Twitterでアカウント本凍結される原因と解除方法

スポンサードリンク

先日、朝起きたらTwitterアカウントが凍結されてました

 

何か変だななんて思ってたら、なんとアプリ画面上にフォロー数・フォロワー数が表示されていないという。何の前触れもなかったため、これにはさすがに驚きました。

 

アカウント凍結なんて初めてのことです。Twitterのポリシーも熟読したが思い当たる節もない。なんでや?

 

結果的にはすぐに復活できたんだけど、凍結解除までは少々手間取りました。今回は、Twitterのアカウント停止から復活に至るまでのプロセスを書きます。

アカウント凍結とはどんな状態か?

 

こんな感じ⤵︎

 

見えづらくて申し訳ないが、これがいわゆるアカウント凍結というやつ。画面上部の黄色い表示にアカウント凍結の旨が書かれてます。この黄色表示が警告凍結といわれるものです。

 

異変に気づいたのはスマホのアプリ画面だった。ページが移動しないのでおかしいなと思ってた。よく見るとスマホ画面下部にアカウントを凍結したとの通知が表示されてます。

 

警告凍結の次が本凍結

初めての凍結された場合は『警告凍結』という状態らしい。2回目以降の凍結ともなると『本凍結』となるようです。

 

2つの違いは何なのかというと、凍結解除まで要する時間の長さみたい。

 

警告凍結であれば、初期段階ということで凍結解除はユルい。短時間で復活できます。キチンと対処すれば翌日には元どおりになってる。

 

ところが本凍結となれば厄介です。凍結解除まで2週間とか、かなりの日数かかるみたい。怖いですよね。

 

その本凍結を何度も繰り返すと、次に来るのが『永久凍結』。ほぼ最終段階です。ここまで来ると復活できるのかどうかはわからない。諦めて別アカ立てたほうがいいかも。

 

話を戻しましょう。そもそも僕には凍結されるような覚えはありません。なのになぜ突然アカウント凍結なんや。ポリシー違反したっけか?唐突すぎてワケがわからない。わからないがゆえに余計気持ち悪い。

 

まずはTwitterのポリシーを確認

考えても仕方ないので、Twitterのポリシーを確認してみました。代表的なポリシー違反を6つほど挙げてみる。

 

1 脅迫的な行為、攻撃的な行為、嫌がらせ。

 

2 自傷行為。例えば自殺をほのめかすようなツイート。

 

3 個人情報漏洩。他人の住所やクレカ情報、口座番号をバラすようなツイート

 

4 なりすまし

 

5 スパム

 

6 自身の危険な状況のツイート

 

Twitter ポリシー

該当するとすればスパムかな。考えてみれば、僕のツイートはつぶやくよりもリツイートのほうが圧倒的に多い。それがスパム行為とみなされたのかもしれない。

 

ツイッターのポリシーは他にもまだまだあります。よく陥りがちなのを紹介しときます。

 

大量のフォローやアンフォロー

短時間にたくさんのフォロワーを作りたいがために大量にフォローする。これアウトです。1日に一気に100人程度のフォローすればアカウント凍結対象となりますので、思い当たる方は控えたほうが良いでしょう。

 

大量にアンフォローする人もいるけど、これもダメです。ウザいから永久凍結でもいいと思うけど。

 

画像や背景がエロ画像

当然アウト。Twitterに限らずどこもダメですね。

 

半年以上活動のないアカウント

使わないのなら凍結されても問題ないと思う。

 

なりすまし

芸能人とか、他人になしすましたアカウントは凍結対象。

 

つぶやきがなく、ツイート内容がリンク先ばかり

僕のアカウントが凍結されたのは、おそらくこれです。

 

でも100%リツイートでもなし、これで凍結はあんまりではないか。リツイートばかりのアカウントなんて他にも腐るほどあるし意味がわからない。

 

フォロー数とフォロワー数によってはアカウントを停止されることも

フォロー数に比べフォロワー数が少な過ぎても、アカウント凍結の対象になる。らしい。たとえば、フォロー数1000人に対しフォロワー数がたったの100人だと不自然と判断されるわけ。

スポンサードリンク

 

基本的に、フォロワー数>フォロー数であればアカウント凍結はないみたいですね。

 

アカウント凍結解除への手順

ポリシー違反については結局はっきりわからないけど、とりあえず凍結解除してもらわないと話にならない。

 

実は本凍結だったことが判明

第一段階凍結の解除方法はこちらを参考にした。

アカウントが凍結される20の理由と解除方法

 

早速、ホーム画面の警告表示から入ってみる。

 

 

黄色の警告部分の赤枠のところをクリックする。クリックした次の画面がこちら。

 

 

!?

これ本凍結の画面じゃないのか!?一体どういうことだろう?凍結なんて今回初めてのこと。なのに、いきなり本凍結はおかしい。なんでや?

 

警告凍結であれば、「電話番号を再登録してみる」とか「パスワードを変更してみる」と復活できるケースもあるみたい。いろいろ試してみたがやっぱり無理。

 

凍結解除できない。

 

異議を申し立てるしかない

こうなれば異議申し立てるしかないってわけで、画面下部の赤色部分で示した『こちら』をクリックする。異議申し立て画面に移行する。

 

 

こんな感じで異議申し立てました⤵︎

Twitterのポリシーに違反をした覚えはありません。もう一度ツイート内容を精査してもらいたい。いきなりアカウント凍結され不愉快です。速やかにアカウント凍結の解除を要求します。

 

常識的な文章であれば問題ありません。

 

すぐさまTwitterから返信が来る。

Twitter
ご利用ありがとうございます。

お客様のアカウントに関する異議申
し立てを受け取りました。このメー
ルアドレスが使用可能なことを確認
できるメールをこのメッセージに対
して返信してください。いただいた
情報を確認次第、ご連絡します。

通常は、Twitterルールまたは利用
規約への違反があった場合にアカウ
ントを凍結します。

Twitterルールや利用規約への違反
を繰り返す場合は永久に凍結されま
す。

よろしくお願いします。

Twitterサポートチーム

 

このメッセージを受け取ったメールアドレスが使用可能か再確認のため返信せよ、とのこと。すぐさま返信。

 

そして5時間後にきたメールがこちら。

Twitter
ご連絡ありがとうございます。

只今アカウントの凍結を解除しまし
た。パスワードをお忘れの場合は、
以下のリンクからパスワードリセッ
トを依頼してください。

http://twitter.com/account/r
esend_password

フォロワー数、フォロー数が戻るの
に1時間以上かかることがあります
ので、ご了承ください。

このメールにご返信いただいても対
応いたしかねますのでご了承くださ
い。

よろしくお願いいたします。

Twitter サポートチーム

@TwitterHelpJP

 

すぐさまアプリ画面を確認。

 

なんとフォロー・フォロワー数ともにちゃんと表示されてる。これで無事?アカウント凍結は解除されたようです。とりあえずは一安心か。

 

すぐに凍結解除ができたけど、なんか不愉快

結果的には無事凍結解除できたものの、腑に落ちない点があります。なぜポリシー違反にひっかかったのか?第一段階の凍結じゃなく本凍結だったのはなぜか?

 

アカウント凍結について、Twitterサイドで何らかの変更があったのかもしれない。

 

Twitterはデマや暴力的なツイートが世界的に溢れかえっており(ISISとか)無法地帯と化している。そのためか、現在SNSに対する風当たりは世界的に強まっているようだ。情報の拡散という点での責任追及がどんどん厳しくなっている模様。

 

今後もより一層取り締まりが厳しくなっていくと思われます。当然、ポリシー違反に対してもキツくなるでしょう。気をつけないと。

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら