社内のWeb事業の一環で、ブログ記事の執筆代行サービスなどを行っている。

いわゆる「他人の記事を書く」という商売だ。

クライアントは4社で、執筆代行の月間総売上は17万円〜20万円

文字単価としては約6円だ。

1円未満の案件が履いて捨てるほどあるのを鑑みれば、そう悪くはない水準だと思う。

この商売を、かれこれ1年ほど続けている。

おかげで「どんな記事が売れるか」が、なんとなくわかってきた次第だ。

書くのを副業にしたい

という方には、参考にして頂きたい。

ランサーズでの記事代行はおすすめしない

ライター業と聞けば、ランサーズやクラウドワークスを思い浮かべる方は多いと思う。

ライティング案件に絞るならサグーワークスなどいろいろある。

結論から言うと、クラウドソーシングでの執筆案件探しはおすすめしない。

需要(=仕事)に対して共有過多(応募者殺到)が起こっているからだ。

コロナ在宅の影響もあるだろう。

とくに「記事執筆」のようなタスク系の仕事はハードルが低い。

まともな条件であれば、ヒマな学生からヒマな老人までが山盛り殺到する。

そんな中で新参者が受注を勝ち得るのは至難の技だ。

何十何百件としつこく応募(提案)するその根性は尊敬するが、それ自体が膨大なる時間のロスであると、気付くにはいい頃合いだろう。

ライター案件は営業でとる

ブログの執筆代行は営業でとるのが上策である。

結局それかよ?

まぁ最後まで聞いてほしい

あなたが営業が大嫌いなのは承知の上だ。

会話するのが嫌、人と関わるのが苦手だから(ライター志望なんだよ!)というのも、よく知っている。

お小遣い程度稼げればいいのであれば、その調子でクラウドソーシングで頑張れば良い。

まとまった金額を継続的に稼ぎたいのであれば、そのやり方では不可能だ。

どうする?

ランサーズでもっともっと頑張るか?

文字単価1円にも満たないゴミタスクに、半ばテンプレ化した提案を何十件も毎日送り続けるか?

いつかヒットする?

ヒットした仕事をこなせば、それが実績になる?

そんなことでは、いつまで経っても稼げない。

心の底ではわかっているはずだ。

ブログ執筆に限らないが、

安直な下請け仕事は、いくら必死にこなしたところで稼げはしない。

なにより、下請け仕事では先の発展が見えてこない。

となれば必然的に、己の力で直接仕事を引っ張ってくる。

それ以外に選択肢はないのである。

建築業界にあたってみよう

記事執筆の仕事を得やすいのは建築業界だと感じている。

建築会社のネット上での評価は、主にコンテンツ(=事例)の多さだ。

施工事例があればあるほど検索順位は優遇されやすい。

なにより、検索からのダイレクトな問い合わせが結構起こりやすく、よほど販売促進に無頓着な会社以外、記事は必要だと感じている。

人が家をリフォームする際には、まずは業者を調べるわけだが、調べるのは主にネットか広告だ。

検索上位にあるだけで、受注のチャンスが増える。

現に僕のクライアントも3社がリフォーム会社であるようなや、いかに業界的にSEO対策に前向きかがよくわかる。

執筆する側からしてもすこぶる書きやすい。

たとえばリフォームであれば、上げるコンテンツは基本的にビフォー・アフターなどの施工事例を交えた内容だ。

施工事例の執筆は、コツを掴めば誰でもそこそこ書ける。

そのそこそこの内容を継続的に上げ続けることで、検索順位は自ずと上がっていくわけだ。

メインは執筆なので、最低限の気配りや努力は必要だが、でたらめに努力する必要はない。

慣れればルーチンワークと化していく。

検索順位も上げやすい。

基本的に商圏を絞るので、ビッグキーワードを狙う必要がないからだ。

都市部では競合が多いので勝ち上がるのは難しいが、都市部から離れるほどライバルは減る。

田舎であればライバルは両手で数えられる程度。

どの業者も検索上では弱かったりするので、ゼロスタートでも検索上位は十分に狙える。

ここで、賢明な皆さんは思うはずだ。

そんなに楽勝なら、自社で書けばいいじゃないか

小規模なリフォーム会社の社員は、みな業務で忙しく、ブログどころではないのが実情だ。

HPなんて作りっぱなし。

WordPressを触れる社員がいない。

上位記事を狙える記事を書ける社員がいない。

なんてことはザラにある。


ということで、

営業だ

広告を撒くでもテレアポでも飛び込みでも、やり方は任せる。

「書く」のがあなたの商品であれば、次はそれを如何に売るかだ。

提案が受け入れられば受注に繋がる。

効果に喜んでもらえれば継続受注に繋がる。


クライアントと直にやり取りすれば、「書く」以外の仕事なども舞い込んでくるものだ。