麻薬のような文章

スポンサードリンク

img_0062

 

ブログ上で何を書こうがそれは個人の自由だ。好きなことを書けばいい。日記や自身の体験談が書きたければ好きなだけ書けばいい。特定の内容を掘り下げたブログでも構わないし、好き放題書ける雑記的なものでも構わない。個人の主張をどう書こうと自由だ。方程式や決まりごとなんてものはない。自分のブログなんだから、大いに自由にやるべきだろう。

 

ただし、人に読まれようなんて期待せず、あくまで自己満足に徹することができれば、だ。ほとんどの人は物を書く以上、誰かに読んで欲しいと思い始める。欲が出る。

 

人に読まれたいのであれば、好き放題書くわけにもいかない。いや、好き放題書いてもいいんだけど、それだけじゃ足らないんだ。人に読んでもらうには、価値を与えなければならないから。

 

ハッキリ言おう。つまらん記事なら、その文章はゴミと一緒だ。

 

ブロガーとして経験の浅い者(私も)が特に気をつけなければならないのは、この点だと思う。

 

つまらない文章なら書くだけ無駄。サイト立ち上げ当初の段階では、よほど世間のニーズに合致した内容でない限り、その記事は読まれることはないだろう。

 

が、時間の経過とともにあなたのアップした記事はGoogle先生によってインデックスされる。

 

インデックスされた後ならば、ひょっとしたら誰か来てくれるかもしれない。

 

いや、必ず、ポツリポツリとだが訪問者が現れ始める。

 

ようやく奇跡的なお客様が訪れてくれるというわけだ。

 

そんなクソありがたい時に、提供できる文章がクソだったらどうだろうか?

 

そのお客はあなたの記事など数行で読み飛ばす。

 

その後は二度と訪れることはない。

 

これは肝に命じておいたほうがいい。

 

継続的な訪問者が来ないのは、あなたの記事に読む価値がないからだ。

 

SEO対策? 笑わせるな。

 

テクニック以前の問題だ。

 

自分に当てはめてみればわかりやすい。

もし訪れたサイトが、興味を惹かれず内容が薄い上に読みづらい文体で書かれてれば、速攻で矢印マークの戻るを押したくなるだろう。

 

書いてる本人は面白いと思ってるだろうが、それが他人にとってつまらない文章ならば、オナニー以外の何物でもない。

 

あなたのつまらんオナニー姿など誰も見たくはない。

 

 

人を惹きつける文章って何だろう?


 

これは、ブログを書き始めた頃からずっと考えていたテーマだ。

その前に、人を惹きつけない文章とは何かを先に考えたほうがわかりやすいかもしれない。

 

私がつまらないと思う文章は、サラリーマンっぽい人が書いた日記や雑感だ。

何故、こうも惹かれないのか?

 

 

モノを書く経験が浅いから?

 

知識不足を補うために本を読む?

 

文章力がないから?

スポンサードリンク

 

 

違う違う違う違う違う

 

書き手自身がつまらない存在だから。

 

 

それ以外に理由はない。

 

つまらない人間が面白い文章など書けるわけがない。

 

つまんない人に限って、見た目を気にするため、書かれた文体はすごく洗練されているだろう。

美しい文言もちりばめられており、起承転結もハッキリしており、文章としての体裁も立派。

 

ただ、致命的なまでにつまらない。

 

考えてみれば当然かもしれない。

 

サラリーマンや公務員なんて最もつまらん部類の存在だから。

セーフティネットありまくりの甘ったれた境遇の人の書く文章なんて、読み手に驚きや新しい価値観を与えることは難しい。

己の殻を打ち破ることもできない者が、果たして他人に感動を与えることなどできようか?

できないと断言まではしないが、不可能に近い。

 

だったら、どうしたらいい?

 

つまらない奴は、つまらんまま海の藻屑となり消えろというのか?

 

それもいいだろう。

 

主張する価値も無い自分を、敢えて無理して主張し続ける必要は無い。

 

潔く消えるのも一つの手だ。

 

モヤモヤした時間を過ごすくらいなら、他のことに夢中になったほうがよほど価値的だ。

 

それでも、どうしても諦められないのならば、

 

自分という存在の認知度を少しでもあげたいのなら、

 

あなた自身が面白くなるしかない。

 

解決方法は多分、これしかない。

 

突き抜けるしかないのだ。

 

例えば、

 

「ションベン健康法を試してます」

「毎朝毎晩自分のオシッコ飲んでます」

 

なんてキャッチーな見出しがあればどうだろうか?

 

思わず、開いてみたくならないか?

 

無理して奇をてらえとは言わないが、突き抜けるためには、常識や良識なんてものは一度捨ててしまうくらいが良い。

 

人は、己の理解の範疇を超えたものが目にとまると、必ずやそれに釘付けになる。

 

突き抜けた者の書く文章は、決して読み手を飽きさせることはない。

 

一般的な者には決して到達することのできないその世界観は、必ずや読み手をとりこにする。

 

まさに、『麻薬のような文章』

 

読まずにはいられない、中毒状態にさせる文章だ。

 

 

そんな文章を書けるだろうか?

 


P.S.

すごくキャッチーな広告を見つけました。

放送禁止を受けたみたい⤵︎

 

 

なんてものを作りやがるんだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら