僕の愛用リーガルシューズで正しい靴磨き方法をまとめてみた

スポンサードリンク

いつも仕事・勉強・育児に追われ、とにかく自分の時間が確保できない殺伐とした日常生活を送っている僕ですが、あえて「憩い」ともいえる時間を作るよう心がけています。

僕にとっての憩いともいえる時間とは、愛用の靴を手入れするひとときです。

リーガル靴の磨き方を簡単に紹介

20代前半の若い頃は、なけなしの金を叩いてジョン・ロブなどの高級靴をよく買ってました。今思えば、よくもまぁ背伸びしてたものだと恥ずかしくなる。今の僕でも似合わないのにね(笑)

30代を超えたあたりから、純ジャパの靴メーカー『リーガルシューズ』に替えました。金銭的な理由からです。結婚したからには、己の見栄のためだけに一足に10万もかけられないだろと。

そんな時に出会ったリーガルシューズ、3万円前後から手に入るのだけど、値段の割にとても良い靴だと気づくのに大して時間はかかりませんでした。

靴底のクッションは良い感じに柔らかく、歩いててとにかく疲れない。足の収まりも素晴らしく、とにかく履き心地が最高だった。

 

 

初めて手に取ったリーガルシューズ。

 

バカ高い外国製の靴と比べても、リーガル靴は品質・デザイン共に決して見劣りはしていない。

 

以来、リーガルシューズは僕の足元を支える大切な存在となりました。相棒ともいうべきこの靴を手入れし磨き上げる。これこそ、今の僕にとって唯一心安らぐ時間なのであります。

以下、僕の靴の手入れ方法を紹介していきます。これから靴にも気を使おう!という方には参考にしていただけるかと。

 

1.まずは、しっかり汚れを落とそう

靴も人と同じで、一週間も履き続ければ疲れが見えてくる。適切に手入れをすることで、ハリとツヤを取り戻すことができます。

 

 

まずは、靴全体をしっかりブラッシングします。特にアッパーと靴底の間には汚れが溜まりがちなので、ここでしっかりと汚れを落としてあげましょう。

 

磨く際のブラシはコレです⤵︎

 

REGAL TY06 リーガル シューブラシ ホコリ落としと艶出し効果あり 豚毛100%
 

ブラッシングで埃を払い落とした後は、靴専用のクリーナーを使い、表面の汚れを浮き立たせます。

 

(リーガル)REGAL TY18 クリーナー 内容量:50g
 

これを布にとり、薄く引き延ばすように靴全体に塗っていく。シミの原因にもなるので、塗りすぎには注意してください。

 

クリーナーを塗った後は、清潔な布でしっかり汚れを拭き取ります。

 

 

2.靴クリームで革に栄養を与える

革靴は非常にデリケートで、こまめに手入れをしなければどんどん劣化が進みます。街歩いてるとよくいるじゃないですか、形は立派だけど色落ちしてたりヒビ割れしてる靴履いてる人。アレでは、足元が全体のファッションを台無しにしてしまってる好例です。

靴の色落ちやヒビ割れを防ぐには、靴に栄養を与えることが重要です。靴の手入れ時には最重要ともいえる作業です。栄養を与えるには、このクリームを使います。

 

 

 

(リーガル)REGAL TY21 プレミアムデリケートクリーム TY21
 

これを丹念に革部分全体に塗り込んでいく。

 

 

実は、このクリームを塗りこむだけで靴はある程度輝きを取り戻します。たとえば、

 

 

左側が手入れ前の状態、右側がこの(リーガル)REGAL TY21 プレミアムデリケートクリーム TY21を塗り込んだ状態です。

左側の手入れ前の状態よりも色が濃くなり、ツヤが増したことがお分かりいただけるでしょう。

 

 

塗り終わった後は、クリーナー同様、余分なクリームが残らないよう清潔な布で拭きます。

 

3.靴色に合わせたクリームを塗りこむ

他にも、ブラウン色とダークブラウン色のシュークリームを用意してます。これを塗り込む目的は、小傷を目立たなくするためです。

 

 

実は、つま先に小傷がありまして、

 

 

