営業

「相手の話を聞く」とは、どんな状態を指すのか?

スポンサードリンク

 

申し上げにくいことだが、人は「他人の話」にまるで興味がないんである。

あなた方が思う以上に、他人はあなたの意見や事情に関心がない。

人が関心があるのは「自分の事」だけだ。あるいは「なんか関係ありそうだと感じる事」以上2点のみ。

それ以外のこと、ましてや他人の事情なんてのは「些事」もいいとこ。どうでもいいレベルである。

そのくせ、自分の事に関してはやたらめったら話したがると。あんたのこた知らんけど、こちらの事情は理解してほしい、というわけだ。

話せば理解してくれる
聞いてくれないのは、相手の人間性に問題があるから

悲しかな!人は本気でそう思い込んでいるのである。

「聞く」よりも「聞いてくれ」が両者互いに先立つなら、それはただ意見を投げつけ合ってるだけだ。だからキャッチボールが途切れる。

ということは逆にいえば、こちらの「聞いてくれ」を抑え込み、相手の話を「聞く」に徹することができれば、ど真ん中直球のキャッチボールが成り立つわけだ。

ボールをしっかり受け止めてくれるとなれば、その際の、相手の「欲求の満たされ方」はハンパないものがある。

相手の欲求を満たせれば、心を掴むのは簡単だ。

心を掴めさえすれば、それが信頼を生み、良好な関係構築へと繋げることができる。

今回は、「聞く力」の放つ威力を述べてみたい。

 

話を聞いていない状態とは

とはいえ「聞く」に徹するのは、口で言うほど簡単じゃない。

「正しい聞き方」を知るには、まずは「聞いていない」状態を理解しなければならない。

 

ダメなケース1:意見や見解を述べる

1.相手の意見、悩み、感じていることをしっかり聞く。
2.それに対し、自分の見解を述べる。

一見正しそうに思えるが、実は大間違いなのがこのパターンだ。自分にはコミュ力があると思ってる人は、大概ここに当てはまるだろう。

(何が悪いんだ?)とお思いだろうから、ざっくり説明しておきたい。

まず、自分の見解を述べる時点でアウトである。

見解を述べる・意見を言うということは、頭の中では、相手の思いとは「別の方向」に思考を巡らせているということ。

つまりそれは、「相手の話を聞いてない」ということだ。

まず、他人に相談する人はほぼ例外なく、自分の中にすでに答えをもっているものである。

相談するのはアドバイスが欲しいからじゃない。

スポンサードリンク

答えや方向性を示してほしいからじゃない。

迷っているからでもない。

自分の考えや今後の計画を整理するために、人は他人に相談する。

或いは「話すことで孤独を紛らわしたい」といった極めて感情的な理由から、人は他人に相談するのである。

そこに真っ当な見解を被せたところで、相手は不完全燃焼のうやむやが残るだけだ。

人は理屈で生きていない。人はどこまでも感情で動く生き物である。

そうした「侘び寂び」を解せぬあなたは、相手の深層心理では「役に立たない奴」と選別されていることだろう。

カウンセリング?くそくらえだ。

 

ダメなケース2:意見や見解を考える

(自分だったら、こうするんだけどなー)とか考えるのもアウトである。

考える時点で、それは相手の話を聞いていないことになってしまう。理由は上記と同じだ。

そうした上の空状態では、真剣に向き合っていないことが相手伝わってしまう。口に出さなくても必ず伝わる。

感づかれた時点で、相手は一気に冷めてしまう。

むしろ何か申し訳ない気になってしまい、そそくさと会話を切り上げ、あなたのもとを去るだろう。

そして、あなたに心を開くことは以降無い。

 

相手の感情にシンクロするのが「聞く」ということ

相手の気持ちに寄り添い、本心のままの素直な感情を語らせる。

そして、それをただただ「聞く」。ひたすら「聞く」。そこに見解は全く要らない。

ここまで徹してはじめて、相手にとっての「聞いてくれた」が成り立つのである。

相手の言葉にしっかり耳を傾け、相手の置かれた状況に自分を置き換える。考えてはいけない。想像する。

相手の感情に自分の感情をシンクロさせていく。

「辛いんです」と相手が言えば、返す答えは「そうだね…辛いね…」でいいのである。余計なことは言わなくていい。

相手が喜んでいれば、相手の喜びを我がごとのように喜べばいい。

相手が希望を語れば、その希望を肯定すればいい。

相手に語ることがなくなり、会話が途切れれば、

「あなたは今後どうしていきたいのか?」
「今後目指すところは何か?」

と、相手の将来像を尋ねてあげればいい。そうすれば、相手は再び気持ちよく話しはじめる。

そこでまた余計なアドバイスは言わないこと。それをただただ聞く。

「聞く」に徹することができれば、相手にとってあなたは唯一無二の存在になれるだろう。

これが出来る人は自然とできている。そうした人には多くの人が集まっているはずだ。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 営業

    売らずに売る手法|「テイクアウェイ・セリング」には絶大なる効果がある

    「テイクアウェイ・セリング」という販売手法を仕事に…

  2. 営業

    「地域一番店戦略」による顧客集客が中小企業・個人店を蘇らせる

    経営コンサル業務に携わっています。様々なタ…

  3. 営業

    「検討します」「興味があれば連絡します」に対する効果的な切り返しとは

    商談の際に非常に悩ましいのが、「とりあえず、検討し…

  4. 営業

    営業本のすすめ|セールスで成果を上げるには、この2冊で十分

    昨年は営業本を10冊読みました。大した冊数…

  5. 営業

    「物を売る」のは神聖な行いである、とする理由

    モノやサービスを作り出し、それを人に売る。…

  6. 営業

    辛い「飛び込み営業」の裏にある無限のビジネス・チャンス

    どうも、公務員から営業職に転職した伴です。…

プロフィール

 

 

管理人:伴
 

 

ネットビジネスやってます。大阪在住。勉強好きの雑学王。

 

【好きなもの】
Apple製品 マクドナルド ドリップコーヒー

 
【嫌いなもの】
ディスり屋さん
 

詳しいプロフィールはこちら
 

 

 

  1. オピニオン

    エジプトの奴隷よりも酷い、現代日本の搾取型労働
  2. 投資

    スパムの思い出とホーメルフーズの分析
  3. 貧困を考える

    お金の量と知能は比例する、という身もふたもない現実
  4. 働き方

    低いモチベーションを最高潮まで引き上げられるBGM
  5. お金の話

    「持ち家派vs賃貸派」という虚しい比較論争にそろそろケリをつけようか
PAGE TOP