オピニオン

同和地区のど真ん中で7年暮らす僕が、部落地区の現実を伝えたい。

スポンサードリンク

 

間取り:3LDK
専有面積:60㎡
築年数:20年
最寄駅まで:徒歩3分
周辺施設:スーパー・コンビニ・病院有り
家賃:48,000円
駐車場:7,000円

 

僕が現在住んでいるマンションのスペックなわけだが、安すぎると感じた方は多いだろう。

もちろん車の必要な田舎ではあるが、「ド田舎」というほどでもない。さすがに車は必要だが、意外にも生活インフラは充実してて特に不便さは感じない。

都市部へのアクセスにしても電車で30分と申し分ない。典型的な都市部郊外のベッドタウンの様相を呈している。

にもかかわらず、家賃・駐車場合わせて55,000円だ。

なんたる破格の安さだ。

同様の立地条件でこの値段で住めるのは「和歌山のど田舎」くらいのものだろう。大阪や京都(僕は関西在住)では、これほどコストパフォーマンスの高い物件はまずありえない。

とくに大阪府内では家賃だけで7万は軽く超えてくる。東京であれば、10万は軽く超えるだろう。

クソ安い家賃相場に惹かれてか、大阪や京都からの移住者はそこそこいており、以前役場の職員に聞いてみたところ、転入者については毎年一定数途切れることはないそうだ。

現に僕が住むマンションにしても、空室率は常に10%以下と、全国平均18.8%を大幅に下回っている。

にもかかわらず、ネット上では不人気地区扱いのままであり、家賃相場も上がる兆しはない。理由は、

 

同和地区のど真ん中

 

だからだ。

 

部落地区だなんて知らなかった

現在の場所に越してきたのは7年前のことだ。

越してきた理由は先述のとおり、安い家賃につられたから。僕のような安月給の公務員投資家にとっては、固定費の削減は生活の最優先事項なのである。

初めて物件を紹介された時は目を疑ったよ。この条件で、たった48,000円とはね。

さすがに「これは怪しい」と思い、いろいろ調べたところ、事故物件でもなかった。

築年数は20年と古いが、オーナーがこまめにメンテナンスしてるため建物はさほど劣化しておらず、古いながらも全体の清潔度は高く保たれている。

住民の方々も、みなごく普通だ。ヤクザなんていやしない。しかも、一階には美味いカフェまで入ってるとはな。

 

穴場だ。

 

と思っていたのだが、よくよく考えれば、僕のような素人が良物件に偶然巡り会えるほど不動産は甘くない。安いには安いなりの理由があるのである。

 

被差別部落地域

 

そう気づいたのは住み始めて半年後のことだった。きっかけは、子供の保育絡みで知り合った隣の地区のおっさんの爆弾発言だ。

おっさん「新参者のあんたは知らないだろうが、この地区はな、昔からろくでなしが多いんだよ。地元民なら、まず寄り付くことはないな。」

 

なんだ?その意味深発言は?

 

おっさんからすれば軽い世間話程度のつもりだったのだろうが、僕の関心と知的好奇心を揺さぶるには、十分すぎるほどの刺激的な発言だ。

最初は意味がわからなかった。

見る限りにおいては、隣近所の方々はマンション住人含め極めて普通な人ばかりじゃないかと。いや、ろくでなしどころか、みんな親切で礼儀正しい。

と、おっさんに伝えたところ、「そういうことじゃない。」と言われる。

おっさん「マンション住人がどうこういう問題じゃない。あんたの住む、この地区自体が問題なんだ。いいかね、ここは部落のど真ん中なんだ。家賃が安いのは、そういうわけさ。幸運でもなんでもないよ。」

 

安い理由は同和地区のど真ん中だから

 

(そうか、僕は同和地区内のど真ん中に住んでるのか。)

 

新鮮ともいえるカルチャーショックがあった。なんせ僕の生まれ育った町には「部落差別」なんて聞いたこともなく、同和教育もあるにはあったが、そんなものは遥か昔の出来事のようにしか感じられなかった。

