オピニオン

去る時に涙できる者は幸福である

スポンサードリンク

 

異動により職場を去らねばならない時、

退職により組織そのものから去る時、

 

「涙が出る」というのは幸せなことである。

去り際に「涙が出る」ということは、今の仕事・職場・仲間・客に対し、これまで如何に真摯に情熱を注いできたかのあらわれである。かけがえのない大切なものだからこそ、それを失った時にどうしようもない寂寥感に襲われる。

それは仕事に対し、義務感を超えた『無償の愛』があったことの何よりの証明ではないのか。

労働とは、人生の大部分を嫌でも投じねばならないいわば人生の「十字架」。

「十字架」に対しポジティブでいられるかネガティブにしか向き合えないかは、ダイレクトに「幸か不幸か」に直結する。

 

去り際に自然と涙が出る

 

それは今の仕事に「かけがえのない価値」を見出したということだ。言いかえれば、それは人生における「幸福」である。

 

卒園式

3月は子どもにとっては卒業の季節。大人にとっては人事異動による別れの季節だ。

今日は娘の通う保育園の卒園式だった。

娘はまだ卒園する歳じゃないので、卒園式など僕には何も関係ない。とはいえヨメが役員してるため、我が家にとっては無関係ではない。

ヨメが風邪気味で行けなくなったため、僕が代行で行かされるハメになった。

(めんどくせぇ)

とはなかなか言えず、渋々スーツに着替え卒園式に向かう。

あくびしながら場内に入ると、来賓席には議員連中が座っていた。20人くらいいただろうか。町の活性化には役不足なジジババだ。

彼らのハナシはどうでもいい。(ゴタクはいいから、ふるさと納税のクソショボいお礼品をどうにかしろ)などと考えながら、もう一度デカいあくびをした。

が、卒園児たちのパフォーマンスが始まってからは一気に目が覚めた。

顔見知りの子どもたちのハキハキしたパフォーマンスには、ある種の感動を覚えた。

他人の子とはいえ、乳飲み子の頃から知ってる子も多い。こんなにハッキリ話せるようになったとはね!と、うちの子もこうなんのね!と、成長から来るパフォーマンスには驚かされたものだ。

 

保育園の先生

さらに驚かされたのは先生方のスピーチ。心の中で長らく消え去っていた「ある感情」を呼び覚まされる。それほどに、先生たちのスピーチは印象的だった。

壇上で話したのは4人。

人事異動で去る先生、一身上の都合(妊活)で退職する先生、卒園児クラスの担任及び副担である。

園を去る先生たちと、園児を送り出す先生たち。

みんな泣いている。とある先生は鼻水垂らしながらの号泣だ。

立場は違えど彼女らのスピーチに共通しているのは、「寂しさ」「名残惜しさ」が溢れ出ていたということ。

(この思い出深い保育園から離れたくない)

(1年間、毎日みてきた園児たちから離れるのが名残惜しい)

あまりにエモーショナルなそのスピーチには、無関心な聞き手をも振り向かせるほどのパワーがあった。そのパワーが会場全体を感動の渦に巻き込み聴衆を圧倒する。

スポンサードリンク

日々真剣に「保育」に携わってきた者にしか発し得ない、実に素晴らしいスピーチである。

先生は口にこそ出さないが、「保育園は決してホワイトな職場ではない」というのはなんとなくわかっていた。

パフォーマンスの裏側にある「労力」が見えない者は頭が悪い。「園児のしつけ」から「頭の悪いクソ親への対応」まで、なかなかにハードであるのは見ればすぐにわかるものだ。

1日が終わる頃には、彼女たちはヘトヘトに疲れきっていることだろう。

そんなハードな仕事にもかかわらず、「もっとみんなといたかった」と涙ながらに語る先生たち。

その原動力となっているのは、職場と園児たちに対する仕事を超えた「無償の愛」か。

 

我が身を振り返って思うこと

泣いてもいい。泣く資格は十分にある。

が、同時に彼女たちは喜ぶべきである。

去り際に泣けるほどの「価値」を仕事に、それほどの「彩り」を自分の人生にもたせることができたのだから。それは本当に幸せなことである。

 

その場で、ふと考えた。

 

(…オレは、去り際=退職時に泣けるだろうか?)

 

 

ありえない。

泣かないだけならまだいい。最悪、その場で爆笑してしまうかもしれない。

長年苦しめられてきた持病を根治できたかの如く「せいせい」して終わりだ。開放感とメシウマ感がオレを爆笑の渦へと導く。

絶対に、そうなる。

仕事が人生に彩りを与える?

一体、どこのハナシだ?

クソ組織でのブラック労働は、肥溜めに投げ込まれ頭を押さえつけられるようなもの。糞の海から這い出んとするに、一体何の未練があるというのか。

 

・安月給にもかかわらず、アホみたいな業務量と責任まみれのブラック労働

・見た目もショボくアホなくせに己を優秀と思い込む、童貞臭漂うクソ生意気な若造

・ブラック社会の元凶ともいうべき、現代版「神風特攻隊」

・パワハラしか取り柄のないアホ部長

 

これらが寄ってたかってオレの業務を増やし・妨害し・気分を害し・殺意を抱かせる。

こいつらを埋めるに、一体何のためらいがあろうか。

もし手元に小型の核があれば、それを落とすに「爆将軍」並み⤵︎に一切の躊躇はない。

 

 

壇上の先生たちをみていると、真逆な自分が惨めに思えてならなかった。

 

 

PS .保育園を去る先生方、貴女たちには本当にお世話になりました。願わくば、あなた方の幸福が今後もずっと続かんことを。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. オピニオン

    大人になるにつれ友達が減る理由

    同窓会を否定するつもりはありません。あってもいいと…

  2. オピニオン

    仕事を辞めるに「勇気」や「思い切り」は1mmも必要ない

    仕事が嫌ならさっさと辞めろ迷うくらいなら今すぐ辞め…

  3. オピニオン

    『信用経済へのパラダイムシフト』は妄言か?それとも本物か?を見極めたい

    『信用経済』という言葉を最近やたらにネットで見かけ…

  4. オピニオン

    踏切で律儀に一時停止する「クソまじめ」は、何やっても成功しない

    踏切前でいちいち律儀に停止するのって、間違いなく日…

  5. オピニオン

    SMAP解散はどうでもいい。テレビ漬けバカは決して金持ちになれない理由

    僕はテレビ番組を見ない。無価値で低俗なものばかりで…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が嫌いな完全社会不適合者。

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済・社畜論。

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 
雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
アップル製品、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢の革靴。

 

【嫌いなもの】
公務員、クソ上司、クソ真面目な人。

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP