iPod Touchユーザー歴3年の僕が語る、ライフスタイルに合わせた使い方

スポンサードリンク

ipod1

 

こんにちは、伴です。

 

僕は常にiPhoneとiPod Touchを持ち歩いてるのだが、これって結構珍しいらしい。

 

「iPhoneあればiPodなんていらない。」「 iPod touchなんて無駄でしょ。」などとコキおろす人も多いが、その無駄が楽しいのも事実だ。

 

今回は、iPod touchがいかに楽しいデバイスであるかを紹介しよう。半年間使い倒した私だからこそ言える、良い点悪い点ってものを書いてみたい。実際、iPod touchはサブ機としては滅茶苦茶優れものだ。半年間使い倒してきた爆が保証する。

 

iPod touchをバカにしてる方は、デコにシワを寄せるくらい目を見開いてよく読んでほしい。

 

iPod touchの良い点

僕のiPod touchは最新型の第6世代のiPod touch 6だ。発売されたのは2015年7月、第5世代と比べスペックは大幅に進化している。

 

進化の1番のメインどころは、AppleのA8チップが搭載されたことかな。iPod touch 5のA5に比べればCPU性能(処理速度)は6倍に進化したようだ。現に、5に比べるとサクサク動きやすくなってる。

 

この手のスペック的な比較記事に興味があれば、アフィリエイターさん達の記事を読んでほしい。Appleに特化した狂気じみてる記事はかなり多く、ググればすぐに辿り着くはずだ。アップルストアの売り子顔負けのマニアックな説明がされている。

 

ここでは、iPod touch 6をいかに楽しく使い倒すかを述べよう。

 

ではいきます。

 

iPod touch 6の軽さは病みつきになる

 ipod2

実際、iPod touch 6はめちゃくちゃ軽い。

ipod%e8%a1%a8iPhoneにしろXperiaにしろ、最近のスマホは特に大型化が進んでいるからね。あのデカさに辟易としてる方には、iPod touchの薄さ軽さは斬新に感じるはずだわ。

画面上の大きさはiPhone 5やiPhone SEと同じだが、厚さと重さが全然違う。これは数字では伝わりにくいので、是非とも手にとって肌で感じてもらいたいもんだ。

 

片手操作にストレスがない

軽くて薄い。画面サイズも4インチと絶妙。それゆえに、片手での操作がサクサク行える。通常のスマホだと、大抵の人はどうしても両手操作になりがちだ。特に女性とか。

 

でもiPod touchに関しちゃ、上から下、左から右まで余裕でスイスイ指を運べる。むしろ両手の方がやりにくい。その上、軽いとくれば、これほど快適なデバイスはないだろう。

 

スマホ特有の、あの片手持ちの気だるい重量感もない。完全ストレスフリーな操作環境、間違いなしだ。

 

原稿や記事作成する方にはオススメ

僕は記事作成する際には左手にiPod touch、右手にiPhone6を握りしめている。右手のiPhoneでリサーチしながら、左手のiPod touchでバカバカ記事を書き綴っている。右手でグラフや表を作りつつ、左手でその解説文章を書いている。

 

最高に心地良い環境だ。個人的には、パソコンのディスプレイ2台に負けじ劣らずの作業効率だと感じている。

 

 

寝っ転がって片手で動画を見れる

動画を見るにも適している。薄いし軽いからだ。寝っ転がって片手持ちするには抜群のサイズ。サクッと動画や映画を見るなら、断然iPod touchをオススメする。ただし、重量感よりも画面のデカさを重視する方は別だ。

 

ディスプレイのサイズは4インチと、iPhone5やiPhone SEと同じ。でも、iPhone5やSEよりも数段軽い。

 

デザインがGOOD

ipod3

スポンサードリンク

このiPod touchのデザインが大好きだ。ここ重要ポイント。いくら高スペックで品質が良くても、デザインがイマイチなら愛着は湧きにくいからね。

 

iPod touchは、黒、シルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、赤(期間限定)の6色の中から選べるんだが、ラインナップの中ではブルーこそが最も美しい。

 

何より、このザラつき感のある色が素晴らしい。やはり、エナメルのような光沢感よりも、ザラつき具合があるほうが高級感も格段に上がる。

 

ipod4

iPhoneやMacに関しても言えることだが、このシンプルで美しいデザインと高品質感こそがApple製品のアイコンともなっている。

 

 

iPod touch 6の悪い点

こんな感じで iPod touch 6 をこよなく愛している僕だが、不満点がないわけでもない。

 

充電の減りが早すぎる

使ってみてまず実感することは、iPod touchは充電の減りがハンパない。iPhoneと比べれば顕著に感じる。1時間も使い倒せば電池残量はかなり減っていることに気づく。

 

でも、正直これは仕方ない。原因はiPod touchの薄さにあるのだが、薄い分どうしても搭載できるバッテリーは薄型化・小型化せざるを得ない。

 

iPhone並みの充電まで要求するのは、正直酷だと思う。酷だと思うが、気に入らない人は気に入らない点だろう。

ipod5

薄いからこそのiPod touch。薄さを追求する分、充電量は物足りなくなる。

 

ポケットWiFiが必須

ハッキリ言っておこう。ポケットWiFiがなければ、iPod touchはただのゴミだ。電話機能のないiPod touchはネット環境がなければ文字通り何もできない。できるとすれば電卓くらい。

 

外出時に使うのであれば、ポケットWiFiだけは常に携行しなければならない。ガッツリ使いたいのであれば、WiMAXを契約するのをオススメする。それ以外のポケットWiFiは通信制限がケチくさいのでやめといた方がいい。

 

この点が、めんどくさくて嫌がるポイントか。いろいろ持ち歩きたくないって方には向いていないかもしれない。スマホ以外にもiPod touch、ポケットWiFiの計3つを持ち歩かなければならないからね。iPod touchを持つってことは、そういうことだ。

 

Kindle本読むのはあきらめて

iPod touchは電話機能がないだけで、その他はiPhoneと遜色ない。とはいえ、不向きな分野ももちろんある。たとえば、電子書籍か。

Kindleを読むのであれば、iPod touchはやめといたほうがいい。いくら重量が軽くて持ちやすいとはいえ、画面サイズが小さ過ぎるからだ。特にマンガを読むのは諦めてくれ。最悪だ。いちいち指2本で拡大しながら読むなんて、耐えられないだろ?

Kindle本読むなら、せめてiPhone6以上かiPadにしてくれ。老眼の方であれば尚更だ。ここは使い分けが必要だ。

 

iPod touch用ケースの種類はかなり少ない

iPod touchはApple製品の中でもニッチな位置づけにある。なんせユーザー数が少なすぎる。iPhoneやMacに比べれば、出回ってる個体数は圧倒的に少ないはずだ。実際、僕の周りにも持ってる人なんてほとんど見かけんし。

当然、付属品を作る各社も、個体の少ないiPod touch用のケースなんてわざわざ作ろうとしない。先日電気屋に行った際、改めてiPod touchのケースを探してみた。種類はたったの3種類のみ。いろんな種類から気に入ったケースを選びたい、なんて方は諦めたほうがいい。

 

まとめ

以上、iPod touch 6 を良い点・悪い点を書いてみました。

 

Android端末しか使ったことがない方にもオススメです。スマホはAndroidのままでいいけど、iOSも体験してみたい、なんて方には特にオススメします。

 

気軽にiOSを体験するには、このiPod touchこそが最適なデバイスはありません。

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら