(一生涯で、人は何度「どん底」を味わうんだろう?)

などと、ふと考える時がある。



こんな世の中だ。

思いもよらぬ事態に見舞われ、「もはや打つ手なし」な状況にある人も多いのではないだろうか。

たとえば突然のリストラ勧告。

次の職も決まらないとなれば、それはまさに「どん底」の渦中だろう。

子供はまだ小さい。これから食べ盛りだが、食費はどうする?

進学させたいが、学費を払う当てがない。

嫁の稼ぎは当てにできない。

2ヶ月乗り越えられる貯蓄もない。


日に日に減っていく生活資金…

住宅ローンはどうする?払っていけるか?

近い将来、家を手放さなきゃならないのか?

そもそも、明日から家族をどう養えばいい?



衣食住が脅かされる状況は、かなりきつい。

その壮絶なは経験した人でなければわからない。

苦を耐え抜けば精神が成長するが、耐えられなければ、心に致命傷を負う。

他人事だと感じる人は多いだろうが、こうした状況は否が応でも、今後多くの日本人を襲っていく。

「働き方改革」で能力を伸ばせない環境下に甘んじていると、何もできないオッサンになる。

経営が傾けば、その手のオッサンは真っ先に放り出される。


壮絶極まりないサバイバルの始まりだ。

例えるなら、飼育小屋から出たことのないウサギが、未開のジャングルに放り出されるようなものだ。

人生のレールからのドロップアウトだ。

在職中は鼻で笑ってきた名刺や役職が、どれほど価値のあるものだったかがよくわかる。とことん思い知る。

失ったものの巨大さに唖然とする。少なくとも半年間は打ちのめされる。

ここまで堕ちて初めて、

神はおらん

ということを悟るんである。


とはいえ、起こったことはどうしようもない。

時間は戻せるか?戻せるわけがない。

じゃあどうする?

という話になる。

今回は、「どん底」の状態では何をすればいいかについて述べていきたい。

どん底よりも厄介なのは「絶望」

「どん底」「絶望」は隣り合わせで、大概はセットになってやってくる。

「神は乗り越えられない試練を与えない」とはよくいったもので、必死でもがけば「どん底」でも何とかなるものだ。

何とかならなくても、何とかなりそうな蜘蛛の糸くらいは見えてくる。

「どん底」より厄介なのが「絶望」だ。「絶望」はひたすら目の前を曇らせるてくる。

絶望した時の心境は一言、

この世の地獄

冥界の番人アヌビスもどん引きするほど、「絶望」した時の地獄感は壮絶だ。既にへし折れた精神が、さらに細切れにされる。

考えても仕方ないことだと、いくら言い聞かせても、不安と焦燥感をどうしても拭えない。心はズタズタだ。

感受性の強いタイプ、頭の回る陰キャラタイプは要注意だ。

感受性が強いと必要以上に考え込み、自分で自分を追い詰めてしまう。

ネガティブ思考で頭の回る人間はもっと大変だ。

来るかどうかもわからない最悪の未来を、わざわざ論理だてて筋道を立てて考えるからだ。希望もクソも感じられなくなる。

「絶望」には2種類ある

「状況への絶望」「自分への絶望」だ。

「状況への絶望」とは文字どおり、今自分が置かれた環境に対する絶望。

「自分への絶望」とは自分の無価値さ・無能さ・伸びしろの無さに対する絶望。

どちらか一方ならマシだ。

絶望的な状況にあっても、自分自身に希望がもてれば、抜け出す道はいくらでもある。

自分に絶望したとしても、生活が成り立つ環境であれば、そのまま惰性で生きることができる。

まずいのは、2つの絶望に同時に襲われた時だ。

(絶望的でどうしようもない状況から「抜け出す力」がない)と腹の底から悟ってしまった時、人は自殺する。


えらく物騒なことを述べているが、ここに辿りついたあなたは多分大丈夫だ。

いずれ何とかなる。



不安と動悸で寝付けない午前2時。

布団の中でスマホを握り、Googleの検索窓に「どん底」「絶望」などと入力して、この記事に辿り着いたということは、「何とか今の状況を打開したい」と考えているからだろう。

「何とかできる」と心のどこかで信じているからだ。

2つの絶望に片足を突っ込んでしまった場合の対処法

とはいえ衣食住が脅かされ、何をしても上手くいかない状況では、精神的にはかなりきつい。

何とかギリギリ生きてるだけで、ダメさと無力感に打ちのめされている人は多い。

誰も助けてくれない

ということは、最初に言っておきたい。



どん底で絶望した時は、とにかくヒマな時間を作らないことだ。絶望に苛まれるのは、時間があるからだ。とりあえず何かする。

自分より酷い状況の人をみつけて、自分を慰めるのも別にいいけど、そんな事をしても口座残高は増えない。

収入面で不安があるのなら、収入に繋がる何かをやってみる。

仕事が決まらないのなら、朝から晩まで仕事を探して応募する。

アルバイトの掛け持ちでもいい。

せどり始めてもいいし、ネットビジネスやってもいい。

本を読むのもいいかもしれない。

とにかく、仕事や稼ぎにつながる事を何でもいいからやってみる。

ヒマは危険だ。ヒマはセルフイメージをどんどん下げる。びっくりするほど下がる。

セルフイメージが下がると、良からぬ事ばかりが頭をよぎる。


どうせ「どん底」なら、やりたい事をやってみればいい。

「どん底」はある意味チャンスだ。

バカにされようが、恥をかこうが、見苦しかろうが腹が立とうが、そんなのは別にどうでもいい。

自分がやりたい事・出来る事を見つけて、それをがむしゃらにやることだ。

行動に移せないのは、プライドが邪魔しているからだ。

プライドがある時点で「絶望」なんてしていない。むしろ、妙なプライドが邪魔して必死になれない自分に絶望した方がいい。

僕自身、年に2回くらいは「どん底」に落ちることがある。自分に対しても、何度も何度も絶望してきた。

ひどい時は何日も塞ぎ込むこともあるけど、そんな時でも「打つ手はないか」と常に探している。

見つければ、次の日には始めている。

どん底雨や絶望は乗り越えるのではなく慣れるもの

と、そう思って僕は生きている。

この2年間で、数えきれないほど絶望感を味わった。

状況は良くなったり、前以上に悪くなったり、他人から叩き潰され・傷つけられたりと、全く予断を許さない状況だ。

1番きつかったのは2年前からの半年間だ。今は多少風向きは変わった、とはいえ、目の前に函谷関がそびえ立っているのは変わらない。

やばい状況にこうも度々襲われると、だんだん慣れてくるものだ。乗り越えたとか克服したなんて感覚は一切ない。

ただ、慣れただけだ。

別に乗り越えなくていい。ただただ慣れていけばいい。

取り組みさえやめなければ、ある日ふと、状況が変わっていることに気づくはずだ。



ここで、どん底に喘ぐ方におすすめの書籍を紹介しておこう。

答えの出ない事に悩みまくって時間を無駄にするくらいなら、本一冊読めばいい。

他人はあなたを助けないけど、知識と実践はあなたを助けてくれる。

自助論―――「こんな素晴らしい生き方ができたら!」を実現する本 (知的生きかた文庫)

自助論―――「こんな素晴らしい生き方ができたら!」を実現する本 (知的生きかた文庫)

S スマイルズ
605円(08/11 19:39時点)
発売日: 2002/03/20
Amazonの情報を掲載しています
どん底から這い上がる技術 (SB文庫)

どん底から這い上がる技術 (SB文庫)

里中 李生
660円(08/11 19:39時点)
発売日: 2014/03/17
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

人生のドン底で絶望に喘ぐ人たちに読んでほしい記事