オピニオン

『信用経済へのパラダイムシフト』は妄言か?それとも本物か?を見極めたい

スポンサードリンク

 

『信用経済』

という言葉を最近やたらにネットで見かけるんですけど、これはおそらくキンコン西野のせいだと思う。

『信用経済』とは、簡単にいえば、ネット上での影響力を活かすことで、稼ぐことが可能となった社会のことです。

もすこし詳しく言うと、影響力(信用力)のある個人がインターネットを介しその影響力を振るうことで、ファンや信者からお布施を徴収したり、自在に集客できるようになった社会のこと。

その最たる例が「クラウドファンディング」であり「VALU」なわけです。これらは「信用経済」の概念が見事に具現化された仕組みといえるでしょう。

んでこの『信用経済』という概念のルーツと思われるのが、これね⤵︎

 

これを読まずして今のネット社会を語れないんじゃないかってくらい、論理性と説得力と洗脳力に満ちた書籍ですよ。

好きか嫌いかはおいといて、とりあえず、わかりやすくキレイにまとまってる。

もうね、「キンコン西野」といい「イケダハヤト」といい、名だたるインフルエンサーはみなこれを哲学にしてるんじゃないかと。

そう思えるくらい、今の価値観ってのを的確に書きあらわしてる。

 

今回は、今流行りの「信用経済」について、僕なりの私見を述べてみようと思います。

 

パラダイムシフトのサードウェーブ

上記の本の中で岡田氏は、従来の「貨幣経済」は終わりを告げ、そのかわりに「評価経済」という概念が今後の社会の主軸となっていくであろうと述べています。

現在こそ、まさに価値観がゴロリと変わりつつある過渡期であり、今後の人類社会は極めて大きな「パラダイムシフト(価値観の大変換)」が起こるだろうと。

数世紀に一度レベルの、この巨大潮流はもう誰にも止められない。

らしい。

パラダイムシフトというものが、如何に人類社会にバカデカい地殻変動をもたらすかを説明するには、まず過去のパラダイムシフトを述べねばなりません。

 

古代に起こった「農業革命」

人類は、これまで3度、社会の価値観を根底から覆すほどのイノベーションを経験しました。

最初のパラダイムシフトは『農業革命』です。

農耕技術の発見により、人類は計画的に作物を収穫する術を身につけ、その日暮らしだった狩猟生活に幕を下ろすことができました。

同時にそれは、根無し草で常に飢えているのが当たり前だった価値観から、土地に根ざしながらも腹一杯食えるのが当然の価値観への大変換だったといいます。

それ以降の人類社会は、土地と農業を基盤とした封建社会が根付くことになり、その状態は中世まで延々と続くことになるのです。

 

18世紀後半の「産業革命」

中世までの人類社会の価値観ってのは、至極単純です。

1.封建制度
2.非科学的な迷信
3.教会の宗教的支配

以上この3つだけ。これである程度の説明がつくくらい、中世までの人類社会はバカシンプルでした。

いやシンプルな社会といっても牧歌的だったとかじゃなくて、脳ミソをシンプルにしか使わなかったぶん、迷信(妄想)が政治や社会のルールを支配するという「恐怖」に覆われた社会システムです。嫌いな奴は魔女狩りで殺すとかね。

生まれてきたことを後悔するレベルの壮絶な状況だったのは確かでしょう。宗教が流行ったのは、生きるのがあまりにも辛かったからだと思う。

 

この陰惨な時代に終止符を打ったのが、18世紀後半にイギリスから起こった、人類史における第2のパラダイムシフト『産業革命』です。

産業革命こそ、人類史上最大のパラダイムシフトであります。

それまでは耕すか祈るかシコるかで1日を終えてた人たちが、この産業革命によって次々と「科学的思考」「合理的思考」に目覚めていくわけです。

当然ながら、人々の価値観も大激変していく。

日本でいえば、この産業革命にあたるのは「黒船来航」ではないでしょうか。ペリー率いる蒸気船団が浦賀に来航した際、当時の日本社会は、理解不能なものへの恐れで大混乱に陥ったようです。

黒船への対抗措置として、大砲の絵描いた布なんかを海岸に並べて威嚇し返そうとしたのは、当時の日本人からすればコントではなく、極めて真剣な国防でした。

※黒船のクルーは腹かかえて爆笑してたと思うけどね。

この黒船来航を境に、極東の日本でさえも欧米の産業革命に飲み込まれ、日本人の価値観も大激変していくわけです。

 

同時にこの『産業革命』は、中世まではあって無きの如しだった「お金」の価値をも変えてしまいます。「貨幣経済」が本格的に始動したのは近代以降の話です。貨幣経済の発達は、やがては資本主義の前身たる「帝国主義」へと人類を駆り立てていきます。

そういった超巨大イノベーションの連続コンボたるや、当時の人類社会にとって、どれほど強烈なものだったかは説明するまでもないでしょう。

 

「情報革命」

産業革命に端を発した超巨大パラダイムシフトは、その後「帝国主義」を経て「資本主義」へと変貌していくわけですが、

21世紀に入ると今度は、この資本主義をも歪めるほどのイノベーションが起こりました。

インターネット

インターネットの起源は1960年代ですが、加速度的に発達し始めたのは21世紀に入ってからだと考えます。

人の価値観のベクトルを決定的に変えたのが、ジョブスの「iPhone」をはじめとするスマートフォンの登場です。

スポンサードリンク

みんなあまり意識してないけど、このスマホを持つ 以前と以降では、僕らの価値観は全くの別物なんですよ。

なんせスマホを持つ前までは、経済活動を行えるのは企業に限定されてましたからね。

情報なんてものは、テレビや新聞の垂れ流す粗悪なものが全てでした。正しいかどうかを精査する以前に、そもそもそれしか与えられてなかった。

これらをブチ壊したのが「情報革命」です。

ウェブサイト・SNS・YouTubeの登場と、スマホを持つことでそれらに容易にアクセスできるようになった「環境」が、社会を激変させていきます。

それまでは企業やマスコミに寡占されてた経済活動や情報発信に、個人レベルでいとも簡単にアクセスできるようになりました。

同時にそれは、稼ぐ(生きる)ためには超社畜であることこそが唯一絶対の正義であった価値観から、

「好きなことして生きたほうがいんじゃね?」といった価値観への大変換を引き起こすことになりました。

この「情報革命」こそが、人類史上3度目となる超巨大パラダイムシフトともいわれてるのです。

 

情報革命→評価経済社会

まず、『評価経済』は『信用経済』と同義と考えてください。

「情報革命」により、かつての企業戦士=社畜なんてのは「ダサいもの」の代表格です。滅私奉公なんてクソダサいマネはやめろと、従来の価値観なんてのは全否定ですよ。

自分の気持ちに正直に生きるほうが幸せだろと、若者を中心に「かっこいい」の基準が変わってきた。つまり価値観が変わってきたわけですね。

そこで幅を利かせてきたのが、『評価経済(信用経済)』という概念です。

これからは「社会的に高評価を受ける者」がお金を稼ぐ時代であり、それは企業である必要は全くないと。

 

お金よりも信用を築け?バカなの??

僕は世代的にちょうどオヤジと若造の間にいるので、オヤジの社畜的価値観は普通に理解できる。

「自分の気待ちを大切にしたい」という若造の価値観もよく理解できる。その溝が決して埋まることはないことも。

 

『お金よりも信用を築け』というのもよく見かけますね。

一見すれば、もっともらしいことを言ってるように思えるでしょ?

言葉こそ違えど、インフルエンサーたちの主義主張なんてのは、だいたいここに行き着くんですよね。「フリーに稼ぐオレの生き様こそが正解」などとドヤってるのも、まさにこの『信用経済』という概念が発端です。

特に今の若造は「自分らしく生きたがる」ので、こうした価値観に触発される奴は多いと思います。

よくいるでしょ?この手のキラキラが大好きな人。

ちなみに、社会からの高評価といっても、それは基本的にネット上での評価に限定されます。たとえば、ツイッターのフォロワー数が多かったりとか、ブログのアクセスが多かったりとかね。

なんのことはない。評価経済社会でいうところの評価ってのは、その実、ネット上でどれだけ人気者であるか。それだけなんですよ。

とくれば、その分野の強者たるキンコン西野やイケハヤ・はあちゅうなどが調子に乗って煽るこも当然の流れなわけです。

そんな彼らに煽られ、「この大潮流に乗り遅れてたまるか!オレもブログやツイッターやんぞ!」なんて意気込む奴は日々現れては消えてることでしょう。

 

果たして、この『信用経済』が今後の大潮流になるのか?今後稼ぐためには、ネット上での評価を上げることに心血注がなければならないのか?

 

いやいや、

大潮流ってのは無理あるだろ

 

ってのが僕の意見です。

確かにネットビジネスは稼げる。でもそれがメジャーになるかといえば、「ならないでしょ」と僕は考えるのです。

だって考えてもみてください、まず、日本人全体が得る『情報の総量』ってのは限られてるんですよ

スマホが国民全体に行き渡った今現在、何かを検索する総時間やSNS眺めたりする時間ってのは、そんな劇的に増えることはないでしょう。

人口が増えれば検索数も増えるんだろうけど、日本じゃ人口なんてむしろ減ってるし。年寄りにググらせろってのも無理がある。

総量が決まっているということは、その中で評価を得るためには、すでにある誰かの評価を奪うしかない。つまり、『評価経済社会』でいうところの評価を勝ち取るというのは、要は検索トラフィックの奪い合いにすぎないんですよ。

たとえば、このブログの月間アクセス数が2倍の20万PVまで伸びたとすれば、それは他の誰かのアクセス数を10万PV分奪ってるにすぎない。

つまり、『評価経済社会』の評価を得る、『信用経済』でいうところの信用を得るというのは、ほかの誰かの評価や信用を奪うという、単なる椅子取りゲームなわけです。

またはゼロサムゲーム。限られたパイの奪い合い。

こうしたゼロサムゲームを勝ち抜けるのは、よほど優秀なタイプか、既にある程度の影響力を確立してる強者だけです。

そして、その手のタイプってのは社会においても極少数派。

『評価経済社会』なんてのは、インフルエンサーが情弱を釣るための方便にすぎないわけです。

 

興味のある方は、Kindle版なら810円で購入できます。ちなみに、Kindle Unlimitedに登録してる方は無料で読めますんでご注意ください。

 

 

関連記事

  1. オピニオン

    崖っぷちの君に贈りたい。挫折しまくりの僕が実践する、必ず立ち直れる方法3つ。

    今回は、挫折寸前で心は崖っぷちな方に向けた内容となります。この記事を読…

  2. オピニオン

    不労所得 年間40万の僕が語る。副業や投資が必須な理由。

    『労働は尊いもの』日本には労働を賛美する変な風潮が…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が嫌いな完全社会不適合者。

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済・社畜論。

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 
雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
アップル製品、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢の革靴。

 

【嫌いなもの】
公務員、クソ上司、クソ真面目な人。

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP