オピニオン

踏切で律儀に一時停止する「クソまじめ」は、何やっても成功しない

スポンサードリンク

 

踏切前でいちいち律儀に停止するのって、間違いなく日本人だけなわけですが、

終わってんな

と思うのは僕だけですかね?

たとえば夜中の田舎道とかだと、明らかに電車も何も通ってないわけだし、人なんてそもそもいないじゃないですか。

「だったら別に止まる必要ないじゃん」って普通に思うんですけど、何故かみなさん、いつも通り律儀にシッカリと一時停止するという。

特に謎なのが、道路が渋滞で後ろつかえてるにもかかわらず、問答無用でキッチリ踏切停止する奴。もはや迷惑行為か。

いや、明らかに電車も来ないしサツもいないんだから、

突っ切ろうぜ!な!?

と正直思うし、僕なんて現に「誰もいねーな」と確認できれば、踏切なんて問答無用で突っ切りますよ。明らかに誰もいない赤信号とかガチでガン無視します。

んで5年に一回くらいのペースで運悪く捕まるわけだけども、まぁ2点の減点と9,000円の罰金で済むならリスクにもならねーなと。

 

これ言うと決まって、

「ほとんどの日本人はマナーがいいの!おかしいのはお前の頭だけ。」

とか、

「遵法精神のカケラもない奴!」

etcの反論が来るんですけど、

 

僕からすれば、

「いや、それってマナーとか遵法精神の問題なの?問題はそこじゃないでしょ。」

と思うのであります。

 

「踏切前停止」=「思考停止」

多くの人には、「道路交通法は厳守せなヤバい」みたいな刷り込みがありますよね。

たとえ見晴らしの良い無人の交差点であっても、赤信号無視したら変な罪悪感を感じるとかがまさにそれ。

魔がさしてついついやっちゃったにしても、「油断はいかん!万が一のために、今後は気を引き締めて交通ルールを守らねば!」などと、多くの方は自省する。

確かに、ほんの少しでも危険予測があるのであれば当然、交通ルールは厳守すべきでしょう。

でも現実、今の日本に線路を散歩するバカなんてまずいないわけだし、それに電車が来るなら来るで、数十秒前から踏切の音カンカン鳴るんですよね。

危ない時はすぐ察知できるから、嫌でも停止するでしょ?

 

にもかかわらず、無人の踏切や信号の前でキッチリ止まるってことは、

それはマナーが良いというよりも、むしろ「思考停止」と言ったほうが正しいんじゃないですかね。

 

「ガキみたいなこと言ってんなよ」と思うかもしれないけど、

このどうしようもないメンタル面にこそ、僕ら日本人が「何やっても上手くいかない」本質的な原因を探る鍵があるのではないか。

という気概で続けましょうか。

 

学校教育の弊害

道路交通法に限らず「法律」や「ルール」に過剰に従順な人ってのは、例外なくクソまじめなタイプです。

別に褒めてるわけじゃなくて、「クソまじめ」というのは「思考停止」の同義語であると考えてください。

まず「思考停止」とは、何が正しくて何が間違ってるかを自分で判断できないということ。

つまり、人として生きる上で最も大切な「善悪の基準」という部分を、お上から与えられたモノサシでしか判断できないということです。極めて貧しい思考だといえるでしょう。

大半の日本人はこの「思考停止」状態にあるわけですが、これは完全に学校教育+社畜文化のおかげであります。

未来学者のアルビン・トフラーという人が、こんな面白い分析をしています。

 

工場での労働を想定して 、公共教育は基礎的な読み書き算数と歴史を少しずつ教えた 。

だがこれは 、いわば 『表のカリキュラム 』である 。その裏には 、はるかに大切な裏のカリキュラムが隠されている 。

スポンサードリンク

その内容は三つ 。今でも産業主導の国では守られている 。

1.時間を守ること

2.命令に従順なこと

3.反復作業を嫌がらないこと

この三つが 、流れ作業を前提とした工場労働者に求められている資質だ 。

評価経済社会・電子版プラス参照

 

学校教育や社会生活を通して、知らず知らずのうちに、こうした「刷り込み」が行われているわけです。

こうした「思考停止者」や「ファスト思考者」を恣意的に大量につくるというのが、我が国の一貫した施策なわけです。

参考記事:バカで終わりたくなくば、「ファスト思考」を減らし「スロー思考」を増やせ

 

国民は従順なバカであれ!

といったところでしょうか。

日本の組織を見ると、ここんとこよくわかると思いますよ。

日本の組織って、トップがたとえ白痴レベルのアホであっても、下の社員は一切文句たれずに従うじゃないですか。あろうことか、それが美徳とまでされるという。

「そんなこと間違ってる!」のは、みんなわかってる。

みんなわかってるんだけども、いかんせんイエスマンだらけの組織にはブレーキ機能がないため、組織全体が不幸な方向に進み続ける。

結果、行き着くとこまで行きつき機能不全を起こす。

日本の組織ってのは、こうした「死の行軍」をひたすら続けてるんですよ。

たとえばシャープとかね。

 

日本が「法治国家」だなんて、笑わせないで

「我が国は法治国家である」ってなセリフをよく耳にするんですけど、

それ違いますからね。

「我々は法を重んじている」ってのは、正確には「我々には法律を変える度量がない」の言い訳なんですよ。

憲法自体がそうじゃないですか。

まず、日本国憲法ってのは、戦後にアメリカが戦勝国側の都合で作ったものにすぎません。日本を取り巻く現在の国際情勢になど対応できるわけがないんですよ。

現に、今になって様々な矛盾が生じてますよね?

普通、法律ってのは時代に合うよう適宜に改正していくのが常識なんだけど、何故か日本人はこれまで一度も改正してこなかったし、改正しようともしない。

それは法律を重んじてのことではないと僕は考えます。

怠慢

憲法改正すんのってなんか怖いし、反対派黙らせるのもメンドクセーし、まぁ現状維持でいいや。

っていう、国民の怠慢なんですよ。

 

「日本人は法令遵守の意識が強い」ってのも大間違いです。

コンプラ違反とかあっても完全無視じゃないですか。日本人が本当に法を重んじられる民族なら、コンプラ違反を完全無視するとか有り得ないし。公務員なんて、パワハラで訴えても、訴えたほうが飛ばされますからね。

労働監督署とか仕事してる?

検察なんて思いっきり自分たちの感情だけで動いとるやんけ。

日本人って一見、法令遵守の意識が高いように見えるけど、それはあくまで見えるだけ。フェアプレーの精神なんてDNAレベルで備わっていない民族。それが日本人です。

そんな国がだよ、「我が国は法治国家」だなんて、片腹痛いにもほどがあるでしょ。

 

とまぁ、踏切の話からえらく飛躍してしまいましたが、

とりあえず、こんな腐ったメンタルでは、ビジネスにせよ国家運営にせよ、個人の生き様にせよ、何一つ上手くいかないのは、ある意味当然なんです。

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オピニオン

    才能がない凡人が「天才」に勝てるたった一つの方法

    言うまでもないことでしょうが、『努力と結果は必ずし…

  2. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働

    ピラミッドを建造したエジプトの奴隷ってのは、1日8…

  3. オピニオン

    嫌われたくない人に贈りたい|人生に必要なものは嫌われてもいい覚悟だけ

    とにかく「人間関係」が重要視されるのが日本社会です…

  4. オピニオン

    「信じられないもの」を敢えて信じるということ

    人を信じる・何かを信じるには、かなりのパワーが要り…

  5. オピニオン

    なぜ男は一人になりたがるの?孤独を好む心理を正直に話そう。

    無性に1人きになりたく、家にいても落ち着かない。…

  6. オピニオン

    年寄りだからって優先座席を無条件に譲るのはおかしい

    たとえば電車に乗ってると、席譲れよオーラ全開のお年…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資・経済関連のウンチク・働き方・メンタル系。雑学王を自称してます。
 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、ドリップコーヒー、クレジットカード、腕時計、革靴。

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP