オピニオン

仕事ができない人に共通する5つの理由と改善方法をマジで考えた

スポンサードリンク

一概に公務員といっても、その仕事内容は多種多様で楽な仕事もあればキツい仕事もあります。

 

以前から僕は公務員はブラックだと吠えてきましたが、じゃあブラックな環境とは具体的にどんな職場かというと、予算の申請から執行まで一手に行う部署です。僕がいるのがまさにココ。

 

予算の申請と執行といっても、ただの買い物ではありません。中身は戦慄を覚えるほどに細分化され厳しく管理されています。

 

特にキツイのは、銀行顔負けの細かさを強いられることでしょうか。公務員組織は税金への信仰が異常なほど強くて、税金の取り扱いには1円単位の正確さが求められるんですよ。「国民の血税を決して無駄にしない!」とかいう鼻息の荒いアレです。

 

こういった過剰ともいえるスローガンが僕らを日々苦しめる。これ聞くたびに「それほど税金を無駄にしたくないなら、まずはオマエら無能な管理職をクビにすべきだろ。」と、僕は心の中でいつもつぶやく。

 

一つ事を進めるにも、片手では数え切れないほどの上役の印鑑が必要となります。合わせて無能な上司の感情的な妨害行為をも捌かなければならないので、公務員の時間的制約はサラリーマンの比ではありません。

 

そんな環境下なので、年度末の繁忙期ともなれば同僚の方々はほぼ毎日日付が変わるまで仕事を強いられます。皆ピリピリ状態。

 

当然ながら中には仕事ができない人間もいるわけで、彼らに対する風当たりは非常に強烈。もはやイジメに等しいレベルか。かくいう僕も過去、ミスった書類回してしまい数m先からバインダー飛んできたことが何度かありますからね。キレイに眉間にヒットしたのは忘れられない。

 

公務員には、仕事ができないがためにイジメられ鬱状態にまで追い詰められる方はたくさんいます。しかも、仕事ができない人に限ってできない理由に全く気づいてないんですよ。いや、気づこうとしていない。

 

もうね、見てられない。

 

仕事ができない本質的な理由は5つあるとみています。今回はその理由と改善方法なども述べますので、公務員だけではなくサラリーマンの方々にも参考にしていただければ幸いです。

 

ではいきます。

その仕事、きちんと理解してますか?

その仕事、何のためにしてるかわかってますか?

 

新人ならまだしも何年経っても仕事ができない人って、必ずと言っていいほどココの認識が甘いんですよね。でなければ本気でヤル気がないか。

 

いずれにせよ、やってる作業の意義がわかってないのは致命的です。かの有名なセリフ「おまえはもう死んでいる」状態。

 

仕事は理解した上で行うのは当たり前。もはや前提です。

 

仕事が理解できない、との気持ちもわからんではないです。上司は部下のレベルに合わせて仕事をふるため、仕事のできない人はタスクレベルに落とされた業務しか与えられないでしょうし、そんなレベルの作業にしか向き合えないとなるとプロジェクトの全体像は見えないから。

 

だからと言って何も考えず安穏とし続ける姿勢には問題があります。タスクといえども期限があるからです。仕事の全体像が見えなければ、期限をシビアに認識できないんですよ。だから平気で後回しにする。最悪なのは放置したまま忘れてしまうとかね。

 

ちんたらした結果、期限ばかりが差し迫った案件が何種類も積み上がる。これを詰むといいます。結果、お前何やってたんやと上司から怒鳴られる。

 

改善方法

点だけを見て仕事をしてはダメ。点と点を繋げて線にするイメージで取り組みましょう。

仕事ができない人は、プロジェクトのごく一部分しか見えていないため仕事の意義を見出せない。モチベーション下がるのも当然かと。

人に教わるのでも良し、まずは今の作業にはどんな意味があるのかをしっかり理解しましょう。

 

問題解決能力が低い

仕事ができない人に総じて当てはまるのが、問題解決能力の低さです。

 

現代社会では、普通レベルの人でもありつける仕事はどんどん少なくなっています。単純作業はほぼ全て人工知能に置き換えられていますからね。僕らに残された分野とは、人の感情的な要素が入り込むといった人工知能ではできないものに限られてきています。

 

それは、とても高度な分野です。人を相手取るとなれば、そこには感情という問題が入り込むため、単純作業のようにすんなりいくことはまずないでしょう。現代はそういった高度な問題を解決する力が必要とされる社会に変貌しています。僕らに求められるものとは、機械が解決できない問題を解決する能力なのです。

 

目的達成に向け万難を排する力。これが問題解決能力です。有能と無能の差はまさにこの一点に尽きるといってもいいでしょう。

 

仕事ができない人は、この問題解決能力が著しく低いです。トラブルが起こればうろたえるだけで何も進まず、結果、上役に全てのケツを拭いてもらうハメになる。罵声を浴びせられる人ってだいたいこのパターンなんですよ。

 

じゃあ問題解決能力を上げるにはどうすればいいのか?

 

仕事ができる人の思考回路をもとに、具体的にプロセス化してみました。

スポンサードリンク

 

問題解決の手順

1. 最終目的をシッカリ認識する
(結局、何をどうすればいいのか)

 

2. 目的達成までの期限
(いつまでにやるか)

 

3. 仕上げるクオリティの程度を把握
(どこまでやればいいのか)

 

4. その分野の第一人者は?
(頼るべきは誰か)

 

5. 手に入れるべきアイテムは?(どの資料が必要?)

 

6. 人に任せられる分野はどれか?(猿でもできる作業的なものはどんどん人に振る)

 

7. 時間見積もり(完成までの所要時間を見積もる)

 

8. その所要時間をもとに、目的を細分化する

 

9. 細分化された目的をもとにスケジューリング(ここからタスク管理)

 

僕は通常業務からトラブル処理まで、この流れを一貫して保っています。大概のことはコレで上手くいくから是非参考にしてください。

 

行動力の欠如

何かを成そうとする際にもっとも必要になるのは行動力です。当たり前ですね。脳内でいくら立派な絵図描こうとも、行動がなければ何もしてないのと一緒ですからね。

 

仕事ができない人はこの行動力が見事なまでに欠けています。とにかく彼らは行動しない。あるいは行動に移るまでが遅い。

 

まず考えをまとめてから行動したい気持ちはよくわかる。考えることは素晴らしいことだけど、それだけで時間を費やすのはもったいないよね。

 

まず、やりましょう。

 

でないと仕事は進まないよ。行動力は思考力と同じくらい大切ですから。

 

刺さる名言

 

・愚者は考えてばかりで行動が遅い

・普通の人は行動するが考えない

・優秀な人は行動しながら考える

 

[blogcard url=”https://www.hikikomorism.com/2016/05/24/kasegu-5point/”]

 

タスク管理が甘い

仕事が過密になればタスク管理が必要となります。仕事のできない人はタスク管理が激甘です。というかやってません。

 

些細なことでもいい。やるべきことをピックアップしてください。そして優先順位をつけること。終わったタスクは消していく。特に難しいことじゃないから、仕事できない人はタスク管理やってみれば?

 

便利なタスク管理アプリを紹介しときます。

[blogcard url=”http://appllio.com/todo-apps-matome”]

 

ちなみに僕が使ってるのは「Todoist」。スケジュールが過密な時はコレ使ってます。

 

 

最後に精神的な話を一つ

仕事ができない人を観察してるとある共通事項に気づく。彼らは仕事ができない原因を人や環境のせいにしているのです。

 

いやいや違うだろと。

 

とても大事な点なのでハッキリさせておきましょう。

 

もたらされる結果の因果は全て自分にあります。物事が上手くいけばそれはあなたの判断や行いが正しかったから。逆に上手くいかなければ、あなたの判断や行動が間違っているからなのです。すごくシンプル。

 

誰しも、全てが自分の思い通りになるなんてことはまずない。仕事でも何でもそうだけど、結果を出す人はうまくいくための根拠がしっかりと作られているから結果出せるんですよ。

 

仕事ができない人は、仕事を上手く進めるための根拠ができていないのです。根拠ができていないにも関わらず、上手くいかない原因を他人や環境のせいにしてどうするんですか?反省がなければPDCAサイクルもへったくれもないのです。

 

この点をわかってない人は意外にも多いです。偉そうにしてる公務員の上級管理職など軒並み全滅ですからね。「お前ら50年間何やってきたんだよ。」と言いたい。

 

ちなみに他人や環境なんてものは、あなたに都合よく変わってくれないよ?

 

だったら自分をアップグレードするしかないでしょうが。

 

侮られっぱなしでいいのか?

・仕事が理解できてない

・問題解決能力が低い

・行動力が弱い

・タスク管理が甘い

・人のせいにする

 

仕事ができない本質的な理由って、結局この5つに集約されるんですよね。パレートの法則でいう上位20%とその他80%の差を隔てるのはこの5つのみ。断言してもいいです。

 

逆に言えば、このたった5つを改善さえすれば、あなたは上位20%の仲間入りできるということです。

 

まずは、仕事を理解するところから始めましょう。日曜の晩から悩んでる方は、鬱になる前に腹くくって足掻いてみてはどうでしょうか。

 

健闘を祈ります。

 

関連記事

  1. オピニオン

    いじめられる人の特徴を徹底解析。ダサ坊脱却へのPDCA。

    人は本能的に自分より弱い者をイジメるようにできています。&nb…

  2. オピニオン

    仮に公務員じゃなくても生産性なんてないだろ?って話。

    「オレ達には生産性がないんだよなぁ」とは、公務員の方々がよく口にするセ…

  3. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働

    ピラミッドを建造したエジプトの奴隷ってのは、1日8…

  4. オピニオン

    崖っぷちの君に贈りたい。挫折しまくりの僕が実践する、必ず立ち直れる方法3つ。

    今回は、挫折寸前で心は崖っぷちな方に向けた内容となります。この記事を読…

  5. オピニオン

    年寄りだからって優先座席を無条件に譲るのはおかしい

    たとえば電車に乗ってると、席譲れよオーラ全開のお年…

  6. オピニオン

    団体行動や集団生活は金にならないので、なじめなくて正解。

    「団体行動できない奴は社会人失格」てな風潮には、ほとほ…

プロフィール

 

 

管理人の伴です。
 

 

公務員でありながら公務員が大嫌いな完全社会不適合者。

 

 

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しています。守備範囲は主に株式投資。

 

 

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

 

 

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、クレジットカード、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

 

 

【嫌いなもの】
公務員、社畜系クソ上司、とりあえず職場の人間関係全部。

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

PAGE TOP