差別は現実にあるということを、その時知った。部落と呼ばれる地域は現に目の前にあり、しかもそのど真ん中に僕は今住んでる。

 

なるほどな

 

驚きと同時に妙な納得感もあった。どうりで家賃が安いわけだと。

知ってる人は避ける。安い家賃相場のみに惹かれた人だけが、どんどん入居してくる。

かといって爆発的に人気があるわけでもなく、全体でみればまぁ不人気地区である。だから、家賃相場は安く抑えられてるわけだ。

その後もおっさんと話す機会は多く、部落差別についてとことん語り合った。

おっさんの話すこと全てが、当時の僕には衝撃的だった。なにより1番衝撃的だったのは、「おっさん」という超差別主義者が現実に目の前にいるということ。

 

ちょっと調べてみた

以来、僕はとことん調べた。

生まれつき好奇心旺盛で、一度気になったことは極めずにいられない性分のため、いろんな文献を読み漁り歴史をほじくり返しながら、部落差別に関する知識を体系的に身につけていく。

まるで豚がエサを食うが如く、部落についての知識を貪欲にかき集め続けた。

ちなみに、部落の起源に関する書籍でもっともディープだったのはこれね⤵︎

 

 

部落問題に関心のある方には一読の価値ありだ。部落差別の起源について、これでもかというくらい述べられている。

スポンサードリンク

ちなみに、Kindleunlimited(キンドルアンリミテッド)に登録すれば無料で読めます。

 

初回であれば、登録から30日以内に解約すればお金はかかりません。初回分のお金がかかったにしても、たった980円なので、実際に買うよりもかなり安いです。どちらがお得かは言うまでもありませんね。

 

いろいろ調べた結果、やはり僕の住む地区は典型的な同和地区であった。同和の知識を身につけるごとに、今だに差別が存在し、それが根強く残ってる理由もなんとなく分かるようになる。

部落差別のそもそもの原因は、元をたどれば藤原王朝時代に生まれたものなのである。勝者側が敗者側を限定された地区に押し込め虐げてきた歴史。「ゲットー」ともいうべき人の断絶が、やがては同和地区の起源となった。

その後も江戸時代の穢多非人という差別的風習や、近代以降の被差別部落者の利権なども加わることで、差別問題は一気に歪(いびつ)化していく。

教科書で習う日本史など、当たり障りのない表面を削り取っただけにすぎない。部落差別の裏にある裏の日本史こそが、紛うことなき「真の日本史」であるといえるだろう。

特に関西においてこうした部落差別が今も根強く残っているのは、関西の歴史がいかに深いかの証左でもある。

 

歴史を紐解きながら部落差別の本質を知ったことで、一つ気づいたことがある。

ほとんどの人は「ノリ」だけで差別している

理由なんてどうでもいい。さらに救い難いことに、むしろ差別しなきゃ気が済まない人間も一定数いるということ。

因果応報という言葉があるとおり、被差別部落地区にも差別されるに至った原因があるんだ。

多くの方は、その原因を知ろうとせず、周りが差別するというだけで何の疑問も抱かず自分も差別する側に回っていく。

よくよく考えると、これはとても恐ろしいことだ。

 

勝手なイメージが一人歩きしている

ここで、僕の住む町についてのネット上での書き込みを紹介しておきたい。

〇〇町の保育園にはその地域の人しか来なくて、何か園児同士のトラブルが起こると村人が集団で相手方の園児の家に押しかける。とにかく民度が低くて親が刺青は当たり前。顔に刺青とかまでいる。ここはとにかく危険。

非常に危険な地域です。この地域の小学校では小学校低学年から酒やタバコ、場合によってはシンナーやドラッグを使用する子もいます。本当にこの世の果てみたいな場所でした。私は小学校はこの地域の学校に通い、中学受験して私立中学に進学したのですが 本当に同じ人間かと思えるほどこの地域は酷かったです。幼稚園児で刺青してる子さえ2人いましたからね、、、差別はいけませんが、社会で生活する以上は区別は必要です。同和だからとかは一切関係ないです。どう考えてもここの民度は病的で異常です。

 

昔は知らん。

現在この同和地区のど真ん中に7年間住み続け、小さな子供を町立保育園に預けてる身から言わせていただくと、そのような事実は聞いたことがありません。

もちろん、町民全てが善人だとまでは言わない。僕が知らないだけで、中には上記のような方もいることだろう。

でも、たとえ高級住宅街であったとしても必ず変な奴はいるように、どんな地区でもロクでもない奴は必ずいるもの。現に僕が以前住んでた地域は部落ではなかったけど、この町なんて比較にならないほど荒廃してた。

都市部へのアクセスも良く適度に自然も豊富で、子育て環境には申し分ない。難点は、学区の学習レベルが低いということ。それ以外は、案外普通だ。

 

その後もおっさんからは「そこで育った者しか理解できない事情がある。」「少し勉強したからって、差別を安易に語るな。」とよく言われたものである。

しかしながら、おっさんと僕とでは差別に対する見解が全く違う。

そもそもだ。

これほど人が活発に行き来する現代で、特定の地区に住んでるという理由だけで差別するのは前時代的としか思えないのだ。

郊外の新興住宅地の住所なんてのが良い例かと。

新興住宅地には綺麗で耳障りのいい地名がつけられることが多い。しかしながら、以前の地名などを辿ると、差別をイメージさせるような陰惨なものであることも多い。

人を呼び込むには具合が悪いからだ。だから市や町は、しゃれた地名に変えようとするのである。要はマーケティングだ。

そうして、昔を知らない若いファミリー層がどんどん増えていく。その一方で、過去のイメージを引きずる古い人達はどんどん消えていく。

差別の対象が人なのであれば、人が入れ替わることで差別の前提は崩れなければならない。

 

固定費安くて最高としか思えない

同和地区のど真ん中に7年住む僕としては、家賃が安くて最高。それ以外の感想が驚くほどありません。

気になるのはマイルドヤンキー率が高いくらいですが、彼らは基本リア充なだけで他人に迷惑をかけることはないし、反社会的でもありません。それどころか熱心に消防団員として活動してくれるし、秋の祭りでは盛り上げてくれる。一日中バランスシート眺める僕などより、よほど地域に貢献してるといえましょう。

なんども言いますが、とにかく立地条件は素晴らしいのです。自然と閑静な住宅街が融合しており、子育てにも最適な土地であると。僕は感じています。

 

部落問題についての関連記事はこちら⤵︎

被差別部落とは何か?その起源は歴史に隠されている。

 

追記

部落差別に関しては僕は否定的というか、それほど関心はありませんが、こういった差別がなぜ根付いたのかという「歴史的背景」には、ものすごく関心があります。

ただ差別地区に住んでるからといって、そこの住人たちに偏見を持つことはないということはわかってもらいたい。

そこんところをご承知の上で、被差別部落の問題を少し追記しようと思います。

 

もし、子育て世帯が被差別部落地区に住むのであれば、気をつけなければならないのは「学区」です。

被差別部落地区の学校は偏差値が低いのです。

子供が幼稚園や保育園までは被差別部落地区に住むのは問題ないでしょう。ただし、小学校に入れるとなれば話が違ってきます。

もし子供の学業を伸ばしたいのであれば、部落地区の小学校に入れるのは今後かなり不利になるとお考えください。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. オピニオン

    崖っぷちの君に贈りたい。挫折しまくりの僕が実践する、必ず立ち直れる方法3つ。

    今回は、挫折寸前で心は崖っぷちな方に向けた内容となります。この記事を読…

  2. ライフスタイル

    資産とは何か、定義しておこうか

    こんにちは、ファイナンシャルブロガー伴です…

  3. オピニオン

    踏切で律儀に一時停止する「クソまじめ」は、何やっても成功しない

    踏切前でいちいち律儀に停止するのって、間違いなく日…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が嫌いな完全社会不適合者。

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済・社畜論。

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 
雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
アップル製品、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢の革靴。

 

【嫌いなもの】
公務員、クソ上司、クソ真面目な人。

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP