オピニオン

バカで終わりたくなくば、「ファスト思考」を減らし「スロー思考」を増やせ

スポンサードリンク

 

「頭の良い人の10の共通点」だとか「頭の悪い人の20の特徴」などなど、お節介にも人を分類する記事は多いですね。

そもそも、「自分の頭の悪さ」をわざわざ論理的に説明されたがるバカはいないわけで、この手の記事の読者層ってのは比較的頭の良いクラスタに限られるのではないかと。

個性というのは千差万別です。特徴をあげつらって人を分類するのはエンタメとしては面白いけど、それが正しいのか?といわれれば正直うさんくさい。たかが10や20の共通点で良し悪しを分類できるほど人の頭脳は単純ではありません。かき集めたような共通点や特徴など役に立たない。

じゃあ、頭の良し悪しはどうすればわかる?

「ファスト思考」or「スロー思考」

これだけで、だいたいわかります。

「10の特徴」などの分類記事は話半分に聞いとけ

もちろん至極ごもっともなことも書かれてはいますよ。でも、的外れなことも普通に書かれてます。信頼性のある統計に基づく内容ならまだしも、個人ブログのレベルであれば基本的に著者の主観にまみれていると考えましょう。

単なるオピニオンであれば主観まみれでいいのだけど、分類記事は属性的に正確性が求められるはずです。単なる著者自身のポジショントークをさも真理であるかのごとく語るのは、記事としてはよくありません。

 

「暗記力が低い=頭が悪い」は本当か?

頭が悪い特徴としてよく取り上げられるのが、「暗記力が低い」です。

その中には「暗記力が低い=頭が悪い」と一方的に決めつけるものもありまして、これに僕は強烈な違和感を感じるのです。暗記力も(ある程度は)大事なのはわかりますが、それだけで頭の良し悪しを分類するのは無茶です。「暗記力=賢い」というなら、「官僚=みな賢い」になってしまう。

不必要なものは敢えて記憶しないというのも、脳の効率的な使い方なのです。天才の中には、不必要な情報は問答無用で記憶の引き出しから完全消去するタイプがいます。彼らは「覚えられない」のではなく「覚えない」のです。「情報の取捨選択」の度合いが突き抜けてるとでも言いましょうか、とにかく彼らは覚えない。

僕自身この手のタイプには、これまで2人ほど遭遇しました。一人は職場の同僚。もう一人は起業家です。彼らは仕事面においては驚くほど頭脳明晰でも、仕事以外となれば常識的な部分が驚くほど欠落しています。重要でない限り人の顔と名前が覚えられないとか、仕事内容は辞書のように記憶するくせにペーパー試験は並以下とか。

「覚えられない」からといって、彼らをバカ認定するのは早計です。彼らが「覚えられない」のは「覚える価値がない」からなのです。

この暗記力は、一見「頭の良さ」をはかる指標に見えますが、実際はむしろ単なる「作業能力」をはかる指標なのではないか、と僕は考えます。

そう考えれば、日本の教育が暗記至上主義であるのも合点がいく。日本社会が必要とするのは「天才肌」よりも「作業能力の高い労働者」なのだから。

 

「人を見下す奴」に限って頭が悪い、って本当か?

人を小馬鹿にしたり見下す奴に限って、実はそんなに頭は良くない。むしろバカである。との意見があります。

「バカの特徴20選」系の記事によると、人を見下すような奴はいずれ人間関係でしっぺ返しを食らうと。わざわざ自分に不利益を招くような奴は先々を読めないバカなのだと書いてある。

己の無能さを棚に上げて人を見下すのは論外ですが、頭の良い人は基本人を見下します。

世の成功者たち(プチ成功者も含め)は、たいてい人並み以上の頭脳とメンタルを備えてますが、彼らはみな謙虚か?といえば、残念ながら違うと言わざるを得ない。

彼らの日頃の発言をみれば、これでもかというくらい頭の悪い人をディスってますよ。もちろん謙虚な方も中にはいるのでしょうが、それはビジネスや集客のためわざと演じてるだけだと思います。

謙虚さと賢さに相関関係はありません。

傲慢な奴はいずれ人間関係でしっぺ返しを食らうといっても、賢い彼らが、自分に利のある人間関係までぶち壊すわけないじゃないですか。ブッ壊しても問題ない人間関係だからこそ、彼らは平気で相手をディスるのです。

 

頭が良いかどうかは「ファスト思考」か「スロー思考」かで判別できる

前置きが長くなりました。

人の知能レベルは、「ファスト思考」「スロー思考」かで大体わかります。

 

ファスト思考

読んで字のごとく素早い思考のことです。

本能のおもむくままに判断し、尚且つ、自分の理解の及ばないことは即座にシャットアウトする。これが「ファスト思考」です。

ファスト思考者は知能が低い

たとえば、業務の効率化への発案に対し「ふざけるな。今までどおりやれ。」で一蹴するクソ上司。彼らなどは「ファスト思考」のわかりやすいサンプルですね。

最近あまり見かけなくなりましたが、「中国が第1・第2列島線を引いた」→「人民解放軍が沖縄と九州に侵攻してくる」などと騒ぐ連中。彼らの思考回路こそ、典型的な「ファスト思考」です。

スポンサードリンク

ほかにも「TPP締結→日本の農家が死滅」とか「憲法改正→アベが侵略戦争を目論んでいる」とか、ファストな例はたくさんあります。

アメリカであれば、愛国心を鼓舞する際に「リメンバー・パールハーバー!」とか「リメンバー・アラモ!」がよく使われますが、これに見事につられる人々はみなファスト思考者です。

「ハイル・ヒトラー」なんてまさにそう。ヒトラーは散々ゲルマン民族の優位性を説いてたけれども、洗脳され盲従するドイツ人を大量に生み出すことで、皮肉にも(当時の)ドイツ人は優位どころかむしろアホだということを証明してしまいました。

「大衆は愚かである」と過去の賢人達が口を揃えて言ってるのは、大衆というのは基本的にファスト思考でしかモノを考えない、ということを指しているです。

 

スロー思考

スローといっても優柔不断で鈍臭いとかではありません。

状況を情報と照らし合わせながら頭の中で咀嚼し吟味する。これが「スロー思考」です。

スロー思考者は頭が良い

先ほどの中国脅威論にしても、「スロー思考」の持ち主であれば「日本侵略」などとは安易に考えません。きちんと歴史を見れば、中国は侵略国家ではなく「冊封体制」を敷く国だということがわかります。

中国人は自らを世界の中心とみなしており、周辺諸国は自分たちよりも劣っているとの思い込みがあります。この「中華思想」は、中国人を理解する上で非常に大事なポイントです。

他国を侵略し植民地にするのは、我々からすれば「帝国主義」として普通に認識できるけど、

中国からすれば、他国を自国に取り込む=劣った国を自国と同等にまで引き上げる、ということになります。プライドの高い中国人からすれば、んなことは絶対に認められない。

じゃあ周辺諸国に影響力を及ぼすにはどうするかというと、侵略しない代わりに朝貢させ従わせる。これが「冊封(さくほう)」です。

中国の歴史をみても、周辺諸国とのいざこざは多数あれど、相手国に攻め込み併呑したという記述はほぼありません。あるとすれば自国内の縄張り争いだけ。他国を侵略してるのは、むしろ日本側だよねと。

歴史を参考にするのであれば、中国が日本を侵略するなんてのは考えにくいわけです。まぁそれ以前に、不良債権まみれの日本を盗るメリットがどこにあるんだという話でもありますが。

中国に関しては、とにかく「スロー思考」の持ち主であればここまで考えますよっていう一例です。間違っても、脊髄反射のごとく「日本侵略」などと安易に結論づけたりしないっていう。

TPPにしろ憲法改正や特定秘密保護法にしても、どこぞのバカども同様にわめいたりしない。世界状勢や政府側の意図などをしっかり見据えた上で、日本側にとってのメリット・デメリットをしっかり精査します。

 

多数派のバカと少数派の賢者の差とは

結論としては、

頭が良い人=スロー思考

頭が悪い人=ファスト思考

ということになりますが、別にファスト思考を否定してるわけではありません。

人間の頭脳というのは、基本的にファスト思考の塊だからです。ファスト思考とは、全く頭を使う必要のなかった石器時代からの遺産なのです。この遺産がDNAレベルで染み付いてる。

そもそも生きるということは膨大な量の判断の連続なのであります。それらをいちいちスロー思考でやってては時間が足らないし身がもたないわけで、ほとんどの判断はファスト思考に委ねざるを得ません。

とはいえ物事の本質を見抜くとなれば、ファスト思考は役に立ちません。そこはスロー思考が絶対に必要となります。

結局、頭が良いか悪いかの差ってのは、「スロー思考の割合が多いか少ないか」言い換えれば「スロー思考とファスト思考をいかに使い分けられるか」なのであります。

本記事の参考文献はこちら⤵︎  クソ面白いので一読することをお勧めします。

関連記事

  1. オピニオン

    幸せとは何ですか? ← そもそも、人は幸福になれるようプログラムされてない

    『幸せとは何か?』この問いに対する答えは、人それぞ…

  2. オピニオン

    嫌われたくない人に贈りたい|人生に必要なものは嫌われてもいい覚悟だけ

    とにかく「人間関係」が重要視されるのが日本社会です…

  3. オピニオン

    仮に公務員じゃなくても生産性なんてないだろ?って話。

    「オレ達には生産性がないんだよなぁ」とは、公務員の方々がよく口にするセ…

  4. オピニオン

    学校が嫌い・行きたくない人を勇気付ける。不登校児だった僕が学校には行く必要がない理由を語ろう。

    僕は義務教育に対して否定的なスタンスです。僕自身が義務教育に向いてなか…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP