ヤクザ企業に関わったことはないが、ヤクザ経営者を知っている。

その経営者は、実際にはヤクザとの関わりはなく(多分だけど)、ビジネス自体は至極クリーンなものだ。

敢えてヤクザ経営者と書くのは、「気質」と「やり口」がヤクザそのものだから。

関わってはいけない類の人間

この手の人間に関わろうものなら、人生そのものが搾取されていく。

家族との憩いの時間・人生の喜びや充実などは全て消し飛ぶ。

ヤバい人間から金を受け取るほどヤバいことはない。間違いなく悲惨な目に合わされる。

恐ろしいのは、悲惨な目に合うのが当たり前だと洗脳されること。

「悪いのは落ち度のあるオマエ」「金を払っているオレにストレスを与えるオマエが悪い」と自責を植え付けて隷属下に置く。

ヤクザ経営者はその道のプロだ。



僕自身はヤクザ経営者とは一切関わりはないのだが、関わっているコンサルタントをよく知っている。

完全に弱みを握られ、奴隷以下の地獄の苦しみを味わっている。

凄惨だ。

金に目が眩んだ「御用聞き」の悲劇

経営コンサルタントといえば聞こえはいい。

「頭がキレそう」だとか「何か凄いことが出来そう」なイメージを持つ人は多いと思う。

はっきり言うが、それは過大評価だ。

実態は、しがない「御用聞き」で終わっている経営コンサルタントは多い。

販売促進で困っていることはないですか?
私で良ければ何でもお力になります。

と、ペコペコ頭を下げて仕事をもらう情けない姿。

御用を叶えて稼げるならいいが、残念ながら、稼げない場合が多い。

相手の手足となり、御用を忠実に叶えるために、自分自身の時間を切り売りするからだ。

そんな下請け体質で稼げるわけがない。


中でも最悪なのは、金に困った「御用聞き屋」がヤクザ経営者に関わってしまうケース。文字どおり、

骨の髄まで搾り取られる

ヤクザ相手に「何でもやります!」なスタンスで臨むと、相手の関係において一線を引くことができず、ズブズブ引きづり込まれる。

弱い人間と悪い人間が関われば、弱い側は必ず利用される。

(これはやばい)(採算がとれない)(無理だ)と感じれば断るのが普通だが、御用聞きコンサルタントにはそれができない。

他に稼げる当てもないので、目先の仕事を採算度外視でホイホイ引き受ける。「やる気」をアピールしながら必死で頑張る。

目先の金を求めてヤクザ相手にもしっぽを振る。靴を舐めケツを舐めまくる。

そして…

とんでもない目に合わされる

ヤクザ経営者は人の弱みを掴み利用する達人

相手が金に困っているか・いないかなんてのは、ヤクザ経営者からすれば完全にお見通しだ。

ヤクザは最初は親切で気前が良い。物わかりの良い姿を見せる。

相手に対して十分すぎる金額を提示するなど、金銭面においても良い気持ちにさせる。

相手を心地よくさせている間に、その裏では、相手が逃げられないよう、しっかり手が打たれていく。

知り合いの「御用聞き屋」は、数十万円の高級クラブなどに頻繁に連れていかれ、果てはハワイ旅行まで同行したようだ。

もちろん、それら全ての経費はヤクザ経営者持ちだ。歯向かえないように、金の恩を売り付けていくというわけだ。

高額の契約料金をあえて年払いで払うというのも、相手を逃さないための狡猾な手段だ。

それが相手には無視できないほどの高額だということを、ヤクザ経営者はよく知っている。

1社からの売上が全体の40%を超えてくると、その1社とは隷属関係に陥りやすい。

そうなれば、確実に足元を見られる。

無理難題を破格の安値で請け負わされるようになる。

暴力というものは、腕力や口喧嘩だけが全てではない。仕事で相手を痛めつけるようなシーンは社会には普通にある。

下請け体質の企業・個人事業主・フリーランスの方は、察してくれるのではなかろうか。

逃げたい
切りたい

でもお金のことを考えると、切るに切れない。

完全に絡めとられた状態なわけだが、ここからが、ヤクザ経営者の本領発揮だ。

刈り取りが始まる

怒涛の追い込みだ。

本来は社内で片付けるべき雑用などが、怒涛のごとく投げつけられる。

相場では20万円の仕事などが、年払いだからと、タダでやらせるようになる。それが何度も何度も続いていく。

不手際があれば罵倒の嵐。朝から深夜までLINE上で追い込まれる恐怖とストレスは尋常ではない。

「もし逃げたら、この業界では2度と食っていけないようにする」

などと相手の弱みを掴んだ上で、狡猾に徹底的に脅してくる。

宴会の席では暴力まで振るわれていると聞く。家族との時間は完全に崩壊しているらしい。



まぁ僕であれば、しのごの言わずに関係を切るかなと。

年払いでお金受け取っているなら、残金をお返しすればいい。

追い詰められて苦しいのなら、スパッと切ろう。コケおどしに怯まず、容赦無く逃げればいいじゃないか。

ポジショニングを間違えるな

ビジネスはポジショニングが大切だ。

ポジショニングを間違えると、疲れるだけで稼げない。

とくに「お困りごとは何でもやります!即対応で!」のスタンスで仕事に臨むと、しんどいだけであまり稼げない。

ヤクザの差し出す金をホイホイ掴もうものなら、いいようにこき使われるだけの地獄が始まる。

人生の時間を完全に失うハメになる。つまり人生を失う


ビジネスを始めるなら、明確で具体的な基準を設けよう。

まずは自分の商品・サービスを具体的で明確にする。

あくまでも商品・サービスを通してお客さまと関わる。

人間関係を深めるのは良いが、過剰な接待は断固として断るなど関係をズブズブにしない。

明確な一線を設けよう。とりあえず、

「御用聞き」
「何でもやります!」
はなるべく避けてください

幸福度が下がるので。