ビジネスでも副業でも0→1のハードルこそが最も大変

スポンサードリンク

img_0061

 

『生みの苦しみ』という言葉が示す通り、自分の作品を世に出すのは大変なことだ。価値ある何かを生み出すその過程においては、誰しもが並々ならぬ苦労を伴う。

 

たとえば、自分の芸術作品を初めて世に出す時、初めてプロダクツを開発し販売までの軌道にのせる時、何もない状態から起業する時etc、人が初めて自分の手で何かを生み出そうとする際には、とてつもない苦労を伴うことになる。

 

多くの人が挫折し諦め去っていくのも、この『産み出す』という初期段階だ。新規チャレンジャーにとっては、この初期段階こそが最も高いハードルだといえる。

サラリーマン思考からビジネス思考への転換。これが案外難しい。

自分でビジネスを始めるにあたって、最も難しいのは初期段階だと言われている。別にビジネスじゃなくてもいい、お金を生み出す手法であれば何でも構わない。どんな手法であれ、苦労するのは最初の段階だ。これはなぜだろう?

 

ノウハウもインフラも何もない。教わる相手もいない。確かにこんな悪環境も原因の一つではある。もちろんだ。でも、もっと根本的な原因が他にあるんだ。

ビジネスマインドをもっていない。これだよ、これ。

普通の人は、「お金を稼ぐならば就職かバイトする。」こういった思い込みが先に来る。「お金を稼ぐには雇われるしか道はない。」それ以外の方法なんて思い至らないのである。ほんと、初期の初期って土俵にすら立てていないんだ。

これは無理もない話だ。学校教育じゃ、そんなこと教わらなかったからね。そもそも学校教育なんてのは従順な公務員を作るための教育だから。そんな学校に起業の仕方を求めるほうが筋違いだといえる。

そんな環境の中、敢えて自分のビジネスでお金を生み出そうなんて考える人は少数派だ。もしいれば変わり者扱いだな。

 

試しに、お金を稼ぐにはどうすればいいかを、Yahoo!知恵袋で質問してみた。⤵︎

1478659903858

 

対する返答は、

1478660127864

 

 

 

 

1478660235992

1478660295212

 

他にもたくさん返答もらったけど、だいたいみんなこんな感じ。まずは就職するなりバイトしろ、だ。なるほど。
※ちなみに「銀行強盗、窃盗、空き巣、ひったくり、オレオレ詐欺、好きなの選べば?」をベストアンサーに選んでおいた。

 

一般的な日本人には、「お金を稼ぐためには、まず雇われなければならない」って固定観念がある。あるというか、取り憑かれている。だから、労働人口の9割以上がサラリーマンか公務員なのだ。

 

ほとんどの日本人はサラリーマン思考だ。ハナから他者に依存することが前提になっている。悪く言えば奴隷思考。他者に依存するのが前提となっているサラリーマン思考は、ビジネス思考からはほど遠い。無縁です、マジで。

 

何か価値のある物やサービス、オリジナリティある何かを生み出すには、まずこの他力本願な思考回路を変えないといけない。ところが、この思考を変える時点で、多くの人はついていけないのである。

 

ついていけないから、今までどおりの雇われ思考に戻ろうとする。その方が楽だからね。めんどくさいし、疲れるから、すぐに楽な方に戻ろうとする。ビジネスには行動力が必要ってよく言われるけど、多くの人が行動力を持てない理由がコレだ。やっぱやーめた!って、すぐ投げ出すわけ。

スポンサードリンク

 

ビジネスマインドや金持ち思考を手に入れたいのであれば、まずは、この「やっぱやーめた」を乗り越える必要があるんだ。

※ちなみに、金持ち思考への転換は30代半ばが限界と言われている。30代前半までの方は急いだ方がいい。

 

ビジネスマインドに転換するはいいけど…

ビジネスマインドに転換できたとして、それでうまくビジネスできるのかというと、そうでもない。ハードルはまだまだ残されている。

 

ここで、ノウハウ・インフラ・経験値というハードルが出てくる。これらを乗り越えるのはマジで大変だ。なんせ誰も教えてくれないんだからな。ネット上に情報は転がっているだろう。だが、それも玉石混合。暗中手探り状態で辛い時期が続くはずだ。

 

ここで必要なのが、不断の労力に耐えるメンタル、飽くなき情熱と諦めの悪さなんだ。私の経験上、特に重要なのが諦めの悪さだと思っている。

 

それ以前に、そもそも、ビジネス思考ってもんが好きじゃなければダメなのかもしれないな。自分の力でお金を生み出すことが好き。頑張ってる自分が好き。こんなメンタルでなければモチベーションは続かないのかもしれない。これ言っちゃうと元も子もないんだけどね。でも、それくらい自分に酔わなければノウハウなんて身に付かないのも事実だ。

 

精神的なハナシ以外にも、稼ぐためのインフラ構築(稼ぐための根拠作り)が、これまた大変なんだ。これに費やす労力はかなりもんだ。リサーチ力やセンスなど、総合的なマーケティング力が必要とされるんだ。決して甘くはない。

 

そう考えると、やっぱり行き着く先は精神論なのかも。そもそも好きじゃなきゃ、作る以前に長続きしない。いかに諦めが悪く、いかに長続きしたかが勝敗を左右する、みたいなところあるし。

 

全てを乗り越えて初めて0→1に到達できる

img_0060

 

こうした不断の努力・情熱・諦めの悪さをもって、目の前のハードルを乗り越え続けて初めて、0→1達成できるんだ。

 

達成すれば、僅かではあるがキャッシュが生み出される。それは紛れもなく自分の力で生み出したお金だ。それがたった1円だろうと構わない。0円と1円では大きな大きな違いだ。どういうことか?

0円のままではいつまでたっても0円だ。でも、1円でも稼げたってことは金が入る仕組み作りに成功したという証なんだ。後はそれを増やしていけば良いのである。そのまま継続すれば、100円、千円、やがては1万円と増やしていくことも可能なはずだ。1円を稼いで初めて、土俵に上がれたってことになるんだ。

 

たった1円しか稼げてない、などと嘆くには早い。投げ出すなんてもってのほかだ。そのビジネスはキャッシュを生み出す、とりあえずはそれだけは証明されたんだからね。あとはいかに改善していけるか、だ。

 

まとめ

とりあえず、お金を生み出すためには0→1が最も大変なんだ、ってことをわかって欲しい。

 

0→1という初期段階が大変なのは、別にビジネスに限ったハナシじゃない。お金を生み出すことであれば、おおよそ何にでも当てはまる。

アフィリエイトや広告収入でもそうだ。投資にだって当てはまる。私の投資歴は10年近くになるが、勝率を上げ常にお金が入ってくる仕組みを作り上げるまで、結構な時間と労力を費やしている。

このブログだってそうだ。何もわからないままWordPressをやり始め、ここまで育て上げるまでには、膨大な時間と労力を費やしてきている。現在進行形でね。

 

サラリーマン思考もとい社畜的な思考では、価値あるものは何一つ生み出すことはできないんだ。

 

まずは、貧しい思考回路を変換するところからがスタートだ。何かを為したいのなら、ね。

そして行動する。その行動を継続する。継続すれば、やがては0→1を達成できる時がくるのだから。

 

 

スポンサードリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール


管理人の伴です。

公務員でありながら公務員をこよなく嫌う社会不適合者。

ワーキングプア脱出のため、アレコレ考え実践しており、守備範囲は主に株式投資はじめお金に関すること。

若干貧しく育ったためか貧困問題にはやたらと敏感。コンプレックスの裏返しか。

【好きなもの】
MacBook、マクドナルド、コーヒー、カレー、自慢の腕時計、自慢のリーガルシューズ。

【嫌いなもの】
公務員、ヤンキー、スタバに来るうるさいオバはん。

詳しいプロフィールはこちら