この小傷を目立たなくするため、今回はダークブラウン色のシュークリームを塗っていきます。

 

 

完璧にとまでは言えませんが、気持ち程度小傷が目立たなくなりました。

 

4.仕上げ磨き

少し乾かした後、今度は靴全体を乾拭きしていきます。ツヤを出すためです。その際、普通の布やタオルはおすすめしません。あまり光りません。

 

もっとも手軽なのがパンティストッキングです。パンティストッキングってキメが細かいためサッと磨くだけで容易にツヤを出すことができます。

僕は嫁のを無断でハサミで細切れにしたため蹴られました。勇気を出して、自分でコンビニで買いましょう。

スポンサードリンク

 

 

その結果、

 

 

見事に息を吹き返しました。磨く前はこんな状態でしたからね。

 

 

ただストッキングの難点としては、真っ黒すぎるため汚れ部分がわからない、ってところでしょうか。最終仕上げするにも、汚れが付着した部分で磨き上げるのちょっと…という方には、専用のグローブクロスを使うと良いでしょう。

 

 

 

[コロンブス]columbus革のお手入れ仕上げ専用グローブ

 

5.防水スプレー

最後に防水スプレーをサッと軽く吹きかければ終了です。

 

使ってる防水スプレーはこちら⤵︎

 

[コロニル] Collonil 防水スプレー ウォーターストップ 400ml CN044021 (Colorless400ml)
 

注意点として、近距離で吹きかけるのはやめましょう。液でベトベトになりかけ過ぎになりますから。僕は少なくとも50cm以上離して吹きかけてます。

 

6.靴の形状を保つ最強グッズ群

靴の中にシュードライを詰め込みます。

 

 

[リーガル] REGAL TY32 シュードライ
 

靴内部の湿気取りと抗菌が目的です。ただ、このシュードライがオススメかといえば、そうでもありません。靴に詰めれば湿気はきちんと取ってくれるんですが、いかんせん長持ちしないんですよ。

 

 

使えばわかりますが、すぐに「再生シグナル」がピンクに変わります。青色が正常な状態なんですが、湿気がたまるとピンクにな流というわけです。こうなると半日以上天日干ししなきゃならなくて、とりあえずめんどくさい。税込み ¥1,404と安いんですけどね。

 

手に入れるべきはやはり、『シューキーパー』でしょう。

 

 

シューキーパー(シューツリー)の効果

1.湿気から靴を守る

 杉素材のものは湿気を取り除く効果がある。

 

2.靴の型崩れを防ぐ

 放置すればシワが深くなるなど靴の形状が崩れ、ヒビ割 れの原因になる。

 シューキーパーを入れておくことで当初の形状を保つことができる。

 

まさに、靴を守る最強ツールであると言えましょう。が、恥ずかしながら僕は持ってません。

これまではシュードライを爪先まで押し込むことでシワを伸ばし、なんとか形状が保たせてきましたが、それももう限界です。

 

絶対要りますね、シューキーパー!今まで持ってなかったのが恥ずかしい…。

 

というわけで、僕は近々買います。

 

手入れされた靴は背筋を伸ばしてくれる

「靴は持ち主の精神状態を表す。」とはどこかで聞いたセリフですが、これは案外当たっています。自分の内面は靴に現れるといっても過言ではありません。

 

靴磨きこそ、モノを大切に扱うという最もわかりやすい指標なのです。モノを大切に扱う人は、自分の人生も大切に扱うものだから。

 

社会的に成功した人の靴は、往々にしてキチンと手入れされているものです。一方、金に縁のない人はボロボロのドタ靴履いてる場合がほとんどです。

 

磨かれた靴は、僕の背筋を伸ばしてくれる。

 

どうしようもなく疲れた時も、足元で光る靴を見るだけで、誇りを思い出させてくれる。

 

僕は、靴磨きこそ最も気高い趣味であると考えています。

 

追記

宣言とおり、シューキーパーを買いました。紹介しました商品と同じです。

 

 

税込¥6,264とそんな高くはないです。

 

 

靴に差し込んで保管してるわけですが、湿気や抗菌だけではなく、シワもちゃんと伸ばしてくれるのが嬉しいですね。

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら