オピニオン

「座して死を待つ」人々

スポンサードリンク

 

以前、他部署の主任から言われたことが忘れられない。

「君は、会社側の意向というものをキチンと把握しているか?」

「会社の向かう先をしっかり見据えろ。その上で、これからの自分の立ち位置を決めるように。」

と、まあ意味深なことを語ってきたわけで。

 

今の勤め先は、おおよそ3チームに分かれている。

1.自分の才覚で成果をあげる純粋なる営業部隊
2.会社の意向を第1とする法人営業部
3.管理者および内勤さん

僕が属しているのは1。面々は腹立つくらい自己中だけど、クリエイティブさと根性は一級品の連中だ。

一体どこからそんな数字を引っ張ってくるのか?と驚くほどに、メンタルもタフで優秀な人たちである。※好きにはなれんけど

2と3は俗に言うマニュアル至上主義の社畜さん。言い方は悪いけど、それ以外に表現のしようがない。

わかるとは思うが、各チームの面々は互いに価値観が違っていれば意見も合わない。

僕に話しかけてきた主任というのが、2法人営業部のリーダーである。

(おまえの今後の仕事ぶりが(会社的に)評価に値するものであれば、来年の人事異動でオレの側に入れてやってもいいぜ?)

というわけだ。

「頑張ります。」と答えとけば済むのだが、

はぁ…
 

なんとも気の抜けた返事をして主任の機嫌を損ねたのは、会社依存丸出しの物言いに違和感を感じたから。

 

座して死を待つサラリーマン

つまりは、他の連中の自分本位でグレーな売り方を見習わず、会社の意向にはきちんと沿え、というわけだ。

仕事がグレーかどうかはおいといて、主任の言うことがまぁ「ド正論」なのは間違いない。

こうしたアドバイスが出るのも、主任という立場からすれば仕方ないのだろうけど、「会社側の意向にはキチンと沿え」という点に僕は少なからず抵抗がある。

それは、今の首脳陣からは経営センスのカケラも感じられないから。

現に、今期の決算は会社の成長性にデカい疑問符がつくもので、既存の古いビジネスモデルに固執し、何の手も打たず、他社に遅れをとった結果、次期業績は横ばいか下手すれば下だ。

これが続くようでは、いくら会社に忠実に従い、首脳陣から好かれたところで、所得増は見込めない。

現にその主任格の年収は500万円未満。

一方で僕の属するチームの、「手段を選ばない」方々の平均年収は500万にのっている。裏の商売を合わせれば、1000万はゆうに超える人もいるらしい。

にもかかわらず、この先も会社の意向に沿い続けろと?

あくまでも会社と運命を共にしろと?

社畜マインドの弊害を見たというか、とりあえず主任の仕事に対する価値観には賛同できない。

まるで、会社と社員は運命共同体ともとれる言い分には、ちょっと賛同できない。

 

座して死を待つ自営業者

サラリーマンならまだマシで、もっと恐ろしいのは自営業者だ。

自営業者といっても、皆が皆商魂たくましいタイプではなく、中には、ビジネスが尻すぼみになっていくのを眺めるだけで、そこから何の手も打たない人がいる。

否、打とうともしない人がいる。いるというか多い。

スポンサードリンク

「あと何年もつかわからないし…。」

と、まるで人ごとのように彼らは語るが、後ろ盾や他の収入源があるのかというと、それもない。まさしく彼らの生計は今の事業にかかっている、というわけだ。

そんな彼らに共通するのは、

投資を嫌がる(事業投資ね)
変化を嫌がる
アクションを嫌がる

仮にも自営で身を立てる人間が、これらを嫌がるとか意味不明もいいとこだが、現状上手くいってない人は、とにかくこの3つを嫌う。

投資するからには成果を100%出せ!と僕に詰め寄るが、ビジネスにそんな保障があるわけがない。

もちろん投資には金がかかる。金を出すに抵抗があるのもよくわかる。

でもそれはビジネスの証であり、サービスを提供する相手への正当な対価であり、尚且つ、

「おまえのおまえに対する本気度」を示すものでもあるんだ。

これは社畜マインド旺盛なサラリーマンにもいえることだが、尻すぼみの現状に甘んじるのは、はっきりいって死の行軍だ。

彼らは言う。「景気が悪いからだ。」

違う
 

じゃあ聞くが、景気が悪いからといって、そのままくたばるのはアリなのか?

現状うまくいってないのであれば、行軍から抜け出すために、何か手を打たなければならない。

そこを恐れていては(とくに投資を嫌がるようでは)話にならない。天地がひっくり返ろうとも、今の現状は変わりやしない。

 

 

本当に、死ぬまでそこに座り続けるつもりか?と思い、ついつい口に出してしまうのは、僕の余計なお世話なのか。

世間の連中は「あ〜そうでっか」と淡白に切り上げるが、そのほうが僕には違和感がある。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オピニオン

    『信用経済へのパラダイムシフト』は妄言か本物かを見極めたい

    『信用経済』という言葉を最近やたらにネットで見かけ…

  2. オピニオン

    嫌われたくない人に贈りたい|人生に必要なものは嫌われてもいい覚悟だけ

    とにかく「人間関係」が重要視されるのが日本社会です…

  3. オピニオン

    不労所得 年間40万の僕が語る。副業や投資が必須な理由。

    『労働は尊いもの』日本には労働を賛美する変な風潮が…

  4. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働

    ピラミッドを建造したエジプトの奴隷ってのは、1日8…

  5. オピニオン

    去り際に涙できる者は幸福である

    「別れ」というものは、誰しも人生で幾度かは経験する…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. 投資

    スパムの思い出とホーメルフーズの分析
  2. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働
  3. 日々雑感

    アニメ聖闘士星矢の根強い人気の秘訣は忠義心にある
  4. 公務員

    最強の過労死ギルド|ブラック公務員の実情
  5. 個別銘柄分析

    株価では測れない|ディズニー(アメリカのね)の株は買ってもいいと感じる理由
PAGE TOP