スポンサードリンク

 

IQスコアはそれなりに高いのだが、EQが極めて低いというのは数年前に気づいたことだ。

IQとは知能指数のことで、EQとは心の知性を表す指数のことだ。

これまでの言動を思い返すと、自分のEQ低さはよくわかる。大して気に留めなかったのは、仕事する上でとくに問題を感じなかったから。

ところが前職でこういうことが起こり、現在はコンサルティング業に携わっていることもあり、EQの低さこそが自分にとって致命傷であると、徐々に感じるようになってきた。

とくに他人をコンサルする上では、EQの高さこそが何より求められる。

ぶっちゃけIQはあまり関係ない。マッキンゼーにでも行かない限り関係ない。

ということで今回、EQを鍛えるための方法、おすすめ本を紹介したい。

・常に人間関係に悩んでいる
・周りからの支持が得られない
・なぜか人に好かれない
・EQの低さには気づいてるけど、治し方がわからない

といった人には役立つ内容だと思う。

 

IQの高さは成功の保証にはならない

「IQが高い=頭が良い」のは有利な要素ではあるが、頭が良いだけでは素晴らしい成果は出せない。

仕事するにあたっては、必ず目の前に他人がいるからだ。

それは社内の同僚・上司であったり、クライアントなわけだが、彼等と一緒に取り組みながら成功に導くには、彼らとの関係を良好に保つ必要がある。

(意思決定者は自分、実行者も自分、他人は言うとおりに従え)みたいなスタンスでは、いくら頭が良かろうが、取り組みは頓挫する。

ある研究報告によると、「ビジネスにおける成功者」および「社内で成果を上げている人たち」をつぶさに調査した結果、約8割の人が高いEQを示したとのことだ。

ちなみに「事業で成功できない人」「社内で成果を上げられない人」の調査結果では、そのうちEQが高い人は2%程度しかみらなかった。

ちなみに「成功できる人・成功できない人」とIQ値との間に相関は見られなかったとのこと。

この調査が示すことは、ビジネスや仕事で成功を収めるには、EQを鍛える必要があるということだ。

そしてありがたいことに、EQは鍛えることができる。

 

EQを鍛えることで得られる具体的なメリット

「EQの高さ」と「仕事での成功」が相関していることは述べたが、ただ単に成功するといっても、抽象的でイマイチよくわからない。

EQを鍛えることで具体的にどんな要素がどう鍛えられるのか。

それがどう作用して成功に導くのかを述べてみたい。

 

1.自己認識力

自己認識力とは、自分の心の中の動きを把握する力のこと。

オンオフとわず、僕らは日々いろんな出来事に遭遇する。

それはトラブルであったり、ショッキングで悲しい出来事であったり、嬉しいことや楽しいこと、満足出来ること、ストレスを感じること等々、本当にいろんな場面に遭遇する。

出来事に遭遇した時、自分がどんな対応を取っているかをどれだけ自分で把握しているか。これが自己認識能力だ。

表に出る対応こそが感情のあらわれで、それを認識することで、自分の心の動きを把握できるようになる。

スポンサードリンク

感情の出どころがわかるようになれば、感情的なミスを抑えることができる。

 

2.自己管理力

自己管理能力とは、自分の心の動きを理解し、冷静に受け止める能力のことだ。

絶望や不安といった感情が押し寄せると、人はついつい自分の中に塞ぎ込み、悶々とするだけで行動が止まってしまう。

それは「考えすぎ」であったり「勘違い」な場合も多々あるわけで、こうした自分の心の傾向をきちんと管理し、正しい方向へコントロールする能力。それが自己管理力だ。

ちなみに僕はこの「自己管理力」が低い。

 

3.社会的認識力

他人の感情を正確に読み取る能力のこと。相手の心の中で何が起きているかを理解する能力だ。

人はつい自分の価値観で相手を断じてしまいがちだが、人の価値観というものは十人十色なわけで、

この社会的認識力を高めていけば、目の前の相手が感じていること・考えていることがわかるようになる。

相手の思考が読めれば、相手の立場に立った物言いができるようになり、そうすることで相手との人間関係が上手くいくようになる。

 

4.人間関係管理力

「自己認識力」「自己管理力」「社会的認識力」の3つを統合したものが「人間関係管理力」だ。

つまり、相手の思惑と自分の意図の折衷をはかり、相手をコントロールしつつ、互いが納得できる方向へとマネジメントする高度な能力のことだ。

この「人間関係管理力」は、上記1〜3全てを鍛える必要がある。いずれかが拙ければ向上はしない。

 

EQが低い人はどうすればいいのか

以上4つを鍛えることができれば、ビジネス上での成功は収めやすくなる。

当然だ。的を得た会話ができ、良いアドバイザーにもなれるとなれば、相手の信頼を得ないほうが難しい。

EQを高めるということは、人間的に成長することだと僕は考える。

とくに仕事で一段上のステージを目指すのであれば、まずやることはEQを高めること。

「自己認識力」
「自己管理力」
「社会的認識力」
「人間関係管理力」

4つの力は「EQ2.0」で詳しく知ることができる。メンタリストDaigoも推奨してる良本だ。

EQ 2.0 (「心の知能指数」を高める66のテクニック)

EQ 2.0 (「心の知能指数」を高める66のテクニック)

トラヴィス・ブラッドベリー, ジーン・グリーブス
1,940円(11/22 15:49時点)
発売日: 2019/02/25
Amazonの情報を掲載しています

現在のEQスコアはここで測れるわけだが、ログインするにはパスワードが必要だ。パスワードは「EQ2.0」の巻末に記載されていて、

コインで擦ればパスワードが出てくるわけだ。

良い人間関係を構築できない、なかなか相手から信用されない、メンヘラ気味、みたいな人は総じてEQが低い可能性がある。

自分の何がいけないのかがよくわからず、悶々としてる方も多いのではないか。EQを高めればその悩みは消え去るかもしれない。

 

スポンサードリンク