買い物ではありませんでした。

あれから8年経ち、表面に多少のくすみは出てしまったけれど、買った当初と変わらぬ形で僕の左手薬指におさまっている。

それを見ると「あの時背伸びしてでも買ったのは正解だったな」と、しみじみ感じる次第であります。

ドイツの至宝

「ニーシング」という指輪メーカーが、なぜ「ドイツの至宝」とまで賞賛されているのか。それは、他社には模倣できないほどの卓越した技術を基盤とした、個性的でアートなラインナップにあります。

ニーシングの指輪はニーシングでなければ作れないのです。他のメーカーには真似ることすら難しい。

まずは、その代表傑作を2つばかり見ていただきましょう。

 

アイリス(Iris)

 

このモデルの特徴は、ゴールドとシルバーの融合にあります。ポイントは、2つの異なる金属が描く自然なグラデーション

異なる金属の2層構造であれば他のメーカーでも作れますが、これほど自然で美しいグラデーションは「アイリス」以外にありません。

 

一体、どうやって作るのか?

 

他の指輪メーカーには、その製法すら皆目見当もつかないそうです。パクりたくともパクれないほどの高度な技術で作られた指輪。それが『アイリス(Iris)』です。

 

オーラ(Aura)

 

『アイリス』と似たタイプで『オーラ』というモデルもあります。こちらはピンクゴールドとシルバーゴールドの融合。これまたアイリス同様、自然で流れるような美しいグラデーションを体現しています。

見事としかいいようがありません。

 

クラフトマンシップ

ニーシングの卓越した金属加工技術は「融合」だけではありません。それを語るにはまず、「鋳造製法」「鍛造製法」を語らねばならないでしょう。

 

鋳造製法

「鋳造」とは、液状に溶かした金属を「枠(キャスト)」に流し込んで作る指輪のことです。

鋳造の利点は、デザイン面での融通がきくことです。最初に枠をデザインすれば、あとはそれに金属を流し込むだけですからね。コストも安く抑えられます。

デメリットは、強度が弱いこと。「オレの結婚指輪、楕円型に変形しちゃったよ。」と嘆くクソダサい奴らをよく見かけますが、彼らの指輪こそ鋳造の安物指輪だと考えて間違いありません。

鍛造製法

「鍛造」とは、固形状の金属板をハンマーで叩いて成形する製法のことです。

強度を高めることができるのが、鍛造製法最大の利点です。ハンマーで叩くあるいは機械でプレスすることで、「ス」と呼ばれる気泡を地金からはじき出します。「ス」がなくなることで地金の密度は高まり、それがそのまま強度となるのです。

デメリットは、デザインの融通がきかないこととです。あとは、プレスという手間がかかるぶんコストが跳ね上がることでしょうか。

 

ニーシングリング(Niessing Ring)

ニーシングの指輪はすべて「鍛造」で作られています。

スポンサードリンク

鍛造製法を採用するジュエリーメーカーは多くありますが、ニーシング社の鍛造技術は明らかに他社の技術水準を抜きん出ています。

ニーシングの地金は、人の力では曲げることはまず不可能なほどの強度を誇っています。よほどの力が加わらないかぎり変形などしない。

 

耐久性こそが、

「一生モノ」であることの必須条件です。

 

 

これが、ニーシング最高傑作といわれる「ニーシングリング」。このようにダイヤモンドを地金の強さのみで固定する方法を、「テンション・セッティング」といいます。

指輪にダイヤをセットするには様々な方法があり、例えば、ティファニーの「ティファニー・セッティング」は、ダイヤを鉤爪で鷲掴みするようにしっかりと固定するセッティング方法。

ヴァンクリーフ&アーペルが得意とするミステリー・セッティングは、 金属枠と宝石の溝を噛み合わせたり引っ掛けたりすることでダイヤを固定するセッティング方法です。

上記2つのセッティング方法は他の指輪メーカーでもこぞって採用されていますが、この『テンション・セッティング』だけは他メーカーが模倣することは不可能といわれています。ニーシングでしか作れない。

まず、ダイヤを挟み込むには地金を引き離さなければなりません。しかしながら、その地金は「ニーシング流鍛造製法」でつくられているため、他メーカーの鍛造よりもさらに強度が高い。万力機で引っ張ってもビクともしないほどの強度です。それほどの強度をもつ地金を引き離しそこにダイヤを挟み込む。

 

一体どうやって??

 

これまた他メーカーには皆目見当もつかないそうです。

もっとも、ここ数年の間でこのテンション・セッティングを模倣するジュエリーメーカーがいくつか現れているみたいですね。が、やはり地金の強度は段違いに劣っており、完成度はニーシング・リングに遠く及びません。

 

妥協を知らない超技術者集団ニーシング

宝飾業界全体に言えることですが、指輪の製作そのものを外注で丸投げするメーカーは多いです。

企画から製造まで自社一貫生産ができるブランドは、ほんとうに少ない。世界的に知名度の高い某ブランドですらアウトソーシングに丸投げ状態ですからね。これがブランド品というものの現状なのです。非常に残念。

丸投げとはどういうことかを説明しましょう。

指輪・アクセサリー・あるいは革製品をつくるにあたり、ブランドメーカーは設計図や完成イメージ図を他社に渡して製作を丸ごと依頼する。これが丸投げです。とりあえず自社では作らない。

そうして他社が作り上げた製品に自社のブランドロゴを貼り付る。それを自社製品として売り出す。

さも自分で作ったかのように見せてはいますが、その実態は他社に製作を依頼するだけ。いうなれば単なる品質管理会社。ひどいブランドだとデザインすらも他社にぶん投げるというね。

これが、ブランド業界の実態です(全部じゃないけどね)。

別に、アウトソーシングが悪いというわけではありません。完成品が素晴らしく消費者が満足できれば、それはそれでいいでしょう。コストを抑える上でも、実に合理的な経営手法でありましょう。でも、

 

ロマンがないよね。

 

ニーシングに関してはその心配は不要です。

ニーシングこそ、完全自社一貫生産を貫く数少ないジュエリーメーカーなのです。ニーシングの工場から出荷されるジュエリーは全て、ニーシング社の卓越した技術者集団が門外不出の奥義をもって作り込まれたモノ。指輪やアクセサリーの1つ1つが、職人の手作りなのです。

自社製品への愛に溢れる卓越した技術者集団。それが、『ニーシング(NIESSING)』なのです。

 

まとめ

ニーシングの指輪は本当に素晴らしい指輪です。10年間、年がら年中「ニーシングの指輪」を眺め続けて来た僕がいうのだから間違いありません。

結婚をご予定されている方がこの記事を読んでいただくことで、『ニーシング』を選択肢の1つに加えていただけるのなら、物書きとしては描き甲斐があるというものです。

http://www.niessing.jp
 

関連記事

  1. モノ

    日本のサービス業がブラック化する理由と「ものづくり」へ回帰すべき理由

    ブラック企業問題についてはもはや散々語り尽くされており、今さら僕なんか…

  2. モノ

    ウォンカチョコは美味すぎた!バレンタインにはネスレ製『Wonka』を強烈におすすめする。

    いつからでしょうか?バレンタインデーにヨメからチョコレートをも…

  3. モノ

    愛用のリーガルシューズと正しい靴の磨き方。

    靴愛好家にとっての靴手入れとは、単なる作業を超えた…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP